園芸植物であるベンジャミンを元気にする育て方:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
園芸植物であるベンジャミンを元気にする育て方
動画コメント
ベンジャミンの育て方・日常管理 株の植替えとリフレッシュ ベンジャミンのような冬の園芸植物は、春に植え付けや葉切りをして、リフレッシュさせてあげましょう。 まず、風通しがよくなるように、枝透かしを兼ねて、古い葉や色の変色した葉を切り落としていきます。 次に、株のもとを見てみましょう。土の表面に根っこが見えてきているようであれば、根っこがパンパンに張ってしまっているので、植え替えをしましょう。 植え替えは、一回りから二回り大きな鉢に行います。前の鉢から出したら、肩のあたりの土は落とします。 水はけをよくするために、鉢の5分の1から6分の1ぐらいの高さまで、鉢底石を入れます。それから、元の木を鉢の真ん中に入れ、観葉植物用の土で植え付けをします。鉢のふちから2センチ程低くなるところまで土を入れます。根を落ち着かせたら、水をたっぷりとあげましょう。数日明るい所に置いて、それから陽のあたる所へ移動させるのが植物が喜ぶ育て方です。葉が日焼けを起こさないよう注意してあげましょう。
動画キーワード
園芸植物 , ベンジャミン , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

動画で見る被子植物の種の育て方
この動画には被子植物が種になるまでの詳しい育て方が、よくわかるようになっています。おしべのやくでつくられる花粉の役割や構造、めしべの中にある子房の中の胚嚢の仕組みなどがこと細かく書いてあるので、一目でわかるようになっています。めしべがおしべの花粉が受粉すると、花粉管が伸び、受精卵が胚珠になり、やがて種子になる様子、子房が膨らみ果実になるまでの構図が、一連の流れでわかりやすくなっています。また実際の果実を使って、子房の仕組みやどのような変化を経て果実になるのか、また種子になるのか文字だけでなく、目でも見ることが出来ます。
被子植物 , 動画 , 育て方
かわいい観葉植物、アロマティカスの育て方
カインズ観葉植物図鑑 アロマティカスの育て方 アロマティカスは、インドや南アフリカが原産の多肉植物です。可愛らしい丸い葉が特徴で、アロマの名が示すようにミントのようなさわやかな香りがする、丈夫で育て方のやさしい観葉植物です。 置き場所は、乾燥して風通しの良い、日当たりのいい場所を選びます。夏は直射日光を避けた半日陰、冬は暖かい室内が育てるのに適しています。 水やりは、春から夏は土が乾いたらそのたびにたっぷりと与えます。冬は控えめにし、月に1~2度程度にします。一般的なハーブの土より、水はけのよい土を選んだほうがよいです。また、梅雨前には、茂った葉を間引いて風通しを良くしておきます。 肥料は、粒状肥料か、薄めの液体肥料、またはサボテン用の肥料などを与えます。根腐れや香りが薄くなる原因になることがあるので、与えすぎに注意します。温かい時期に葉の色が薄くなったような時に少量を施します。 新芽が出たら、適当な長さに切って水につけておくと、数日間で根が出るので、簡単に増やすことができます。
観葉植物 , アロマティカス , 育て方
観葉植物としても使えるパイナップルの育て方
パイナップルを植えて3年 今年は実をつけるぞ~ 暑さに強いので4月から10月にかけては日当りの良い場所で育てます。その反面寒さには弱いので秋以降は室内に取り込んで育て、10度前後に保つのが良いでしょう。春から秋の間はたっぷりと水を与えるようにして、冬の間は多少乾かし気味にしておくのがベストです。肥料は購入後1ヶ月ぐらい経過してから与えましょう。また、水はけのよい酸性の土を好みます。実がつくまでに3年程かかり、実が黄色く熟し良い香りがしてきたら収穫期です。パイナップルの育て方はそれほど難しくなく、実が出来るまで楽しむことが出来るうえに観葉植物としての見た目も良いです。
観葉植物 , パイナップル , 育て方
園芸植物で人気のトマトの育て方
トマトの育て方 日常管理編 夏野菜として欠かせない美味しいトマトをたくさん収穫するには、土や水、肥料だけでは十分とは言えません。園芸植物は収穫を目的としているので、葉や枝をこまめに手入れする必要があります。育て方は比較的簡単な野菜ですが、いくつかのポイントを覚えておくことで、味の濃い肉厚な果菜になります。 初心者や園芸植物から遠のいてしまっている人でも、わかりやすい解説と実演でレクチャーしているのがこちらの動画です。脇芽の取り方や主枝の誘引方法が、ゆっくりとした口調で丁寧に解説されています。実際に見本も見せているので、とてもわかりやすくおすすめです。
園芸植物 , トマト , 育て方
園芸植物のバラの夏の育て方について
夏の植物管理 バラの育て方・日常管理 園芸植物の中でもバラの育て方には、コツが必要です。とくに夏場の育て方には注意が必要です。夏場は人間と同じように、植物も夏バテしてしまうからです。そのために花が咲いたら早く切るということ、水やりは1日の2回タップリとあげることが必要です。葉は太陽の光によく当てるとともに、ダニがつかないように、薬剤を散布することが必要です。もっと元気にしたいと思って肥料をあげたくなりますが、夏場は負担になるのでもっと涼しい時期になったら肥料を与えることが必要です。夏場の管理は、とても重要なので植物をよく観察しておく必要があります。
園芸植物 , バラ , 育て方
裸子植物の育て方や特徴は動画が便利
植物の種類の多様性は目を見張るものがあるので、さまざまな分類方法があります。最もわかりやすいグループに種子によって繁殖する種子植物があり、このグループはさらに被子植物と裸子植物に分けることができます。種に成長する部分が子房に包まれた被子植物に対し、裸子植物は胚珠がむき出しになっているのが特徴です。 松は裸子植物に分類される植物で、種子は松かさと呼ばれる果実のようなものに含まれて出来上がります。松は多くの人に好まれるので育て方の情報も豊富です。松かさが収縮する様子などをレポートした動画もあり、生態を知るのに役立ちます。
被子植物 , 動画 , 育て方