園芸植物にも使える蓮の育て方:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
園芸植物にも使える蓮の育て方
動画コメント
念願の開花!とうとう 蓮が種から栽培で開花しました!杜若園芸 蓮を育てるにはまず、種を購入する必要があり、ホームセンターや園芸店、現地に行って在庫がなければ通販やオークションなどインターネットの園芸植物のカテゴリーを閲覧していただければ購入していただくことが可能です。購入後はまず水を吸わせるために種を削ります。下準備が終わったらいよいよ栽培に入っていくわけですが、育て方としては用土の入った鉢に種を植え、水につけます。種を植える時期としては主に4月~5月といった春中旬が望ましいです。水が命の植物ですので毎日水をやることが大切です。3か月もすると立派に開花します。
動画キーワード
園芸植物 , 育て方 ,
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

園芸植物として楽しむゴーヤ栽培と育て方
ゴーヤ栽培、育て方のポイント 緑のカーテンをつくろう!ゴーヤを園芸植物として育てると涼しい緑のカーテンができあがります。 ゴーヤを緑のカーテンにする育て方は、根元から葉が4、5枚伸びたところで茎の先端を切り落とすようにします。そうすると、脇芽が出てくるので、1本枝が3、4本の枝へと枝分かれしていきます。 枝が増えると葉もそれだけたくさん茂るので緑のカーテンに育てやすくなります。また、ゴーヤもたくさん収穫できるようになります。 土は培養土を使用し、追肥もしっかり与えます。追肥には、野菜の生育を促進するアミノ酸をたっぷり配合した有機質の肥料がよいです。支柱を立てて、土が乾燥しないように、水をたっぷり与えて管理しましょう。
園芸植物 , ゴーヤ栽培 , 育て方
観葉植物の日常管理と育て方について
観葉植物の育て方・日常管理 水やり 観葉植物を育てるにおいて、忘れてはいけないことが水遣りです。日常管理としてとても大事なポイントですが、もし水くれを忘れてしまってカラカラにしてしまったというときは、上からゆっくりと与えたとしても水が鉢全体に行き届いていないことがあります。そんなからからな状態になってしまったら一度鉢ごと水を張った状態のバケツにつけることが必要です。しっかりと入れることで土の中に十部に水が入っていくのです。育て方の中で水を枯らさないということも大事ですが、冬場に水を与えすぎないことも大切です。水の管理はとても難しいですが、なんとか管理していきたいものです。
観葉植物 , 日常管理 , 育て方
観葉植物のコウモリランの育て方について
コウモリランの育て方・日常管理 観葉植物の中で、いまかなり人気になっているのがコウモリランです。独特の葉をもっているということと見た目の割に管理が簡単で初心者のかたにも育てられるのが人気です。育て方のポイントは、水遣りです。 葉は二種類あって、光合成をする葉と貯水葉があります。水をあげるときは貯水葉にたまるようにするといいです。とくに養分を含んだ水をあげるとより栄養を与えることができます。葉は痛み易いので水遣りの時は鉢の元からあげたほうがいいです。またこの植物の特徴として着生できるので、鉢で育てるのもいいですが樹木に着生させてみることもできます。
観葉植物 , コウモリラン , 育て方
動画で見る被子植物の育て方について
この動画に写っている植物は一般的に多肉植物と呼ばれていますが、れっきとした被子植物の一種です。その育て方も普通の被子植物となんら変わらないのです。ちゃんと花を咲かせますし、花の中心にはめしべが、回りを取り囲むようにおしべがあります。また昆虫の力を借りて受粉をおこない、胚珠が種子になり、子房が小さな実になるからです。映像の中にも実を付けているもの、花を咲かせているものが紹介されています。花も一本の茎に1輪つけるもの、いくつか咲くものなどさまざまです。また花のつき方も中心部に咲くもの、周りを取り囲むように咲くものなどがあります。
被子植物 , 動画 , 育て方
テラリウムに使う園芸植物の育て方を紹介
テラリウムを作って栽培上手になろう テラリウムとは日常の空間に小さな園芸植物を取り入れる、自然と日常の共存をテーマとした園芸形態です。小さな瓶や、ペットボトル等のようなものを植木鉢代わりに育てることが多いので広い空間を必要としないのが特徴です。また、小さいためテーブルの上や、窓際に置いたり、天井から吊るしたりできるので、インテリアとしても最適なものです。 今回はそのような日常に癒しをもたらす園芸植物の育て方を、どこのご家庭にでもあるようなものを使って作る方法をご紹介します。 この動画を観て、皆さんもぜひ取り組んでみてください。確実にはまりますよ!
園芸植物 , テラリウム , 育て方
観葉植物 アイビーの育て方について
アイビーの育て方・日常管理 種類 アイビーにはいろいろな種類があります。葉っぱが緑色のものや、白い模様が入ったもの、また形もハート型をしたものから、星型のようなものまで様々です。いろんな形をコレクションしている人もいるほど、人気の観葉植物です。育て方はそれほど難しくはありません。日光が好きなので、出来れば日が当る場所で育てましょう。しかし、暗いところでも耐久性がありますので、室内でも育てることも十分可能です。水は土が乾いたら上げる程度です。肥料は1~2ヶ月に一度を目安にあげましょう。気をつけなければならない病害虫もありません。壁などに這わせて育てるのに適しています。
観葉植物 , アイビー , 育て方