園芸植物の水耕栽培での育て方と注意点:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
園芸植物の水耕栽培での育て方と注意点
動画コメント
多肉植物の植え付け ハイドロカルチャー(水耕栽培)編 園芸植物の水耕栽培の育て方ですが、用土は「サイフォン」を使います。「サイフォン」は、根腐れ防止剤を利用しなくても大丈夫です。容器は、カラスや陶器の底に穴のあいていない深めのものを用意してください。そこに「サイフォン」を入れていきます。容器の3分の1ぐらい入れたところで、植え付ける園芸植物をいれます。この時、植物の根の周りについているハイドロカルチャーは優しく丁寧に取り除いて下さい。あとは、植え付ける植物を容器に入れて「サイフォン」を周りに入れていき、安定させます。根元が隠れるぐらいまで入ったら、「サイフォン」のところどころを割り箸などで刺して隙間を少なくして根元を固め、「サイフォン」を根元まで足します。多肉植物でもお水やりの管理がきちんとできたら、育てることは可能ですのでお試しください。「サイフォン」には、肥料成分が含まれていませんので液状の活力剤やハイドロ用の肥料をお水やりのときに補って下さい。葉の色艶や「ふ」のある物はきれいに「ふ」が入ります。植え終わったら、お水をたっぷり回しかけてあげましょう。お水やりの目安は「サイフォン」が白く乾いてからで充分です。
動画キーワード
園芸植物 , 水耕栽培 , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

裸子植物の育て方や特徴は動画が便利
植物の種類の多様性は目を見張るものがあるので、さまざまな分類方法があります。最もわかりやすいグループに種子によって繁殖する種子植物があり、このグループはさらに被子植物と裸子植物に分けることができます。種に成長する部分が子房に包まれた被子植物に対し、裸子植物は胚珠がむき出しになっているのが特徴です。 松は裸子植物に分類される植物で、種子は松かさと呼ばれる果実のようなものに含まれて出来上がります。松は多くの人に好まれるので育て方の情報も豊富です。松かさが収縮する様子などをレポートした動画もあり、生態を知るのに役立ちます。
被子植物 , 動画 , 育て方
裸子植物の育て方の前に、電子顕微鏡の動画を
裸子植物とは、子房をもたず、胚珠が裸出している植物群のことを指しますが、ヒノキやまつ、スギなどたくさんの種類があります。育て方に興味を持っておられる方は、その前にまず裸子植物の断面を電子顕微鏡で撮影した動画をご覧ください。クリスマスツリーによく使用される「もみの木」の断層画面ですが、その美しさと精巧な細胞の作りにきっと驚かれることでしょう。裸子植物を遠くから見たときの姿とはまるで違う美しさです。中央の部分から外側に向けて何層にもなっていて、緻密に細胞が並んでいるのがわかります。神秘さを感じます。
裸子植物 , 動画 , 育て方
動画で学ぶ!被子植物の育て方
可愛らしいサルのキャラクターと共に台湾語で被子植物の育て方について学ぶことができます。色鮮やかで多彩な植物と豊かな自然を見ることができます。中には、日本ではなかなか見かけない植物も出てくるので楽しみながら視聴することができると思います。途中で出てくる植物に顔がついているような加工が、特徴的でインパクトがあり、印象に残ります。被子植物全体についてなので、草木などだけではなくきのこなども登場します。種から育つ種子植物と違い、被子植物の育て方はあまりメジャーではないですが、この動画だと分かりやすく説明されています。
被子植物 , 動画 , 育て方
園芸植物の管理を動画で!パセリの簡単な育て方
パセリの育て方・日常管理 収穫 園芸植物の簡単な育て方を動画で紹介しています。家庭に一株あるとお料理にも使えて便利なパセリ。収穫のポイントは外側の葉から摘み取ることです。葉が混んできても、株分けは根を傷めてしまう原因になりますので避けましょう。収穫後に追肥をしてやると、新しい葉がぐんぐん育ち、いつまでも収穫が楽しめます。育て方のポイントは、鉢の置き場所です。手元に置きたくてついつい台所などの家の中に置いてしまいそうですが、それでは日照不足になってしまいます。冷たい風の当たらない日向において、太陽をいっぱいに浴びさせてやりましょう。
園芸植物 , パセリ , 育て方
園芸植物のバラの夏の育て方について
夏の植物管理 バラの育て方・日常管理 園芸植物の中でもバラの育て方には、コツが必要です。とくに夏場の育て方には注意が必要です。夏場は人間と同じように、植物も夏バテしてしまうからです。そのために花が咲いたら早く切るということ、水やりは1日の2回タップリとあげることが必要です。葉は太陽の光によく当てるとともに、ダニがつかないように、薬剤を散布することが必要です。もっと元気にしたいと思って肥料をあげたくなりますが、夏場は負担になるのでもっと涼しい時期になったら肥料を与えることが必要です。夏場の管理は、とても重要なので植物をよく観察しておく必要があります。
園芸植物 , バラ , 育て方
気軽に始められる園芸植物セダムの育て方
多肉植物 セダムの育て方・日常管理 かわいらしい葉の形が人気の多肉植物。多肉植物の仲間セダムは強健で繁殖力が旺盛な園芸植物です。育て方は非常に簡単なので初心者の方も気軽にチャレンジしてみましょう。鮮やかなグリーンが映えるので寄せ植えのすき間に使うこともできます。切れた茎を土に差しておくだけで根付いて繁殖するので増やすことも簡単です。葉に水分を貯めこむことができるのが特徴の多肉植物は多湿を嫌いますので水は控えめに、地植えにするときには軒下など、雨に当たらない場所で育てると良いでしょう。水はけがよく、日当たりと風通しのよい場所で育てるのが最適です。
園芸植物 , セダム , 育て方