白雪姫と呼ばれる園芸植物、ユーフオルビアの育て方:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
白雪姫と呼ばれる園芸植物、ユーフオルビアの育て方
動画コメント
ユーフオルビア (白雪姫)の育て方・日常管理 ユーフオルビアは別名白雪姫「スノープリンセス」ともよばれる白くて美しい園芸植物です。クリスマスで同じ胃のポインセチアなどと同じ仲間です。白い花のような部分は「ほう」とよばれるもので、本当の花はその中に小さくあります。育て方のポイントは、よく日に当てること。しかし、戸外で冬を越すことはできないので、日当たりのよい屋内で育てるようにしてください。春まで肥料はいりません。日光不足になると葉が黄色くなってきます。黄色くなった葉っぱは除去し、よく日に当てるようにしてください。この時、白い樹液が出てくるのですが、人によってはかぶれたりすることもあるので気を付けてください。
動画キーワード
ユーフオルビア , 園芸植物 , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

裸子植物とは育て方が全く違う真菌の動画
地上には植物だけでもさまざまな種類が存在し、最も一般的なものに胚珠が心皮にくるまれて子房の中に収まった被子植物があります。他にはは胚珠がむき出しになっている裸子植物が挙げられます。これらはいずれも種子によって繁殖し、生態や育て方に関する情報が多いのが特徴です。 それに対し真菌に属するものはやや特殊な種類で、馴染みが少ないと感じる人が多数です。真菌について説明するこの動画では、大きく分けて酵母菌と黴菌そしてキノコの類に分けられることが説明されています。画像を使用しながらわかりやすくまとめてあるので、真菌の基礎知識が理解できます。
裸子植物 , 動画 , 育て方
動画でわかる被子植物の育て方
地上にはさまざまな植物が生育していますが、人間の暮らしに欠かせないものも多数あります。多種多様な植物を分類する方法で、その第一に挙げられるのが被子植物です。これは種子によって繁殖する植物の種類で、種子になる胚珠の部分が心皮に包まれて子房に収まっているのが特徴です。胚珠が種子になる時には、心皮は果実と成長します。 植物の中でも被子植物は食用や観賞用などとして、馴染みのあるものが多くあります。中には特定の症状などに有効な栄養素を含んだものもあり、積極的に利用されています。育て方のアドバイスもさまざまなものがありますが、動画で説明したものはわかりやすく便利です。
被子植物 , 動画 , 育て方
冬場の室内での観葉植物の育て方をチェック
冬場の観葉植物の育て方・日常管理 室内編 冬場に観葉植物を室内で育てたいと思った時に、どういった点に気を付けおくと良いのか、というのがよくわかります。 育て方のポイントとなるのは部屋の中に取り込むタイミングですが、そういったことや害虫の駆除の仕方、水の量に関することなど、大事なことがまとめられていてよくわかるようになっています。 丁寧なしゃべり口調で話をききやすいですし、2分弱の短い動画ですから時間がない時であっても、気軽にチェックすることができてとても便利です。 観葉植物を元気に育てていきたいと思う人は押さえておくと役に立って良いでしょう。
観葉植物 , 室内 , 育て方
わかりやすい裸子植物の育て方の動画
一般的なイメージとして難しいと思われることが多い植物の育て方。その中でも裸子植物というのはのちに種子となる胚珠はあるものの、被子植物とは違い子房、のちに果実となる部分がありません。そしてこの植物の育て方の要点をとらえて紹介しているのがこの動画です。裸子植物は食べるために栽培をしていたのなら一般的に種子、もともと胚珠の部分を食べるか、その茎や葉っぱを食べることになります。このムービーは必要な点をかなり含んでいて、とてもわかりやすいです。これをきっかけにムービーを参考にして裸子植物を育てれば他の方のかなり先にいけます。
裸子植物 , 動画 , 育て方
観葉植物テーブルヤシの育て方について
カインズ植物図鑑 テーブルヤシの育て方 観葉植物のテーブルヤシは、メキシコから南アフリカにかけておよそ100種類分布するヤシの仲間です。日常の手入れのポイントは、枯れてきた葉をそのまま放置せずに取り除き、株をきれいな状態に保ちます。 育て方は、ヤシ類の中では強い日差しが苦手なので、一年を通して直射日光に当てないよう注意します。やや湿気を好むので、土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えます。新芽の部分が乾いているとなかなか芽が出てこなかったり、出てきても葉が小さくなってしまうこともあるので、幹や葉の部分にも水をかけます。肥料は春から秋にかけて、月に2回液体肥料を与えます。冬は成長しないので、肥料は与えなくて大丈夫です。
観葉植物 , テーブルヤシ , 育て方
観葉植物、フィカス アルテシマの育て方について
フィカス アルテシマの育て方と仕立て直し 観葉植物のフィカス アルテシマの育て方は、日陰より日向に置いて育てることが重要です。 日陰の暗い場所に置いてしまうと、葉と葉の間が間延びしてしまい、葉が少なく、貧弱な状態に育ってしまいます。 水も通常通りあげても、根腐れしやすく、枯れやすくなってしまいます。 見た目的にもあまり良くないため、なるべく日向の明るいところに置いてあげるようにしましょう。 真冬以外であれば、ベランダなどの室外に置いても枯れることはありません。 万が一、間延びしてしまった場合は、剪定を行い、長く伸びてしまった部分を切ります。 新芽が出てくる節間を残すように切ることが大切です。
観葉植物 , 育て方 , フィカス アルテシマ