原始的被子植物、睡蓮の育て方や日常管理:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
原始的被子植物、睡蓮の育て方や日常管理
動画コメント
睡蓮は、被子植物の中でも原始的な植物に分類されます。水草の仲間で、可愛らしい丸い葉と、美しい花が特徴的です。 家庭で育てる場合には、大きめの鉢などに水をはって育てると見た目も綺麗なので、おすすめです。 育て方や日常管理のポイントとしては、水やりに関しては、もともと水に浸かっているので必要ありませんが、水が減ってきたら足してあげましょう。水深が深かったり、水が濁っていたりすると、日光不足になり、弱ってしまいますので注意しましょう。また、冷たい水を常にあげるのも良くありません。水にはボウフラ対策のためにメダカを泳がせると見た目も良くおすすめです。
動画キーワード
睡蓮 , 被子植物 , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

動画なら被子植物以外の育て方や特徴もわかる
人間や動物の食物として、その大部分を占めるのが植物になります。そして食用になる植物の大部分は被子植物というグループに属します。被子植物は種子によって繁殖しますが、成長して種子になる部分である胚珠が心皮に包まれ、子房の中に収まっている種類のことを指します。 その他に食用になる特殊なものでは、菌類に分類されるキノコがあります。キノコは種類が豊富で、日本の椎茸や中華料理に使われるきくらげなどは馴染み深いものです。ただそれらの育て方は、被子植物に比べると知られていないのも事実です。きくらげの特徴を説明した動画を見ると、育て方もよくわかります。
被子植物 , 動画 , 育て方
観葉植物としても使えるパイナップルの育て方
パイナップルを植えて3年 今年は実をつけるぞ~ 暑さに強いので4月から10月にかけては日当りの良い場所で育てます。その反面寒さには弱いので秋以降は室内に取り込んで育て、10度前後に保つのが良いでしょう。春から秋の間はたっぷりと水を与えるようにして、冬の間は多少乾かし気味にしておくのがベストです。肥料は購入後1ヶ月ぐらい経過してから与えましょう。また、水はけのよい酸性の土を好みます。実がつくまでに3年程かかり、実が黄色く熟し良い香りがしてきたら収穫期です。パイナップルの育て方はそれほど難しくなく、実が出来るまで楽しむことが出来るうえに観葉植物としての見た目も良いです。
観葉植物 , パイナップル , 育て方
観葉植物の日常管理と育て方について
観葉植物の育て方・日常管理 水やり 観葉植物を育てるにおいて、忘れてはいけないことが水遣りです。日常管理としてとても大事なポイントですが、もし水くれを忘れてしまってカラカラにしてしまったというときは、上からゆっくりと与えたとしても水が鉢全体に行き届いていないことがあります。そんなからからな状態になってしまったら一度鉢ごと水を張った状態のバケツにつけることが必要です。しっかりと入れることで土の中に十部に水が入っていくのです。育て方の中で水を枯らさないということも大事ですが、冬場に水を与えすぎないことも大切です。水の管理はとても難しいですが、なんとか管理していきたいものです。
観葉植物 , 日常管理 , 育て方
園芸植物の定番、ナスの育て方おすすめ動画
ナス(茄子)の育て方・日常管理 収穫と追肥 ナスは園芸植物の中でも栽培者が多く、種類もたくさんあります。育て方のポイントは、葉をいかに大きくするか、摘果や整枝など枝の仕立てがうまくできるかなどにかかっています。その他にも、収穫のタイミングや追肥、お礼肥も大切です。 実演をしながら、栽培の基本を説明をしてくれている動画がこちらです。園芸植物の栽培者がよく利用する動画で、とてもわかりやすく解説されています。お礼肥は、株が疲れてしまわないように施すものです。量や施し方もとても参考になります。出演されている方は、TVでも活躍されておられる方なのでおすすめです。
園芸植物 , ナス , 育て方
根腐れをしている観葉植物の育て方について
根腐れを仕掛けている観葉植物の対処方法 植え替え編 観葉植物も水をあげすぎてしまうと、根腐れを起こしてしまうことがあります。腐ってしまった観葉植物のような育て方については、まずは植え替えをしなくてはなりません。植え替えをすると根がふにゃふにゃになっていたり悪臭がしてくるので、まずは悪い根を切り取ることが必要です。そのうえで、新しい赤玉を中心とした新鮮な土に植え替えることが必要です。できれば植え替えるときは真冬ではなく、春先にしたほうがいいです。冬に腐ってしまう場合は、育つ可能性は低くなってしまいます。冬場の水遣りは控えることが大事になってきます。
観葉植物 , 根腐れ , 育て方
園芸植物モウセンゴケの育て方のポイント
食虫植物 モウセンゴケの育て方・日常管理  園芸植物のモウセンゴケの育て方で注意するポイントをいくつか紹介します。まず置き場所としては、明るい日陰が適しています。日差しは必要ですが、強すぎると葉っぱが傷んでしまいますので適度な場所に置くようにしましょう。 水やりについては、元々湿地に生息する植物ですので水のある環境をつくることが大切です。鉢の下に受け皿をしき水をため底から水を吸わせるようにしましょう。冬は、葉っぱが枯れ休眠しますが根は生きているので水はしっかり与えましょう。 肥料については特に必要ありません。太陽で光合成をし自分で栄養を作り出す植物なので栄養をこちらから与えなくても良いです。 これらが主なポイントです。大切に育てましょう。
園芸植物 , モウセンゴケ , 育て方