• よもぎの育て方・栽培

よもぎの育て方・栽培

よもぎの育て方・…

出典:育て方ラボ

よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い場所ではぐんぐん育ち、自然の中でもどんどん育つ生命力の強さがあります。

ヨモギの育てる環境について

テキスト引用
この植物は暑さや寒さに大変強い植物になります。その為、育て方も比較的簡単です。野山に雑草として生えている場合もあるくらい生命力が大変強い植物になります。地植えやプランターなどどんなところでも栽培する事が可能です

特に育てる環境を選ばないので、どんな方でも気軽に育てる事が出来るでしょう。それ程手をかけること無く育ってくれるので、育てた事が無い方でも、比較的簡単に育てる事が出来るのではないでしょうか。そのまま庭先などに植えても大丈夫ですし、プランターなどに植えても育てる事が出来るでしょう。

ただ注意が必要なのが、庭先に植える際、他の植物がある場合、よもぎが大変生命力があるので、どんどん繁殖し、栄養を吸収してしまう恐れがあるので注意しましょう。その為、よもぎの生えている部分だけ、何かで囲っておくと良いのではないでしょうか。全国どこの地域でも育てる事が出来ますが、適温としては20℃前後の場所が良いとされています。

しかし、それ以外の地域でもその生命力の強さから、しっかり生息をしているよもぎもたくさん見られます。育てる場合は風通しの良い場所を好むので、その様な場所に植えると良いでしょう。とにかく日光が大好きなので、太陽の光を十分浴びせてあげましょう。そうする事で、元気に成長してくれるので、是非育ててみましょう。他の植物への影響が気になるのであれば、プランターで庭先で育てるのも良いでしょう。

ヨモギの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
ヨモギを育てる場合、山野や道端に生えている苗を取ってきてプランターなどに、移植する方法がもっとも簡単です。植えつけに適している時期は4月または9月頃です。何株も植える際は株間を20cmほどとって植えていきましょう

種付けは、収穫した種をまいて増やしていきます。その他にも株分けをする事で増やす事も可能です。株分けをする場合は、地下根を分けてばらばらにして植え付けをしていきます。種は購入しても良いですし、秋に出来た種を取っておき、翌年の春先にまいて育てるのも世でしょう。とにかく生命力に溢れている植物なので、特に育てるコツなどはありません。水やりもそれ程あげなくても育ってくれるので便利です。

ただ、最初に植え付けを行った際は、土が乾いたら水をあげるようにして、しっかり定着をすれば後は特に水をあげなくても育ってくれるでしょう。ただし、プランターで育てている場合は、土の表面が乾いてきたらしっかりと水やりをするようにしましょう。そうする事で、青々とした葉がぐんぐん成長していきます。肥料も特に必要ありませんが、植え付けをする数週間前に腐葉土など混ぜ込んで土を作っておくとさらに良いでしょう。

特に肥料をあげなくても育つ植物ですが、気になる様であればその都度肥料をあげても良いでしょう。とにかく育てやすいの一言につきる植物です。何もしなくても1人で成長してくれるので、大変手がかからず育てる事が出来る植物です。庭先に植えておけば、雨水だけで成長してくれるので、大変優れた植物ではないでしょうか。面倒くさがりの方や、植物を育てる事が苦手な方でも簡単に育てる事が出来るでしょう。出来た若い芽を餅と合わせて餅を作ってみましょう。

ヨモギの増やし方や害虫について

テキスト引用
実生または株分けで簡単に殖やすことができます。夏から秋に結実したら茎ごと刈り取ってしまい、袋をかぶせて日陰につるしておけば、自然に種子が落ちてきます。種を蒔く場合は3月または9月に行うと良いでしょう。庭などにばらまきして

増やし方は、秋に種を収穫して翌年にまいて増やしていくか、株分けをしてどんどん増やしていく方法になります。種もたくさん採る事が出来るので、増やしたい方は春先に蒔いて増やしていきましょう。また、鉢植えをしている人は1~2年に一度、植え替えをしてあげないと、鉢の中で根がいっぱいになってしまうので、是非植え替えをしてあげましょう。害虫としては、よもぎにアブラムシが大量発生する事があります。見つけたらしっかりととりましょう。

数が少ない内にとっておかないと、どんどん増えてしまうので注意が必要です。薬剤で殺す方法もありますが、収穫期が近づいている場合は薬剤を使用するのは辞めるようにしましょう。定期的にチェックをする事で、大量発生を防ぐ事が出来るでしょう。よもぎは、昔から人々に便利に利用されてきた植物です。これまで長く利用されてきた歴史ある植物ですが、日本ではあらゆる場所で見かける事が出来る馴染みある植物です。

食べてよし、香りを利用してよし、あらゆる効果を持ち合わせている植物ではないでしょうか。昔から重宝されている植物です。近年では薬用としても色々な場面で利用されています。生薬としても利用されており、今ではよもぎを知らない人はいないくらい知れ渡っている植物です。草餅は大変おいしく、その香りがより一層食欲をそそります。是非自宅で栽培してみましょう。育て方も簡単なので初心者の方でも是非楽しみながら育てましょう。

ヨモギの歴史

テキスト引用
ヨモギは北アジア原産の植物です。日本では本州~九州まで幅広く生息地を広げている植物です。キク科の野草で日本へは江戸時代に入ってきました。ヨモギは草もちやお灸の材料として昔から人々に利用されてきました。また、古

よもぎを見た事がある人も多いのではないでしょうか。原産国は日本や朝鮮半島になります。日本では本州から九州にかけて生息しており、比較的広い範囲で見られる植物になっています。よもぎはキク科の植物になっています。お灸の材料としても有名です。お灸は約3000年の古代中国から始まっており、その後西暦600年ほど前に日本にも伝わってきました。薬草として利用されたり、また、よもぎ餅の様に、食用としても利用されています。

また、昔は魔よけとしても使用されており、様々な場面で昔から活躍している植物になっています。また、このよもぎは学名はArtemisiaprincepsとなっています。これはギリシャ神話の中で女性と、その健康の守護神と呼ばれた女神であるアルテミスからとってつけられたものになっています。また、大変生命力が強い為、あらゆる場所に生息地を拡大している植物です。

現在、日本では約350種類のよもぎが生息をしており、世界中のあらゆる場所まで生息地を伸ばしている、生命力に溢れた植物です。また、よもぎの独特の香りは、癒しの効果も持っている為、このよもぎの香りを活かした商品も色々販売されています。ひまわりやレタスなどと同じキク科の植物ですが、このよもぎは様々な活用法があるので、大変有効活用する事が出来る植物です。薬用、食用、様々な場面で活躍してくれるので、今後もますますその需要が高まるでしょう。

ヨモギの特徴

テキスト引用
ヨモギは春に芽を出して50cm~1m程の高さまで成長します。夏から秋にかけて黄色い花粉を付けた小さな花を咲かせます。ヨモギと一般に呼ばれているのは、ヨモギ属のアルテミシア・プリンケプスです。この花は花粉が風で運ばれて

このよもぎは、日本ではあちらこちらで見かける事が出来ます。道路の脇道などでも見かける事が出来るくらい、生命力が強い植物になっています。山などでも見られますが、道路脇など、あらゆるところに生息する事が出来る、生命力の強い植物です。1m前後くらいまで成長し、黄色い花を咲かせます。

秋になると枯れてしまいますが、地下茎に別の葉を作って越冬します。若い芽を摘んでよもぎもちとしたり、お灸のもぐさとして大活躍している植物になっています。また、万能薬としても重宝されている植物です。ヨーロッパではハーブとしてその香りが利用されており、人々に馴染みの深い植物です。食用にする場合は若い芽が良く、一番おいしい時期は3月から5月にかけての春の時期になっています。

道端を歩いていると、ふと目にする事が出来る植物なので、あまり気にして見た事が無い人も多いかもしれませんが、葉の裏には綿毛が密集しており、灰色っぽく見えます。実は大変栄養価が高く、優れた植物になっています。食物繊維も豊富に含まれているので、特に便秘がちな女性には嬉しい植物ではないでしょうか。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

また、カルシウムや鉄、ビタミンなども豊富に含まれているので美容効果も期待出来る植物です。乾燥させて粉末にすれば、色々な料理に便利に利用する事が出来るので大変お勧めです。独特の香りがとても良く、健康面でも大活躍してくれる植物です。是非そんなよもぎを利用してみましょう。

よもぎの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

1,510view
ネフロレピスの育…
ネフロレピスの育て方・栽培
ネフロレピスを栽培するときの環境は日当たりよりも日陰が良いとされています。日当たりが苦手なわけではありませんが、直射日光などはあまり得意としませんそのために日陰…

育て方ラボ 公式ページさん

1,322view
オンファロデスの…
オンファロデスの育て方・栽培
オンファロデスを栽培するときの環境は種類によって大きく異なります。それぞれの種類を知っておかないと間違った環境で育ててしまうことになるので注意します。寒さには強…

育て方ラボ 公式ページさん

1,539view
カロケファルスの…
カロケファルスの育て方・栽培
カロケファルスは、オーストラリアが原産となっているため、寒さに弱い性質があります。生育には、マイナス3度以上を必要とします。暑さも同様に嫌う傾向にあるので、日な…

育て方ラボ 公式ページさん

4,122view
ヒアシンソイデス…
ヒアシンソイデスの育て方・栽培
ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くあります…

育て方ラボ 公式ページさん

680view
セイヨウニンジン…
セイヨウニンジンボクの育て方・栽培
セイヨウニンジンボクの育て方について、初めに土は排水性に秀でていて、乾きにくい土にしておくのがベターです。また日当たりが良好なところを好む植物なので、その場所で…

育て方ラボ 公式ページさん

2,804view
タマシャジンの育…
タマシャジンの育て方・栽培
タマシャジンの育て方は簡単な部類に入ります。その育成環境についてですが、高山植物には珍しく、暑さに比較的強いという特徴を持っています。そのため、1年を通して日当…

育て方ラボ 公式ページさん

1,296view
アマドコロの育て…
アマドコロの育て方・栽培
アマドコロを栽培する環境として適しているのは半日陰になっているところです。直射日光があまり当たるところは好みません。日本でもそれほど暑いところではなく、山の中な…

育て方ラボ 公式ページさん

1,298view