被子植物の育て方を動画で見てみましょう。:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
被子植物の育て方を動画で見てみましょう。
動画コメント
ブラシの木はオーストラリアからニューカレドニアに分布する常緑性の被子植物です。 5月に開花をし、赤く花をつけますが、まるでコップを洗うブラシを赤く染めたような形をして風に揺られます。 育て方は、花のつきをよくするためには、日のよくあたる水はけのよい場所がよいです。 鉢植えや庭植えをして2年間は、土が乾いたらたっぷり水を与えます。2年以上経ったら自然の状態のままで、特に水やりはしなくてよいです。 鉢植えでは、赤玉土と腐葉土を2対1に混ぜたものを使用するとよいです。 肥料は、3月に化学肥料を追肥するのがよいです。庭植えの場合は、有機質の肥料を株の周辺に埋めます。
動画キーワード
動画 , 被子植物 , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

白雪姫と呼ばれる園芸植物、ユーフオルビアの育て方
ユーフオルビア (白雪姫)の育て方・日常管理 ユーフオルビアは別名白雪姫「スノープリンセス」ともよばれる白くて美しい園芸植物です。クリスマスで同じ胃のポインセチアなどと同じ仲間です。白い花のような部分は「ほう」とよばれるもので、本当の花はその中に小さくあります。育て方のポイントは、よく日に当てること。しかし、戸外で冬を越すことはできないので、日当たりのよい屋内で育てるようにしてください。春まで肥料はいりません。日光不足になると葉が黄色くなってきます。黄色くなった葉っぱは除去し、よく日に当てるようにしてください。この時、白い樹液が出てくるのですが、人によってはかぶれたりすることもあるので気を付けてください。
ユーフオルビア , 園芸植物 , 育て方
観葉植物の日常管理と育て方について
観葉植物の育て方・日常管理 水やり 観葉植物を育てるにおいて、忘れてはいけないことが水遣りです。日常管理としてとても大事なポイントですが、もし水くれを忘れてしまってカラカラにしてしまったというときは、上からゆっくりと与えたとしても水が鉢全体に行き届いていないことがあります。そんなからからな状態になってしまったら一度鉢ごと水を張った状態のバケツにつけることが必要です。しっかりと入れることで土の中に十部に水が入っていくのです。育て方の中で水を枯らさないということも大事ですが、冬場に水を与えすぎないことも大切です。水の管理はとても難しいですが、なんとか管理していきたいものです。
観葉植物 , 日常管理 , 育て方
観葉植物の育て方について-矢車草-
矢車草を、早く、きれいに、栽培する方法!無農薬・無化学肥料 矢車草は、ふわふわした小さな花が群生する様に特徴があります。どの色も美しいですが、白いものだとまるで淡雪のようです。 大きな葉を持ち日蔭を好む多年草の観葉植物なので、海外ではシェードガーデンでよく見られます。 乾燥を嫌う植物で、夏場は乾き過ぎないよう特に注意が必要とされます。 育て方としては、苗植えの適期が9月下旬から10月上旬と短かく、肥料についてはやり過ぎると肥料焼けしてしまうことがあるため、化学肥料を使わずに栽培する方法があります。 枯れた花は茎の部分から取り去ってしまうことで、病気や害虫を防ぎます。
観葉植物 , 矢車草 , 育て方
虫を食べちゃう園芸植物、食虫植物の育て方
食虫植物の育て方・日常管理 種類 と 特徴 食虫植物は虫を食べて成長する園芸植物で、いろいろな種類や育て方の特徴があります。この種類の園芸植物は大きく分けると、わな式、落とし穴式、ねばり式の三つに分けられます。わな式の代表はハエトリソウ。虫を挟んで捕まえる仕組みになった葉が特徴です。落とし穴式の代表はうつぼかずら。ツボのような植物で、なかに水が入っています。ここに落ちた虫は消化されてしまうという仕組みです。ねばり式のムシトリスミレやモウセンゴケ。べたべたした葉に虫がつかまって消化されてしまう仕組みです。いずれも虫を食べるので、肥料をやる必要はありません。
園芸植物 , 食虫植物 , 育て方
観葉植物 アイビーの育て方について
アイビーの育て方・日常管理 種類 アイビーにはいろいろな種類があります。葉っぱが緑色のものや、白い模様が入ったもの、また形もハート型をしたものから、星型のようなものまで様々です。いろんな形をコレクションしている人もいるほど、人気の観葉植物です。育て方はそれほど難しくはありません。日光が好きなので、出来れば日が当る場所で育てましょう。しかし、暗いところでも耐久性がありますので、室内でも育てることも十分可能です。水は土が乾いたら上げる程度です。肥料は1~2ヶ月に一度を目安にあげましょう。気をつけなければならない病害虫もありません。壁などに這わせて育てるのに適しています。
観葉植物 , アイビー , 育て方
観葉植物であるゴムの木の育て方について
ゴムの木 類 の育て方・日常管理 ゴムの木は比較的、育てやすい観葉植物です。特徴として、背が高くなる性質があります。育て方ですが、日光を好みますので出来るだけ日が当たる場所に置いて下さい。日が当たらないと葉っぱが落ちてくることがあります。もし、どうしても暗いところに置きたい場合は、そのままにして置いて下さい。始めは葉が落ちてしまいますが、そのうちに葉っぱがそれに慣れ、順応したものが生えてきます。また、注意点として、ほこりやカイガラムシなどが葉っぱにつきやすいということがあります。時々、水を葉っぱにかけてやるか、濡れた布などで綺麗に拭き取ってあげましょう。
観葉植物 , ゴムの木 , 育て方