• ウェストリンギアの育て方・栽培

ウェストリンギアの育て方・栽培

ウェストリンギア…

出典:育て方ラボ

ウェストリンギアを栽培する上での環境として湿気を与えないことが挙げられます。暑いところが原産の植物なので日本の暑さでもそれほど問題なく成長してくれます。ただオーストラリアの乾燥した地域で育つ花です。あまり過湿状態を好みません。

ウェストリンギアの育てる環境について

テキスト引用
ウェストリンギアの原産地同様に、育て方としては環境も重要であり、日当たりや生育温度などでも異なる花付きを行います。花を楽しむ目的であれば、日当たりのよい場所で育てるのが適しており、充分に日に当てることによって

日本の梅雨などは少し嫌な季節と感じているかもしれません。一方であまり乾燥しすぎるのも良くありません。この辺りは水分などをうまく調節すると良いでしょう。日当たりはとことん当たるところに置くといいでしょう。日当たりがないと花付きが悪くなることがあります。この花はたくさん花をつけることでボリュームを感じることができます。

あまり花がないと寂しくなりますから十分日差しに当ててあげるようにします。1日あたり6時間ぐらいは日光に当るのが良いとされます。朝から昼、さらに夕方ぐらいまでしっかり当たるところで栽培をします。東向きだと朝にはしっかり日差しが得られますが午後から得られる量が少なくなります。西だと朝がなくて夕方に乾燥を促すことがあります。ベストなところとしては南向きと言えるかもしれません。

気温はあまり寒くならないところで育てる必要があります。寒くなることがわかるところであれば植木鉢で育てることも考えます。それなら冬は自宅の中などに入れて寒さ対策ができます。雨の当たりすぎなども調節できるので育てやすくなります。ただし植木鉢だと庭植えよりもこぢんまりとした株になってしまいます。

ウェストリンギアの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
ウェストリンギアは園芸店において種が売られており、種付け時期としては4月から5月の春時期をはじめ、9月の秋にも種付けが可能ですが、市販されている苗から植え付けるのが一般的で、同じく春または秋に行いますが、種からの

ウェストリンギアの育て方として種付けをするときの土です。この花はハーブとしての利用はしません。オーストラリアンローズマリーとついているだけです。でも用土としてはハーブ用の土を利用することができます。その他自宅に土があるなら配合して用意することもできます。赤玉土が5割、腐葉土が3割、パーライトが2割ぐらいにしておきます。湿気を嫌う植物なので水はけがよいように配合します。パーライトの割合を調節しながらちょうどよい配合を選ぶといいでしょう。

植え替えをするのは2年に1回ほどです。植木鉢で育てるときに根がそこから出てくることがあります。ここまで来ると根がいっぱいになってしまって育ちにくくなります。少し大きめの植木鉢に移し替えます。適期としては5月くらいが良いとされています。水やりは年間を通して乾燥気味の管理が良いとされています。水をやりすぎて根腐れをすることがあるので注意をします。植木鉢なら土が乾いたときに与えます。

庭の場合はよほどのことがない限りは不要でしょう。冬は生育が鈍くなります。その時にはもっと水の量を減らします。土が乾いて数日たってから与える程度にします。植木鉢の適切な重さを知っておくと管理がしやすくなります。重たいときは水分が十分あることを意味します。肥料は与えすぎに注意します。春と秋に緩効性の肥料を少し与えるだけで十分です。与えて花がたくさんつく、成長が良くなるわけではありません。

ウェストリンギアの増やし方や害虫について

テキスト引用
ウェストリンギアは挿し木で増やすのが一般的で、増やす時期としては4月から5月の春をはじめ、9月の秋に植え付けを行いますが、挿し木の適期は1ヶ月先伸ばしとなる6月また10月頃です。新芽の先端3節から4節となる長さ約

ウェストリンギアの増やし方としては挿し木を行います。植え付けを行う時期として適当なのが4月から5月くらい、9月があります。そして挿し木を行うのはその1箇月後ぐらいです。春だと6月くらい、秋なら10月くらいになります。春と秋の2回できるのでその時の状況を見ながら行います。新芽の先端を3節ぐらい、長さ10センチほどの挿し穂を使います。この時には使う道具も必要です。手で無理やり折ってはいけません。この時は切れ味の良いナイフ、はさみなどを使います。カットの仕方は斜めに行います。

なぜこうするかですが、これによって水の吸い上げが良くなるためです。株自体は水をそれほど好みませんが、成長させるときには適度に必要になってきます。挿し木をするときに下の方に葉がつくことがあります。あまり枚数を多くしてはいけません。枚数が多いとせっかく吸い上げた水分を蒸発させてしまいます。さらに蒸れやすくなって葉から腐ってしまうことがあります。

芽が出る前に腐ることがあるので注意をします。害虫対策はあまりする必要がありません。シソ科と言えば一定の香りがあります。この香りは虫を寄せ付けにくいとされています。すべての虫に効果があるわけではないですが、他の花などで良くつく虫もあまり来ません。虫がつくような場合は木酢液などを使うことで対処できる場合があります。病気として心配なのが根腐れ病です。よく起こるわけではないですが注意しながら育てます。

ウェストリンギアの歴史

テキスト引用
シソ科・ウエストリンギア属に分類され、別名にオーストラリアンローズマリーの名前を持つ低木がウェストリンギアです。別名にある通りに原産地はオーストラリアであり、学名はWestringiafruticosaです。シソ科に分類されているものの

ある地域で咲いている花、原産になっている場合にはその国の名前が付けられることがあります。日本の花であればジャポニカとつけられることがあります。世界に広く見られる花でも日本で最初に見つけられたり日本人が発表などをすると日本の花のようにして知られるようになることがあります。ウェストリンギアと呼ばれる花があります。こちらの花は原産、生息地がオーストラリアです。別名も良く知られていてオーストラリアンローズマリーと呼ばれることがあります。

オーストラリアに咲くローズマリーに似ている花としてこの名前が付けられました。ただローズマリーとは種類などが違い香りは別の香りになります。非常に美しい花なので歴史の中では品種改良なども行われています。ロスマリフォルミスはその中でも非常に人気があるとされています。一般的なローズマリーはハーブとして知られています。こちらもシソ科なのでそれなりに香りはしますがハーブとしての使われ方はしていません。

日本に流通し始めるのも決して古くからではありません。比較的新しい時期からになっています。食用や薬などの利用はなく観賞用として伝わってきて利用されています。きれいな姿をより表現できるドライフラワーとして使われることがあるようです。カラーリーフとしての使われ方もします。花が美しいとして知られていますが葉っぱも美しいので楽しみ方は様々になります。世界で利用されている花と言えるでしょう。

ウェストリンギアの特徴

テキスト引用
オーストラリアが原産である常緑低木のウェストリンギアは、上記で挙げた通りに細長い葉や花の形状が同じシソ科であるハーブのローズマリーに似ていることが特徴的な植物で、姿形が似ているだけで芳香は無い香りの違いも1つの

ウェストリンギアの特徴はシソ科になります。ウェストリンギア属になります。分類としては常緑の低木です。オーストラリアの中でも暖かい地域が原産になるので耐暑性はあります。耐寒性はやや弱くなります。日本で育てようとするなら最低温度が0度ぐらいでないといけません。太平洋沿岸など暖地と呼ばれるところであれば育てることができるでしょう。

花が咲く時期は株によって、種類によって少しずつ異なります。4月から11月ぐらいと言われています。木の高さは1メートルぐらいから1.5メートルぐらいなのでそれほど高くありません。自然に咲いているものは大きく育っているケースもあります。株自体は非常に大きく育ちますが、花そのものはこじんまりとしています。花の大きさは直径約1センチぐらいです。

でも一つの株からたくさんの花を咲かせます。花の色は白っぽい色がメインですが、薄い紫、薄いピンクも見ることができます。少し離れたところから見ると白と紫、ピンクの区別がつく頃もありますが、近くで見るとどれも白に見えることもあります。花弁は5枚付きます。一つの危機から3個程度を輪生して咲かせてくれます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

花弁はきれいに外に伸びるのではなく唇のような形をしています。葉っぱも特徴的なので人気です。細い針状に生えていて向かい合ってどんどん生えていきます。細いですが厚みがあります。しっかりした手触りを感じることができる葉っぱになります。密毛の特徴もあります。

ウェストリンギアの育て方・栽培に関連する無料素材

「ウェストリンギア」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

フウセントウワタ…
フウセントウワタの育て方・栽培
フウセントウワタを栽培するときの環境として準備をするならどのようなところが好ましいかです。日当たりの良いところを用意します。そして水はけのよい土壌が良いとされて…

育て方ラボ 公式ページさん

1,442view
ショウジョウバカ…
ショウジョウバカマの育て方・栽培
ショウジョウバカマを栽培する場合の環境として日当たりはあまりよくありません。1年をとして薄日の差し込むような明かる日陰で育てるようにします。自生しているのは山の…

育て方ラボ 公式ページさん

833view
コバイモの育て方…
コバイモの育て方・栽培
コバイモの自生している土地は例外なく湿気の多い場所で樹木に覆われているところが多いため少々陰気な場所です。全体的になだらかな傾斜地であることが多いです。コバイモ…

育て方ラボ 公式ページさん

735view
オンファロデスの…
オンファロデスの育て方・栽培
オンファロデスを栽培するときの環境は種類によって大きく異なります。それぞれの種類を知っておかないと間違った環境で育ててしまうことになるので注意します。寒さには強…

育て方ラボ 公式ページさん

1,190view
キャッサバの育て…
キャッサバの育て方・栽培
キャッサバは乾燥に強く、かなりの荒れ地でも栽培することができ、それに加えてとても栽培が簡単です。しかし、キャッサバは水はけのよい日なたを好んでおり、日光不足にな…

育て方ラボ 公式ページさん

1,920view
カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

3,429view
グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

2,046view
シキミアの育て方…
シキミアの育て方・栽培
シキミアを育てる環境ですが、あまり直射日光が強いと葉が日焼けしてしまうので、半日蔭のところで育てると良いようです。そして実をつけたい場合には、オスとメスがあるの…

育て方ラボ 公式ページさん

3,134view