• 小町リンドウの育て方・栽培

小町リンドウの育て方・栽培

小町リンドウの育…

出典:育て方ラボ

小町リンドウが育つ環境ということでは、生息地がヨーロッパなので、四季がある日本では、春と秋が育ちやすい環境ということになります。環境としては越冬はできませんし、激しい夏の暑さにも耐えられません。湿気もですが、その代わりに太陽の光は十分にないと育たないという特徴もあるので、なかなか大変です。

コマチリンドウの仲間の育てる環境について

テキスト引用
コマチリンドウの育て方は、難しいことは、ほとんどありません。本来、生息地は、山野草ですから、山野において与えられる自然の恵みは、何かを考えると、気を付けなければならないことは、自然と解ります。しかし、原産地

そうなると気候の厳しい時には室内などで育て、気候が良い時期は屋外で、気分の良い気候を味わうことができるように環境を整えるという育て方、栽培方法になります。もともとヨーロッパの山野草ですから、気候激しい変化さえなければ、簡単に育てることができます。あまり世話を焼かなくても育てることができるわけです。

湿気や風通し、直射日光、寒暖の差などが問題点となります。それらの環境さえクリアできれば、あとは日本の山野草のように花を咲かせてくれます。山野草は、この植物ばかりではありませんが、本来生命力が強い植物ですので、初心者には育てやすい園芸の品種ということになります。

いちばん簡単なのは鉢植えで室内やベランダで育てることですが、地植えの場合には、ポイントとしては、場所を選ぶこと、夏の強い日差しや梅雨の湿気、風通しの悪さ、冬の寒さなどを避けることができること、日差しなども良いところを選ぶということなどに注意します。ですので、それができない場合には、やはり室内で育てる方が安心はできます。庭の環境次第ですが、一度庭の条件を考えてみる必要があります。

コマチリンドウの仲間の種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
大抵は、花を付けたころである、秋か春にポット苗が、いろんなところで売られているのが目について、購入したという人が多いですが、鉢植えでは、根詰まりをしないように隔年ぐらいに植え替えておくと、花のツキも良くなります

小町リンドウの育て方では、種付けなどよりもポット苗で購入して育てたほうが簡単です。注意点としては、は鉢植えの場合には根が多くなりますので、定期的に鉢を大きくして植え替える必要があります。根詰まりをしないようにですが、隔年で取り換えればちょうどよくなります。肥料としては2週間に1度ぐらい一般的な液肥を適量与えると元気に育ちます。重要なのは温度や日当たり水分などの管理です。湿気は好みませんが、乾燥もうまくありません。ですので、水やりが大切になります。小さな花ですので、根元に水を与えます。

鉢植えの場合には土が乾く前に水を与えます。地植えの場合には乾燥が激しくなる気候の場合のみ水を与えるだけで十分です。もともと野草ですので元気です。野草などの系統の植物は、肥料も水やりもほどほどが基本になります。小町リンドウもその点は同じです。また、種は小さいので、種付けの時にも注意が必要になります。また、日当たりが悪いと根元が黄色くなったりしてしまいます。

この花は基本的には管理が簡単ですが、日当たりや風通しなどで、ちょうどよい状態にしないと、黄色くなったりする変化もあります。その点は状況を見て、室内だけではなく野外に出すようにした方が良いかもしれません。基本的に管理がいらない野草ですので、上手く育たない場合には、何かが足りないということになります。そのあたりが、いちばん難しいかもしれません。しかし、それらをクリアできれば育てやすい植物です。

コマチリンドウの仲間の増やし方や害虫について

テキスト引用
山野草なので、病気や害虫に強いと言っても、アブラムシに新芽や茎の栄養を吸われることもありますし、根もとの栄養を吸い、花を咲かせなくしてしまうネコブセンチュウなどは、どんな草花にもつく害虫ですから、様子がおかしいと

小町リンドウは山野草ということで、病害虫に強いことは確かですが、それでも被害は少ないながらも、アブラムシなどの一般的な害虫などは注意が必要です。強いということでも、まったく被害がないということとは違いますので、園芸の常識的な病害虫対策はしておく必要があります。増やし方ということでは、地植えの場合には、自力で増えていきますので、さすがは野草ですが、鉢植えの場合は、そうもいかないので、初夏に株分けをして増やしていくのがいちばん簡単な方法です。

また、種付けで増やす場合には、花が咲いて2か月ほどで種が採取できますので、それを秋に種まきをします。簡単なのはやはりポット苗を購入して育てるという方法です。今は、インターネットでも簡単に購入ができますし、園芸店でも購入ができますので、ポット苗から増やしていくという方法が良いようです。種付けでは、種を採取してから数か月保存して、その後蒔きますが、それからまた数か月かけてやっと花が見られます。

ですので、価格も安いので、苗を購入して、色々な種類の花を楽しむ方が楽しみ方としても面白い方法になります。楽しみ方としては、小さな花ですので、まとめて鉢植えにして、室内でインテリアとして飾ることもできます。また、小さな一輪挿しもできます。色々な楽しみ方ができるのが、小町リンドウです。初心者が、試しに育ててみる植物としては、もとが強い植物ですし、いろいろ学べるので効果的かもしれません。

コマチリンドウの仲間の歴史

テキスト引用
コマチリンドウの仲間は、30種ほどあります。もとはヨーロッパ産で、山野草として、自然の中で、そのかわいらしい小さな花を咲かせていました。リンドウの仲間でもあるのですが、花や背丈などが、リンドウより小さく、本来の

園芸ということでガーデニングも趣味として人気があり、庭のないマンションでもベランダなどでガーデニングを楽しむようになってきています。とくに可憐な花は人気ですが、その中でコマチリンドウという可愛い花も園芸用として人気があります。この花はもともとは違う名前でした。本来はケンタウリウムという名前ですが、日本でいつの間にか小町リンドウという可愛らしい名前になってしまいました。コマチは小野小町の小町ですが、日本の美人のような花ということで、この花を愛でた人が名付けたのでしょう。

日本人はネーミングがとても巧みですが、この名前もとても良くできています。リンドウも可愛い花ですが、小町をつけるところも上手いという感じがします。もともとはリンドウの仲間で、山野草で原産や生息地がヨーロッパであり、それら地域に自生している植物です。この仲間は30種ぐらいあり、山野草ですから、もともとは強い植物ですが、ヨーロッパの気候で強いということで、日本の気候では、育てるのにもそれなりに注意も必要になります。

この仲間はどれも小型の花を咲かせます。そして初心者でも花を咲かせることができるので、その点は初心者の栽培に優しい植物ということになります。花が小さいので鉢植えなどに向いています。またマンションなどのベランダでも鉢植えでガーデニングも楽しめますので、その点も狭いところの栽培に向いています。しかし、何といっても小町というぐらいですから花が可憐で美しいのが魅力です。

コマチリンドウの仲間の特徴

テキスト引用
コマチリンドウは、非常に小型の山野草で、春先から少しずつ開花した花は、5月に、たくさんの花を満たしてくれます。背丈は、5cmほどで、あふれるほどの可憐な1cm満たないピンクの花が、次々と咲くと、非常に風情があります

ケンタウリウムという小町リンドウの特徴ですが、原産地や生息地がヨーロッパということですので、ヨーロッパの山野に向いている植物ということがわかります。ですので育て方も、ヨーロッパの気候などを参考にする必要があります。日本との違いを比較して注意して育てると仲間を増やしてくれますので楽しみも増えます。

日本とヨーロッパの気候の違いでは、日本の場合には、夏の湿気が非常に住みにくいと海外の人たちの共通の認識になっていますが、植物も同じです。ヨーロッパの野草の小町リンドウも日本の寒暖の差と夏の湿気には、非常にストレスを感じます。弱いということですが、その点をいちばん気をつける必要があります。春と秋に開花しますが、その理由が開花しやすい温度や日当たりということですので、暖房が効いている冬でも、室内で育てていると花が咲いたりします。

そうなると年に3回も楽しめるということになります。とてもお得な植物ですが、何か得をした感じもしてしまいます。小町リンドウは小型の植物です。ですので背丈は5センチぐらいです。また、花は1センチ以下ですので、とても可憐な感じがします。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

小さな花というのは、忙しいと見過ごしてしまいますが、ある時気がつくととても魅了されて、その場から離れられなくなります。こんなに小さくて、どうしてこんなにきれいな花が咲くのだという感じです。この花もそのひとつです。小さな花だからこそにじみ出る魅力というものがあります。

小町リンドウの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

キャッサバの育て…
キャッサバの育て方・栽培
キャッサバは乾燥に強く、かなりの荒れ地でも栽培することができ、それに加えてとても栽培が簡単です。しかし、キャッサバは水はけのよい日なたを好んでおり、日光不足にな…

育て方ラボ 公式ページさん

2,855view
レモングラスの育…
レモングラスの育て方・栽培
レモングラスは高温多湿な場所を好む性質があります。日本で育てる場合、一部の地域を覗いては、冬になったら室内に入れて育てる必要があります。日当たりの良い場所を好み…

育て方ラボ 公式ページさん

837view
シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

1,510view
トックリランの育…
トックリランの育て方・栽培
多肉植物は生息地の環境に対応するため、すなわち貴重な水を体内に確保するために進化したので、熱帯のなかでも乾燥地帯に特に多く生息しています。トックリランは多肉植物…

育て方ラボ 公式ページさん

1,947view
チングルマの育て…
チングルマの育て方・栽培
チングルマを栽培するときの環境では日陰が良いか、日当たりが良いかです。高山植物としての性質も持つことから判断が難しいところでしょう。この花は草原に群生するタイプ…

育て方ラボ 公式ページさん

1,239view
カロケファルスの…
カロケファルスの育て方・栽培
カロケファルスは、オーストラリアが原産となっているため、寒さに弱い性質があります。生育には、マイナス3度以上を必要とします。暑さも同様に嫌う傾向にあるので、日な…

育て方ラボ 公式ページさん

4,122view
ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

1,404view
サラサドウダンの…
サラサドウダンの育て方・栽培
サラサドウダンを育てるための環境としては、その生息地が、近畿地方以東から北海道西南部にかけての山地であり、山奥の涼しいところで自生していることから、基本的にはそ…

育て方ラボ 公式ページさん

3,362view