• ミッキーマウスの木の育て方・栽培

ミッキーマウスの木の育て方・栽培

ミッキーマウスの…

出典:育て方ラボ

この木はどのような育て方が適しているのでしょうか。もともとの生息地が南アフリカであるため、特徴として、日当りの良い場所での栽培が適しています。また、直射日光などの暑さにも強く、高温多湿の環境でも耐えることのできる丈夫な植物です。

オクナ(ミッキーマウスツリー)の育てる環境について

テキスト引用
オクナの生息地となる南アフリカの環境同様に、日当たりのよい場所を好むのがオクナの特徴ですが、多少の耐陰性も持ち合わせているために半日陰となる環境下でも十分に生育する丈夫さがあるため、国内では南国地帯で盛んに育

初心者でも、枯らしたりすることなく育てやすい植物です。また、多少耐陰性もあるので、反日陰でも成長します。国内では、南など温海地域で比較的育てられています。耐寒性は、もともとが熱い地域の植物のため、マイナスになると枯れてしまいますが、5°c程度までは耐えられます。一年を通じて育てる場合には、8度から13度の温度を保つことによって、冬であっても、葉や果実が成長していく助けになります。

もし、5度以下になってしまうと、葉が落ちてしまいます。もともと常緑性のある植物ですので、もう一度芽吹かせるためには、もう一度、室内の日当りの良い場所で管理する必要があります。場所は、室内でも、庭木としても育てることができます。室内では、乾燥しない程度の湿度を保ちつつ、明るい場所で育てます。日に十分当たるところに置いておくようにします。

庭木として育てる場合には、通気性がよく、水はけの良い環境が適しています。この環境を作るために、ヤシを細かく砕いたヤシチップを利用できます。ヤシチップは、不要な水を流しだす排水性と、必要な水を保持する保水性に優れています。地球にも優しい土壌改良材なので、ミッキーマウスの木を育てる際にこのチップを使うのが大変適しています。

オクナ(ミッキーマウスツリー)の種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
南アフリカの亜熱帯地域で育てられるミッキーマウスツリーは、乾燥に対応できるものの強いわけではないため、1年を通して土壌の水切れに注意が必要となります。水やりでは地植えの場合であっても、土の表面が乾いている場合にはたっぷりの

水やりに関しては、乾燥しないよう気を付ける必要があります。もともと厳しい条件でも生育できるため、少々の環境には耐えることができますが、土壌の水切れには注意が必要です。水やりの仕方は、地植えの場合でも、室内で育てる場合でも、土の表面が乾いて来たら、たっぷり水を与えます。ただ、あげすぎるのもよくありません。常に水をあげていると、根が常に水につかっている状態になり、そのうち根腐れを起こしてしまいます。

それで、表面が乾いて来たら、水やりをするようにします。肥料は、生育環境によっても違いますが、基本的に他の植物と同じように定期的にあげると、丈夫に育ちます。地植えの場合は必要ありません。室内で育てる場合には、春から秋にかけての成長期間に、固形の油かすをあたえます。また、液体肥料も毎月定期的に与えます。屋外で冬を越す場合には、この頻度は少なめでよく、隔月程度で十分です。種付けを行う場合には、用土に気を配るのがポイントです。

小粒の赤玉土を用い、その中に腐葉土やピートモスを混ぜて土を作ります。ポットで種付けを行う際には、用土をふるいにかけると、より良い土の状態になります。このようにすることで、土を柔らかくし、発芽しやすくします。また、種の皮目に浅い傷をつけることでも、早めの発芽を促すことができます。発芽したのち、5から9月にかけて植え替えを行います。根周りを確認しながら、だんだん大きめの鉢に植え替えてきます。茎が安定した後に植え替えるとうまくいきます。

オクナ(ミッキーマウスツリー)の増やし方や害虫について

テキスト引用
オキナの増やし方としては、タネを蒔いて増やす方法と挿し木で増やす方法があり、タネから増やす場合の注意点としては、発芽を促すため採取した後はできるだけ早めにタネ蒔きを行う必要があります。発芽を早めるため、タネの

多くの植物でもいえることですが、ミッキーマウスの木を育てる際にも、害虫に気を付ける必要があります。この機につく害虫は多くありませんが、環境によっては、カイガラムシがつく場合があります。室内栽培の場合は必要ありませんが、庭木の場合には薬剤を散布するのが効果的です。カイガラムシが成長すると、薬が効きにくくなります。それで、早めに害虫対策をする必要があります。また、室内で栽培する場合はブラシを用いて簡単に落とすことができます。

消毒液の中に落として、駆除していきます。害虫は、木の成長を妨げてしまうため、定期的に様子をみて、ついていないかどうか気を配ることが大切です。この木の増やし方は、種をまいて増やす方法と、挿し木で増やす方法があります。種まきの場合、ポイントは採取した種をできるだけ早めにまくことです。このようにすることで、より確実に発芽します。挿し木による増やし方の場合、多くの植物でしているのと同じように、水挿し、葉挿し、茎挿し、といった方法を用います。

水挿しの場合は、茎の部分をコップに挿しておくと、根が出てきます。そのあと植え付けができるようになります。一つ注意が必要なのは、挿し木用の土が常に湿っていたり、極度に乾燥している場合、挿し木をしても根を出さないことがあります。それで、適度のタイミングで水やりをするようにします。このように、水やり、育てる環境に気を配ることで、ユニークで観察しがいのある木を育てていくことができます。

オクナ(ミッキーマウスツリー)の歴史

テキスト引用
国内では低木として近年人気を集めているオクナは、別名をミッキーマウスプランツまたはミッキーマウスツリーと呼び、花言葉にはその別名に相応しく、陽気や快活などの花言葉が付けられています。オクナとしての名は主に東南

ミッキーマウスの木をご存知でしょうか。実の形が変わっています。ガク部分が赤く、実は光沢のある丸くて、黒い実が付きます。それがミッキーに似ているため、この流通名になりました。花言葉は、その名前にふさわしく、「陽気」や「快活」という意味があります。本当の名前は、オクナ・セルラータといいます。オクナという名前は、主に東南アジアでよくつかわれています。ミッキーマウスツリーという呼び名は、南アフリカで親しまれています。

おもにオクナ科のオクナ属です。この属名は、ギリシャ語のOchneからきています。「野生のナシ」という意味です。セルラータ、とは、「細かい鋸歯のある」という意味からきています。原産地は南アフリカで、海岸近くの林の中や草地が生息地です。日本でも鉢植えなどで育てられています。原産地は南アフリカですが、のちに東南アジアにも流通するようになりました。黄色の花や、実のつき方の様子から、「四季の梅」として栽培される歴史があり、「祝いの木」としても古くから親しまれています。

南アフリカでは、赤と黒、黄色のコントラストから、魔除けや邪気払いとして、お守りのような植物とされています。また、古くから民芸品となる細工品として枝が利用されてきました。例えば、この木の枝は、柔軟でありつつ、頑丈なため、石などを使って枝をたたき、柔らかくしたのちにカゴ細工として加工します。繊維質である点もかご加工するうえで大変役立ち、古くからの工芸品として親しまれています。

オクナ(ミッキーマウスツリー)の特徴

テキスト引用
南アフリカ一帯に分布する樹木で、正式名称をオクナセルラタと呼び、ミッキーマウスツリーとして現在では親しまれている植物の特徴は、その名の通りに人気のネズミのキャラクターに似た見た目にあります。春から夏にかけて花

ミッキーマウスの木は、日本でも鉢植えの状態で売られています。変わった名前の木の通り、花や葉、実にもいくつかユニークな特徴があります。まず、花は、黄色であまり、おおきくありません。花径は3cmほどで、5花弁です。春から夏、3月から9月にかけて花を咲かせ、花が咲くと、良いにおいがします。

原産地が熱帯地であるため、暖かい場所では周年開花しています。葉の形は楕円形で、互い違いに生えていきます。葉の先はとがっており、縁が細かいギザギザの形になっています。本名のセルラータという名前はここからきています。幹もでこぼこしています。花が咲いたあとには実ができます。この実は、水分が多く含まれ、中に種が一つだけできる、核果です。熟す前と、熟した後では、それぞれ色が変わります。

初めは、萼が黄緑色で実は緑色です。そのうち、だんだんと熟していくにつれ、萼は反り返って赤くなり、実は黒くなります。こうして、だんだんと、ミッキーマウスに似た色にかわっていきます。毎日色の変わっていく様子を見るのも、育てるうえで楽しみの一つです。成長すると、かなりおおきくなり、80センチから150センチほどの高さになります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

もとは、低木としてガーデニングに利用されていますが、原産地では高さ4メートルまで成長するものもあります。それで、風よけや、日よけ対策としても栽培されています。実付きが良く、果実は食用ではありませんが、観賞用や染め物加工用として利用されています。

ミッキーマウスの木の育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

1,633view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

1,907view
小町リンドウの育…
小町リンドウの育て方・栽培
小町リンドウが育つ環境ということでは、生息地がヨーロッパなので、四季がある日本では、春と秋が育ちやすい環境ということになります。環境としては越冬はできませんし、…

育て方ラボ 公式ページさん

1,874view
ハクサンボクの育…
ハクサンボクの育て方・栽培
ハクサンボクを栽培するときの環境ですが、生息地などを見るとなんとなく見えてくるかもしれません。日本では神奈川県より西がメインとされています。中部地方、近畿をはじ…

育て方ラボ 公式ページさん

1,295view
ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

1,404view
ワトソニアの育て…
ワトソニアの育て方・栽培
ワトソニアを栽培するにあたっての環境は秋に植え付けをして管理をしていくことになります。10月から11月ぐらいになるので一般的には日当たりの良い場所を用意すると良…

育て方ラボ 公式ページさん

919view
ブルンネラの育て…
ブルンネラの育て方・栽培
ブルンネラは、生息地が比較的寒い地域であるため、育てる環境は涼やかな場所が適しています。最もオススメしたい環境は、暑さが厳しくなる真夏には、日陰で管理して穏やか…

育て方ラボ 公式ページさん

1,067view
カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

4,784view