中1理科-植物の仲間分け方法と被子植物の育て方:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
中1理科-植物の仲間分け方法と被子植物の育て方
動画コメント
【中1 理科】(旧) 植物の分類 中1理科で学習する植物の分類方法と被子植物の育て方についての一連のシリーズ動画の一部です。植物の分類方法は、子孫を残すための方法(胞子・種子)によって2つに分けられます。さらに植物の種類は胞子植物と種子植物の特徴(茎や葉の有無、花弁の有無や数など)によって細かくグループ分けがなされています。動画の中には、ある植物がどのグループに属するかを簡単に見分けるける方法の解説が含まれています。教科書レベルの基本事項に加えて、テストに頻出の重要ワードの解説と覚え方が紹介されているので、授業の復習とテスト前の復習に利用できます。
動画キーワード
被子植物 , 中1 , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

根腐れをしている観葉植物の育て方について
根腐れを仕掛けている観葉植物の対処方法 植え替え編 観葉植物も水をあげすぎてしまうと、根腐れを起こしてしまうことがあります。腐ってしまった観葉植物のような育て方については、まずは植え替えをしなくてはなりません。植え替えをすると根がふにゃふにゃになっていたり悪臭がしてくるので、まずは悪い根を切り取ることが必要です。そのうえで、新しい赤玉を中心とした新鮮な土に植え替えることが必要です。できれば植え替えるときは真冬ではなく、春先にしたほうがいいです。冬に腐ってしまう場合は、育つ可能性は低くなってしまいます。冬場の水遣りは控えることが大事になってきます。
観葉植物 , 根腐れ , 育て方
観葉植物の育て方について-矢車草-
矢車草を、早く、きれいに、栽培する方法!無農薬・無化学肥料 矢車草は、ふわふわした小さな花が群生する様に特徴があります。どの色も美しいですが、白いものだとまるで淡雪のようです。 大きな葉を持ち日蔭を好む多年草の観葉植物なので、海外ではシェードガーデンでよく見られます。 乾燥を嫌う植物で、夏場は乾き過ぎないよう特に注意が必要とされます。 育て方としては、苗植えの適期が9月下旬から10月上旬と短かく、肥料についてはやり過ぎると肥料焼けしてしまうことがあるため、化学肥料を使わずに栽培する方法があります。 枯れた花は茎の部分から取り去ってしまうことで、病気や害虫を防ぎます。
観葉植物 , 矢車草 , 育て方
メトロシデロスという観葉植物の育て方について
メトロシデロスの育て方・日常管理 メトロシデロスはニュージーランド原産の観葉植物です。近年、ニュージーランド産の植物が日本にもたくさん入ってくるようになりました。同じように、比較的育て方も簡単だと言えます。お日様が大好きな植物ですので、日が当たるところで管理しましょう。水遣りは土が乾いたら行います。肥料は春と秋に与えます。鉢の底から根が伸びて出てきたら、植え替えのサインですので、花が咲き終わったら、剪定し、一周りか二周り大きな鉢に植え替えてやりましょう。その際、あまり根をいじらないのがポイントです。大きな鉢に植え替えることにより、次の年にさらに大きくなり、たくさんの花をまた咲かせてくれるようになります。
観葉植物 , メトロシデロス , 育て方
園芸植物のバラの夏の育て方について
夏の植物管理 バラの育て方・日常管理 園芸植物の中でもバラの育て方には、コツが必要です。とくに夏場の育て方には注意が必要です。夏場は人間と同じように、植物も夏バテしてしまうからです。そのために花が咲いたら早く切るということ、水やりは1日の2回タップリとあげることが必要です。葉は太陽の光によく当てるとともに、ダニがつかないように、薬剤を散布することが必要です。もっと元気にしたいと思って肥料をあげたくなりますが、夏場は負担になるのでもっと涼しい時期になったら肥料を与えることが必要です。夏場の管理は、とても重要なので植物をよく観察しておく必要があります。
園芸植物 , バラ , 育て方
園芸植物「日々草」を長く楽しむ育て方
日々草の育て方・日常管理のポイント 日々草は、園芸初心者にも比較的育てやすい園芸植物で、日向を好みます。 開花時期は6月の初夏から9月の秋まで、その名前があらわす通り毎日花が咲きます。そのため適度に肥料が必要になってきます。 花がこぼれるように咲いた姿はとても可愛らしく美しいです。 基本的には強い植物ですが、ウドンコ病やアブラムシ、ハダニなどに注意が必要です。 花が病気にならないように注意するべきことや育て方、花株を大きくしたい場合のお手入れ方法や、長い期間、次々に花をつけさせるためのワンポイントアドバイスなどを分かりやすく紹介しています。
園芸植物 , 日々草 , 育て方
園芸植物の定番、ナスの育て方おすすめ動画
ナス(茄子)の育て方・日常管理 収穫と追肥 ナスは園芸植物の中でも栽培者が多く、種類もたくさんあります。育て方のポイントは、葉をいかに大きくするか、摘果や整枝など枝の仕立てがうまくできるかなどにかかっています。その他にも、収穫のタイミングや追肥、お礼肥も大切です。 実演をしながら、栽培の基本を説明をしてくれている動画がこちらです。園芸植物の栽培者がよく利用する動画で、とてもわかりやすく解説されています。お礼肥は、株が疲れてしまわないように施すものです。量や施し方もとても参考になります。出演されている方は、TVでも活躍されておられる方なのでおすすめです。
園芸植物 , ナス , 育て方