• エンレイソウの育て方・栽培

エンレイソウの育て方・栽培

エンレイソウの育…

出典:育て方ラボ

エンレイソウを栽培するときの環境として日当たりが良いとされています。春に芽が出てきてその後に花が咲きます。この時には日当たりを選んでおくようにします。花が咲いた後は日当たりに当てる必要はありません。できるだけ直射日光を避けるようにします。

エンレイソウの育てる環境について

テキスト引用
もともとが涼しい地方を好む野草ですので、冬の寒さには強く、夏の暑さには若干弱めです。鉢植えで育てる場合は、秋から春までの気候が穏やかな季節には日なたで育て、春の終わりがけからは日陰の方に移します。夏になったらその

夏場はあまり暑いところは好まないので涼しい場所を探しておいてあげると良いでしょう。風通しを良くしようと風の強めのところに置くことがありますがあまり強い風が当たると葉や茎にストレスがかかります。それだけでも傷みやすくなることがあります。耐寒性があるので寒さには強くなっていますが凍らせたり霜には注意しないといけません。凍らせると根が傷むことがあります。

冬になると休眠をします。雨の当たらない軒下などで管理をするのが良いといえます。庭に直接植えるときにも基本的には同じような置き場になります。しかし庭に植えてしまうと移動などをあまり行うことができません。暑くならないように地面より少し盛り上がったところに植えたり、同じような環境を好む植物を置くようにします。

植物が日陰になることによって移動させなくても涼しい環境を作ることができる場合があります。冬の管理の方法としてマルチでの防寒を行います。ヤシガラチップを置くなどすれば保護が行いやすくなります。雪が降る地方の場合は雪がマルチの役割をしてくれることがあるので特に何もしなくても育てられる場合があります。雪が中途半端に降るところでは調節が必要です。

エンレイソウの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
タネまきは6月ごろに行います。タネを採る場合には、初夏のころ、果実が熟して柔らかくなったのを確認したらすぐにタネを採り、清潔な苗床に撒きます。乾燥させて保存したタネは、発芽率が大変悪くなります。また種蒔きから育

エンレイソウの育て方では種付けの用土設定をします。水はけを重視し、有機質の入った土を使うのが良いとされています。鹿沼土4割、赤玉土2割、腐葉土2割を配合する例が良く使われています。植木鉢で育てるときには深い植木鉢を用意します。硬質鹿沼土、軽石、赤玉土を等量混ぜ、それにヤシガラチップを3割程度入れます。鹿沼土は日向土でもいいですし、赤玉土は桐生砂でも同じように育てることができます。植木鉢によっては乾きやすいタイプがあります。

この時には軽石の量を調節するとよい場合があります。すると水持ちを良くすることができます。水やりは、植木鉢での管理では表土が乾いたときに十分与えるようにします。葉っぱをきれいに保ちたいなら乾燥させるのはご法度になります。砂床に埋めたり二重鉢にして水が常に吸い上げられる状態にしておきます。水を与える間隔が延びても水きれを防ぐことができます。

さらには鉢の底穴から給水紐を垂らして下の皿の水を吸い取らせる方法もあります。冬には休眠をしますがその期間も適度に水を与えます。地面に鉢ごと植えておけば地植えと同じようにいつでも水分を得ることができます。庭に植えているときはあまり水に神経質になる必要はありません。よほど雨が降らない場合に与える程度で問題ありません。地面の土は乾いているようでもそれなりに水を含んでいます。表面が乾いているからと与えすぎると水が多くなりすぎるので注意をします。

エンレイソウの増やし方や害虫について

テキスト引用
増やす方法は種まきが一番育て方が容易とされていますが、株分けも可能です。しかし大株であったり根茎が長く伸び、芽も多く出てくるような種類しか適していません。しかも根茎が自然な形で離れ無理なく外れる様な部分、なおかつ

エンレイソウの増やし方として種まきを行います。桃栗3年柿8年と言われます。柿と同じくらいの年月を咲かせるまで待たないといけない場合があります。それでも効率よく増やす方法として取られます。夏に果実がなりその後熟してきます。この実は食用として食べることができるので食べた時に回収をします。きれいに洗って苗床にとりまきをしておきます。タネを取るときには乾燥させて翌年にまく方法を取ることがあります。それは乾燥に強いタイプです。

この花は種を乾燥させてはいけないタイプです。ですから苗床に植えるようにします。用土は親株と同じ土で構いません。苗床は乾かさないように管理をしておきます。芽が出てくるのは翌春、または翌々春のこともあり少し気長に待つ必要があります。芽が出てもすぐには花が咲きません。早くて7年、10年近く咲くのに時間がかかることもあるので慌てずに待ちます。

雑草と間違えないようにしなければいけません。株分けをすることで増やせますが日本の種類はあまり株が大きくなりません。そのために簡単に株分けを行えません。小さい状態で行うと弱ってしまいます。そのために種まきの方が効率的とされています。難しい花と言えるかもしれません。害虫対策ではアブラムシが春に付くことがあります。新芽や茎につくので見つけたら手で取ったりブラシでこすり落とすようにします。新芽について食い荒らされるとせっかくの花が楽しめなくなってしまいます。

エンレイソウの歴史

テキスト引用
エンレイソウは、ユリ科のエンレイソウ属に属する多年草です。タチアオイとも呼ばれています。またエンレイソウと呼ぶ時には、エンレイソウ属 の植物全般を指すこともあります。日本においては北海道から本州、四国、九州と広

漢方薬は主に中国で発達した薬になります。古くに日本に渡ってきてからは日本で独自に漢方薬が発達してきました。現在日本で言われている漢方薬は日本で発達したものも多いとされています。植物にはそれぞれ病気を治したりけがを治す成分が含まれていることがあります。しかし人にとっては毒になるものもあるので注意しなければいけません。良く知られている植物であればその情報も引き継がれているのでそれをもとに利用することもあります。

エンレイソウは原産地、生息地は東アジア、北米とされています。日本でも古くから自生していたとされ、広い地域で見ることができる植物です。この植物は中国では薬草として用いられていました。胃腸薬として使われていて今でも一定の効果があるといわれています。その他高血圧、腹痛、食あたりにも聞くことから万能の植物として用いられたようです。使い方としては根茎を乾燥させて1グラム程度煎じて飲むと良いようです。中国だけでなく日本でも古い書物に載せられていることがあります。

よく似た読み方として延命草と呼ばれていたこともあるようです。その他養老草として知られていたとされます。薬として使える反面毒の部分もあるとされるので素人が安易に使うのは良くないかもしれません。毒も根の部分にあるので、利用の時には注意が必要です。薬以外では実を食用として使うことがあるようです。黒く熟すので見た目はあまり良くないですが美味しく食べられます。

エンレイソウの特徴

テキスト引用
エンレイソウの仲間は特徴的な葉柄を持たずに茎から直接生える丸みを帯びたひし形3枚の葉と、その葉が輪生する中から咲く花弁を持たない3枚のガクの花を持っています。その特徴によって非常に覚えやすい植物になっています。3

エンレイソウの特徴では園芸分類上では山野草、草花の部類になります。多年草で、草の高さはせいぜい30センチ程度になります。日本でも広く生息していて、耐寒性が強いので寒い地域でも育てることができそうです。耐暑性に少し問題が出ることがあるので、暑いところでは管理に気をつけないといけないでしょう。

冬には枯れる落葉性になります。生物学上の分類では被子植物、単子葉植物、ユリ亜綱、ユリ目、ユリ科、エンレイソウ属になります。別名としてタチアオイと呼ばれることがあります。根茎は短いですがしっかりとしています。一本しっかりと伸びてその先端に3枚の葉を輪生してつけます。葉っぱ自体には葉柄を持っていません。茎から直接生えるようについています。形は少し丸みを帯びたひし形で楕円形のようなラグビーボールのようにも見えることがあります。

葉の直径は高さに劣らくかなり大きくて20センチぐらいになることもあります。花が咲くのは4月から6月です。葉っぱがついている部分の中心から花の柄が伸びます。花自体は非常に小さいです。花弁のように見えますが実際は花びらではありません。3枚のがく片を持っています。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

上向きではなく横向きに咲きます。色は緑色であったり濃い紫です。茎の色に近い色になっているかもしれません。仲間の花の中には花びらを持つものも多くあります。雑種になると花びらを持つようになるようです。育てるときには自生しているものからは育てにくいとされます。

エンレイソウの育て方・栽培に関連する無料素材

  • エンレイソウ

    エンレイソウ

    エンレイソウです。きゃらめるでございます。植物やガーデニング用品のイラストです。植物や、野菜、ガ…

    0

    98

    34.3

このまとめのキーワード

「エンレイソウ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

小町リンドウの育…
小町リンドウの育て方・栽培
小町リンドウが育つ環境ということでは、生息地がヨーロッパなので、四季がある日本では、春と秋が育ちやすい環境ということになります。環境としては越冬はできませんし、…

育て方ラボ 公式ページさん

1,874view
フッキソウの育て…
フッキソウの育て方・栽培
フッキソウは幅広い範囲で生息している植物です。北海道から九州まで日本全国いろんなところに分布しています。実際に育てているものもありますが、山の中や林の中などに勝…

育て方ラボ 公式ページさん

1,178view
キンバイソウの育…
キンバイソウの育て方・栽培
キンバイソウを栽培するときの環境は生息地を見ると良いところをうかがうことができます。平地よりも少し高いところに生えます。山の中でも生えますが草原などにも生えます…

育て方ラボ 公式ページさん

1,285view
ルナリアの育て方…
ルナリアの育て方・栽培
ルナリアは日当たりの良い場所でも半日陰の場所でも育てることが出来ます。寒さには強いですが反面暑さには弱いので、マイナス25度を越えると成長しなくなります。発育環…

育て方ラボ 公式ページさん

1,387view
ハクサンボクの育…
ハクサンボクの育て方・栽培
ハクサンボクを栽培するときの環境ですが、生息地などを見るとなんとなく見えてくるかもしれません。日本では神奈川県より西がメインとされています。中部地方、近畿をはじ…

育て方ラボ 公式ページさん

1,295view
タマシャジンの育…
タマシャジンの育て方・栽培
タマシャジンの育て方は簡単な部類に入ります。その育成環境についてですが、高山植物には珍しく、暑さに比較的強いという特徴を持っています。そのため、1年を通して日当…

育て方ラボ 公式ページさん

1,296view
アオキの育て方・…
アオキの育て方・栽培
アオキを育てるときの環境としては、日本ではあまり土地を選ばないといえるかもしれません。寒さに強いことから北海道でも育てることができます。日光が必ずしも必要なわけ…

育て方ラボ 公式ページさん

837view
トックリランの育…
トックリランの育て方・栽培
多肉植物は生息地の環境に対応するため、すなわち貴重な水を体内に確保するために進化したので、熱帯のなかでも乾燥地帯に特に多く生息しています。トックリランは多肉植物…

育て方ラボ 公式ページさん

1,947view