• カラスウリの育て方・栽培

カラスウリの育て方・栽培

カラスウリの育て…

出典:育て方ラボ

どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光がよく入り込む窓の外へと植えることとなります。その部分には日当たりがたくさん当たります。

カラスウリの育てる環境について

テキスト引用
育て方としてはどのような環境を用意していくのが良いかですが、日当たりになるでしょう。実を育てるのではなく緑のカーテンとする場合、直射日光が入り込む窓の外に植えることになります。その部分には自然に日当たりがどんどんあたります

一戸建てやマンションでも、南向きの部屋や、リビングなど明るく日差しが入りやすい窓の外側がよいでしょう。熱さにはとても強い植物でありますので、強い日差しや直射に甲にずっと当たってしまうからといって、枯れてしまうことへの心配はありません。

あと、さらに必要な環境へ用意するべきものは何らかの這わせることができるものとなります。緑のカーテンをつくるためでしたら、ネットのようなものと棒を用意し、窓の外に設置をするとよいでしょう。ホームセンターなどでネットは一般に販売されておりますので、それをうまく活用することによって窓を覆うカーテンのように葉っぱで日陰を作るように這わした形で育てることができます。

実をつけることが目的でしたら、その場合にもネットはひつようとなります。もしくは、自宅の垣根や壁に這わせることも一つの方法です。南向きの壁にカラスウリを這わせておけば、その分の面積の熱を少しだけでも遮ることができ、涼しく過ごせることができます。ただ、育てるには多少の温かさが必要ですので、北の地域にお住まいの方は、気温がどのくらいになるかはしらべておくことが賢明です。

カラスウリの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
栽培においてはどのような方法があるかですが、種から行うこともできますし、苗から行うこともできます。ホームセンターであればいろいろなものが揃っているので始めやすいですからまとめてこちらで購入してもよいでしょう。

種付けや水やり、どのような方法の栽培があるかですが、種からそだてること、苗を購入してからの育て方があります。種からであれば、芽を出すまでの苦労と手間がかかりますが、ホームセンターで色々なものをそろえつつ、栽培を始めやすくなっていますので、そちらでの購入を検討してもよいでしょう。種はすべてがきちんと芽を出すわけではないので、ある程度余裕を持たせた種まきをすることが必要です。その点、苗であれば植えたい範囲に植えたいだけの量を計算して購入することができますので、その視点から苗のほうが都合のいい場合があります。

カラスウリの苗は5月から6月にかけて準備をする人が多く、店頭へと並ぶ機会が増えますので、この時期に検討してみましょう。つる科の植物ですので、水は多めにやる必要があります。日差しには強いですが、水分が足りなければ枯れることがあるため、よく注意してやることが大事です。

マンションなどで栽培する場合には、プランターを用いることが多く予想されますので、特にしっかりとこまめに水を与えてやるようにします。地植えにする場合は、プランターに比べると水やりの手間は軽減されることがありますが、もし葉っぱが小さくなっていたり、色の様子がおかしくなっているようなことがあると、水不足が考えられます。その時にはしっかりと水を与えてやります。適している肥料は、開花や生育期間にはリンの成分が含まれた、液体タイプがおすすめです。

カラスウリの増やし方や害虫について

テキスト引用
この植物は雄と雌が別々になっています。種から育てる、苗で育てるときに増やすことが目的なら予め雄と雌を両方購入しておく必要があります。実をたくさんつけたいなら雌をたくさん買うでしょうが、実をつけても特に用途

カラスウリは、雄と雌に分かれている植物です。種や苗から新たに育て、増やすことが目的である場合には、雄と雌の両方を購入などし、用意しておかねばなりません。しかし、実は美味しいとは言えないために食用にするわけではなく、用途は特にありませんので、実を多くとるために、雌ばかりを買うことはありません。緑のカーテンを育てるつもりであれば雌の苗は一つだけにし、あとは雄を植えておけば、雌の苗に実が付き、翌年の分の種がそこからとることができます。

枯れてしまうことや、生えてくれないといったこともありますが、この植物は多年生のため、そのままでも翌年に持ち越せる期待もできます。種を取りたいときの実は、そのまま置いておくことで、からからに乾いてきます。一つの実の中には種が10個ほど入っているので、これをきれいに洗い、陰干しをして、来年への備えとしましょう。この種は不思議な形をしているため、落ちていても目立ちます。

そんな時も拾って保存しておくといいでしょう。次の年にまた活躍を期待してたのしむことができます。気になってしまう害虫のことですが、カラスウリにはあまり虫が付かないとされています。せっかくの緑のカーテンが、害虫に食い荒らされてしまってはがっかりしますから、その点でもこの植物はカーテンにお勧めできるとも言えます。害虫対策へそれほど神経質に気を張らなくても済むので、のびのびとした気分で栽培をすることができます。

カラスウリの歴史

テキスト引用
夏になってくると日差しが強くなってきます。日差しが強くなって窓から直射日光が入ってくるとそれによって部屋の中の温度が上昇していきます。涼しく快適に過ごそうとするならクーラーをつければいいでしょう。しかしクーラー

卵のようなころんとした形に、朱色が美しく映えるカラスウリ。近年、照り付けるように強く照らす夏季の日差しから、部屋の温度の上昇を避ける手段として、生活へ取り入れられることが多くなった緑のカーテンが人気です。窓の外側に這わせるように、葉や弦を生い茂らせる植物を育てることで、直接日差しが入り込み、気温が上昇していくことを和らげてくれる働きがあります。

これは部屋を冷やすためにエアコンを強く設定し、そのために貴重なエネルギー資源を使ってしまう、電気代ばかりがかさんでしまう、といった悩みを軽減することができ、できる限り財布にも自然にもエコでやさしい活動ができるという物です。その中でも、緑のカーテンに適している特徴を備えている植物の一つとして、カラスウリが挙げられます。この植物は、原産地、生息地が日本であることから家庭でも比較的栽培が優しいこととして注目をあびるようになっています。

カラスウリは唐朱瓜とも読むという説があり、遠く昔の中国から渡ってきたのかは定かではないですが、日本においては古くから利尿作用、黄疸に効くともされて薬用にも用いられ、野山に根付いて自生している様子が見られます。食用にすることはないようですが、日本人にとって、歌にも詠まれる身近な植物とされています。漢字は「烏瓜」と表記しますがどうやら鳥のカラスとは関係がなく、鮮やかな朱色が由来であるが、誰かが当て字を振った説が多く支持されています。

カラスウリの特徴

テキスト引用
被子植物に該当して、双子葉植物綱になります。スミレ目、ウリ科となっています。つる性の植物で、木などにどんどん巻き付いて成長していくのが特徴にもなります。多年草ですから、1度植えると何度も育ってくれます。毎年種まきをする

カラスウリは被子植物にあたり、双子葉植物綱になります。目はスミレ、ウリ科であり、つる性の植物であるため、木や、支え棒に巻き付きどんどんと成長していくのが特徴です。多年草であるため、一度栽培を始めると翌年も、何度でも育ってくれます。

美しい朱色の果実がなり、花が開きます。毎年種まきをする必要がないのは手間を考えるとメリットといえるでしょう。カラスウリの花には、ある変わった特徴があります。なんとこの花には夜に花を開く性質があります。多くの花は昼間、太陽が出ている間に咲き、夜になって日が沈むと花弁を閉じるというパターンが見られますが、この花はそれとは真逆のパターンで割くことになります。

そこで、この花の撮影をしようと試みると、暗いところで撮影に臨むことになりますので、あまりきれいに撮影できないという点もあります。カラスウリは4月から6月にかけて開墾から発芽をし、7月から9月にかけての夏に花を咲かせます。実が付く秋口まではつるや葉っぱはどんどんと成長し、のびてゆきます。ここで、緑のカーテンを目的として栽培する場合ですが、できればどちらかの性別だけを植えたほうがよいかもしれません。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

雄のみ、雌のみの栽培であれば、実がならないためです。この実は食用になるわけではありませんし、鑑賞を求めていないのであれば、意味なく実を増やした場合の株への負担が抑えられることもあるためです。目的別により、栽培計画を練ることが必要です。

カラスウリの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「カラスウリ」に一致する植物図鑑

「カラスウリ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ヒポエステスの育…
ヒポエステスの育て方・栽培
ヒポエステスは、どちらかというと寒さに弱いですが真夏の暑さに耐えるため育てやすく、比較的栽培しやすい品種と言えます。育てる環境や育て方をしっかり理解していれば、…

育て方ラボ 公式ページさん

1,835view
グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

2,885view
ヒアシンソイデス…
ヒアシンソイデスの育て方・栽培
ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くあります…

育て方ラボ 公式ページさん

726view
エンレイソウの育…
エンレイソウの育て方・栽培
エンレイソウを栽培するときの環境として日当たりが良いとされています。春に芽が出てきてその後に花が咲きます。この時には日当たりを選んでおくようにします。花が咲いた…

育て方ラボ 公式ページさん

990view
タチツボスミレの…
タチツボスミレの育て方・栽培
タチツボスミレの育てる環境は夏のこし方が大きなポイントとなってきます。すみれという植物は寒さには大変強い代わりに、暑さに弱いという高山性の性質を持っているため、…

育て方ラボ 公式ページさん

1,240view
タマシャジンの育…
タマシャジンの育て方・栽培
タマシャジンの育て方は簡単な部類に入ります。その育成環境についてですが、高山植物には珍しく、暑さに比較的強いという特徴を持っています。そのため、1年を通して日当…

育て方ラボ 公式ページさん

1,391view
フッキソウの育て…
フッキソウの育て方・栽培
フッキソウは幅広い範囲で生息している植物です。北海道から九州まで日本全国いろんなところに分布しています。実際に育てているものもありますが、山の中や林の中などに勝…

育て方ラボ 公式ページさん

1,292view
よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

5,042view