観葉植物 アイビーの育て方について:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
観葉植物 アイビーの育て方について
動画コメント
アイビーの育て方・日常管理 種類 アイビーにはいろいろな種類があります。葉っぱが緑色のものや、白い模様が入ったもの、また形もハート型をしたものから、星型のようなものまで様々です。いろんな形をコレクションしている人もいるほど、人気の観葉植物です。育て方はそれほど難しくはありません。日光が好きなので、出来れば日が当る場所で育てましょう。しかし、暗いところでも耐久性がありますので、室内でも育てることも十分可能です。水は土が乾いたら上げる程度です。肥料は1~2ヶ月に一度を目安にあげましょう。気をつけなければならない病害虫もありません。壁などに這わせて育てるのに適しています。
動画キーワード
観葉植物 , アイビー , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

メトロシデロスという観葉植物の育て方について
メトロシデロスの育て方・日常管理 メトロシデロスはニュージーランド原産の観葉植物です。近年、ニュージーランド産の植物が日本にもたくさん入ってくるようになりました。同じように、比較的育て方も簡単だと言えます。お日様が大好きな植物ですので、日が当たるところで管理しましょう。水遣りは土が乾いたら行います。肥料は春と秋に与えます。鉢の底から根が伸びて出てきたら、植え替えのサインですので、花が咲き終わったら、剪定し、一周りか二周り大きな鉢に植え替えてやりましょう。その際、あまり根をいじらないのがポイントです。大きな鉢に植え替えることにより、次の年にさらに大きくなり、たくさんの花をまた咲かせてくれるようになります。
観葉植物 , メトロシデロス , 育て方
園芸植物にも使える蓮の育て方
念願の開花!とうとう 蓮が種から栽培で開花しました!杜若園芸 蓮を育てるにはまず、種を購入する必要があり、ホームセンターや園芸店、現地に行って在庫がなければ通販やオークションなどインターネットの園芸植物のカテゴリーを閲覧していただければ購入していただくことが可能です。購入後はまず水を吸わせるために種を削ります。下準備が終わったらいよいよ栽培に入っていくわけですが、育て方としては用土の入った鉢に種を植え、水につけます。種を植える時期としては主に4月~5月といった春中旬が望ましいです。水が命の植物ですので毎日水をやることが大切です。3か月もすると立派に開花します。
園芸植物 , 育て方 , 蓮
テラリウムに使う園芸植物の育て方を紹介
テラリウムを作って栽培上手になろう テラリウムとは日常の空間に小さな園芸植物を取り入れる、自然と日常の共存をテーマとした園芸形態です。小さな瓶や、ペットボトル等のようなものを植木鉢代わりに育てることが多いので広い空間を必要としないのが特徴です。また、小さいためテーブルの上や、窓際に置いたり、天井から吊るしたりできるので、インテリアとしても最適なものです。 今回はそのような日常に癒しをもたらす園芸植物の育て方を、どこのご家庭にでもあるようなものを使って作る方法をご紹介します。 この動画を観て、皆さんもぜひ取り組んでみてください。確実にはまりますよ!
園芸植物 , テラリウム , 育て方
観葉植物テーブルヤシの育て方について
カインズ植物図鑑 テーブルヤシの育て方 観葉植物のテーブルヤシは、メキシコから南アフリカにかけておよそ100種類分布するヤシの仲間です。日常の手入れのポイントは、枯れてきた葉をそのまま放置せずに取り除き、株をきれいな状態に保ちます。 育て方は、ヤシ類の中では強い日差しが苦手なので、一年を通して直射日光に当てないよう注意します。やや湿気を好むので、土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えます。新芽の部分が乾いているとなかなか芽が出てこなかったり、出てきても葉が小さくなってしまうこともあるので、幹や葉の部分にも水をかけます。肥料は春から秋にかけて、月に2回液体肥料を与えます。冬は成長しないので、肥料は与えなくて大丈夫です。
観葉植物 , テーブルヤシ , 育て方
かわいい観葉植物、アロマティカスの育て方
カインズ観葉植物図鑑 アロマティカスの育て方 アロマティカスは、インドや南アフリカが原産の多肉植物です。可愛らしい丸い葉が特徴で、アロマの名が示すようにミントのようなさわやかな香りがする、丈夫で育て方のやさしい観葉植物です。 置き場所は、乾燥して風通しの良い、日当たりのいい場所を選びます。夏は直射日光を避けた半日陰、冬は暖かい室内が育てるのに適しています。 水やりは、春から夏は土が乾いたらそのたびにたっぷりと与えます。冬は控えめにし、月に1~2度程度にします。一般的なハーブの土より、水はけのよい土を選んだほうがよいです。また、梅雨前には、茂った葉を間引いて風通しを良くしておきます。 肥料は、粒状肥料か、薄めの液体肥料、またはサボテン用の肥料などを与えます。根腐れや香りが薄くなる原因になることがあるので、与えすぎに注意します。温かい時期に葉の色が薄くなったような時に少量を施します。 新芽が出たら、適当な長さに切って水につけておくと、数日間で根が出るので、簡単に増やすことができます。
観葉植物 , アロマティカス , 育て方
園芸植物のバラの夏の育て方について
夏の植物管理 バラの育て方・日常管理 園芸植物の中でもバラの育て方には、コツが必要です。とくに夏場の育て方には注意が必要です。夏場は人間と同じように、植物も夏バテしてしまうからです。そのために花が咲いたら早く切るということ、水やりは1日の2回タップリとあげることが必要です。葉は太陽の光によく当てるとともに、ダニがつかないように、薬剤を散布することが必要です。もっと元気にしたいと思って肥料をあげたくなりますが、夏場は負担になるのでもっと涼しい時期になったら肥料を与えることが必要です。夏場の管理は、とても重要なので植物をよく観察しておく必要があります。
園芸植物 , バラ , 育て方