観賞が楽しい被子植物の育て方と動画観賞:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
観賞が楽しい被子植物の育て方と動画観賞
動画コメント
ブラシの木 被子植物の中でもブラシの木は名づけられているようにブラシのような花を咲かせるユニークな低木樹です。大きくなると3メートルほどまで成長します。 風にふさふさと揺れる姿は優雅で目を楽しませてくれます。 育て方は、日当たりのよい場所を選び、鉢植えの間は、土の表面が乾いた時にたっぷりと水をあげるようにします。オーストラリアからニューカレドニアに分布する植物なので、夏の暑さには丈夫ですが、凍結や霜には弱いので、寒冷地では屋内で育ててあげるようにしましょう。 花が咲くまで3~4年かかりますが、一度咲くと、毎年咲くようになります。 たくさん花をつけるので、切り枝を数本水に差して部屋で観賞するのもよいです。
動画キーワード
動画 , 被子植物 , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

夏に人気の園芸植物、アンスリウムの育て方
アンスリウムの育て方・日常管理 今までアンスリウムは赤色の花のようなものが特徴の園芸植物でしたが、最近ではピンクや白など様々な色のものが出ているため、室内用植物として人気があります。 赤やピンクなど色づいていた部分は実は花ではなく葉の一種であり、本来の花は中央の突起物の部分となります。そのため日に当たれば緑色に変色してしまいます。そのため外ではなく室内で育てるのが好ましいとされています。また時間が経っても緑色になってしまうため、そのときはハサミで切ってあげましょう。そして土が乾いたらしっかり水をあげること。その2つが最低限の育て方です。 花をつける植物のため、観葉植物用の肥料というよりは草花用の肥料をあげると、どんどん鮮やかな色の葉をつけてくれます。
園芸植物 , アンスリウム , 育て方
観葉植物のコウモリランの育て方について
コウモリランの育て方・日常管理 観葉植物の中で、いまかなり人気になっているのがコウモリランです。独特の葉をもっているということと見た目の割に管理が簡単で初心者のかたにも育てられるのが人気です。育て方のポイントは、水遣りです。 葉は二種類あって、光合成をする葉と貯水葉があります。水をあげるときは貯水葉にたまるようにするといいです。とくに養分を含んだ水をあげるとより栄養を与えることができます。葉は痛み易いので水遣りの時は鉢の元からあげたほうがいいです。またこの植物の特徴として着生できるので、鉢で育てるのもいいですが樹木に着生させてみることもできます。
観葉植物 , コウモリラン , 育て方
観葉植物、フィカス アルテシマの育て方について
フィカス アルテシマの育て方と仕立て直し 観葉植物のフィカス アルテシマの育て方は、日陰より日向に置いて育てることが重要です。 日陰の暗い場所に置いてしまうと、葉と葉の間が間延びしてしまい、葉が少なく、貧弱な状態に育ってしまいます。 水も通常通りあげても、根腐れしやすく、枯れやすくなってしまいます。 見た目的にもあまり良くないため、なるべく日向の明るいところに置いてあげるようにしましょう。 真冬以外であれば、ベランダなどの室外に置いても枯れることはありません。 万が一、間延びしてしまった場合は、剪定を行い、長く伸びてしまった部分を切ります。 新芽が出てくる節間を残すように切ることが大切です。
観葉植物 , 育て方 , フィカス アルテシマ
園芸植物モウセンゴケの育て方のポイント
食虫植物 モウセンゴケの育て方・日常管理  園芸植物のモウセンゴケの育て方で注意するポイントをいくつか紹介します。まず置き場所としては、明るい日陰が適しています。日差しは必要ですが、強すぎると葉っぱが傷んでしまいますので適度な場所に置くようにしましょう。 水やりについては、元々湿地に生息する植物ですので水のある環境をつくることが大切です。鉢の下に受け皿をしき水をため底から水を吸わせるようにしましょう。冬は、葉っぱが枯れ休眠しますが根は生きているので水はしっかり与えましょう。 肥料については特に必要ありません。太陽で光合成をし自分で栄養を作り出す植物なので栄養をこちらから与えなくても良いです。 これらが主なポイントです。大切に育てましょう。
園芸植物 , モウセンゴケ , 育て方
土ブロックを使用した観葉植物の育て方
トマトを育てよう 水でふくらむ「土ブロック」篇 その2  観葉植物を育てる際は、土ブロックの土を使用してみましょう。水を加えたら、大きく膨らんでくれるので、土を沢山購入したい時には便利です。 では、土の使用法です。 大きな容器の中に土のブロックを入れ、水を注ぎます。水は、1ブロックに対して3L程、回し入れます。 そのままでも、水を吸収しますが、ほぐしながら吸わせると、速く吸収します。すると、1ブロックの土は8Lぐらいに膨らみます。 この土での植物の育て方です。植物を大きく育てるためには、膨らんだ土の中に苦土石灰を混ぜます。1ブロックの土に対して苦土石灰は一握り程度混ぜます。よくかき混ぜたら3~4日そのままにします。それから基肥を同じく一握り加えてよくかき混ぜて、植物を植えます。すると、育ちがよくなります。
観葉植物 , 土ブロック , 育て方
観葉植物テーブルヤシの育て方について
カインズ植物図鑑 テーブルヤシの育て方 観葉植物のテーブルヤシは、メキシコから南アフリカにかけておよそ100種類分布するヤシの仲間です。日常の手入れのポイントは、枯れてきた葉をそのまま放置せずに取り除き、株をきれいな状態に保ちます。 育て方は、ヤシ類の中では強い日差しが苦手なので、一年を通して直射日光に当てないよう注意します。やや湿気を好むので、土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えます。新芽の部分が乾いているとなかなか芽が出てこなかったり、出てきても葉が小さくなってしまうこともあるので、幹や葉の部分にも水をかけます。肥料は春から秋にかけて、月に2回液体肥料を与えます。冬は成長しないので、肥料は与えなくて大丈夫です。
観葉植物 , テーブルヤシ , 育て方