観葉植物の日常管理と育て方について:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
観葉植物の日常管理と育て方について
動画コメント
観葉植物の育て方・日常管理 水やり 観葉植物を育てるにおいて、忘れてはいけないことが水遣りです。日常管理としてとても大事なポイントですが、もし水くれを忘れてしまってカラカラにしてしまったというときは、上からゆっくりと与えたとしても水が鉢全体に行き届いていないことがあります。そんなからからな状態になってしまったら一度鉢ごと水を張った状態のバケツにつけることが必要です。しっかりと入れることで土の中に十部に水が入っていくのです。育て方の中で水を枯らさないということも大事ですが、冬場に水を与えすぎないことも大切です。水の管理はとても難しいですが、なんとか管理していきたいものです。
動画キーワード
観葉植物 , 日常管理 , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

わかりやすい裸子植物の育て方の動画
一般的なイメージとして難しいと思われることが多い植物の育て方。その中でも裸子植物というのはのちに種子となる胚珠はあるものの、被子植物とは違い子房、のちに果実となる部分がありません。そしてこの植物の育て方の要点をとらえて紹介しているのがこの動画です。裸子植物は食べるために栽培をしていたのなら一般的に種子、もともと胚珠の部分を食べるか、その茎や葉っぱを食べることになります。このムービーは必要な点をかなり含んでいて、とてもわかりやすいです。これをきっかけにムービーを参考にして裸子植物を育てれば他の方のかなり先にいけます。
裸子植物 , 動画 , 育て方
園芸植物「日々草」を長く楽しむ育て方
日々草の育て方・日常管理のポイント 日々草は、園芸初心者にも比較的育てやすい園芸植物で、日向を好みます。 開花時期は6月の初夏から9月の秋まで、その名前があらわす通り毎日花が咲きます。そのため適度に肥料が必要になってきます。 花がこぼれるように咲いた姿はとても可愛らしく美しいです。 基本的には強い植物ですが、ウドンコ病やアブラムシ、ハダニなどに注意が必要です。 花が病気にならないように注意するべきことや育て方、花株を大きくしたい場合のお手入れ方法や、長い期間、次々に花をつけさせるためのワンポイントアドバイスなどを分かりやすく紹介しています。
園芸植物 , 日々草 , 育て方
甘い実をつける園芸植物、ブルーベリーの育て方
ブルーベリーの育て方・日常管理 肥料管理 園芸植物として売られている状態では、すぐに根が張ってパンパンになってしまいます。そのため、なるべく早く庭や大きな鉢に植え変えてあげてから育てた方が大きな実をつけてくれます。その際には必ず専用の土を使うようにしましょう。庭に植える場合は元からある土に少し混ぜてあげるだけで大丈夫です。育て方は難しくない植物ですが、ブルーベリーは酸性土壌じゃないと上手く育ちません。アルカリ性を出すコンクリートの近くに植えてしまうと、雨などでアルカリ性が溶け出し、アルカリ性土壌となってしまうため、周りにブロック塀などがないところを選んであげることが大切です。
園芸植物 , ブルーベリー , 育て方
被子植物の育て方に関する動画
種子は中に次の植物を生み出す胚と呼ばれる物質があります。 しかし、胚を生み出すためには生物のように卵が受精する必要があるのです。 一般的に卵が受精するという流れを耳にすると動物に限定して生じる現象と考えられることが多いのですが、実は植物においても同一のことが行われています。 実は被子植物は、胚珠がむき出しになっているという形状でした。 そのため、被子植物に比べて被子植物は傷つきやすいという欠点があるのです。 こうした点から通常の植物よりも育て方が難しいと言われています。 しっかりと情報を集めて育てるようにしましょう。
被子植物 , 動画 , 育て方
根腐れをしている観葉植物の育て方について
根腐れを仕掛けている観葉植物の対処方法 植え替え編 観葉植物も水をあげすぎてしまうと、根腐れを起こしてしまうことがあります。腐ってしまった観葉植物のような育て方については、まずは植え替えをしなくてはなりません。植え替えをすると根がふにゃふにゃになっていたり悪臭がしてくるので、まずは悪い根を切り取ることが必要です。そのうえで、新しい赤玉を中心とした新鮮な土に植え替えることが必要です。できれば植え替えるときは真冬ではなく、春先にしたほうがいいです。冬に腐ってしまう場合は、育つ可能性は低くなってしまいます。冬場の水遣りは控えることが大事になってきます。
観葉植物 , 根腐れ , 育て方
虫を食べちゃう園芸植物、食虫植物の育て方
食虫植物の育て方・日常管理 種類 と 特徴 食虫植物は虫を食べて成長する園芸植物で、いろいろな種類や育て方の特徴があります。この種類の園芸植物は大きく分けると、わな式、落とし穴式、ねばり式の三つに分けられます。わな式の代表はハエトリソウ。虫を挟んで捕まえる仕組みになった葉が特徴です。落とし穴式の代表はうつぼかずら。ツボのような植物で、なかに水が入っています。ここに落ちた虫は消化されてしまうという仕組みです。ねばり式のムシトリスミレやモウセンゴケ。べたべたした葉に虫がつかまって消化されてしまう仕組みです。いずれも虫を食べるので、肥料をやる必要はありません。
園芸植物 , 食虫植物 , 育て方