園芸植物の水耕栽培での育て方と注意点:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
園芸植物の水耕栽培での育て方と注意点
動画コメント
多肉植物の植え付け ハイドロカルチャー(水耕栽培)編 園芸植物の水耕栽培の育て方ですが、用土は「サイフォン」を使います。「サイフォン」は、根腐れ防止剤を利用しなくても大丈夫です。容器は、カラスや陶器の底に穴のあいていない深めのものを用意してください。そこに「サイフォン」を入れていきます。容器の3分の1ぐらい入れたところで、植え付ける園芸植物をいれます。この時、植物の根の周りについているハイドロカルチャーは優しく丁寧に取り除いて下さい。あとは、植え付ける植物を容器に入れて「サイフォン」を周りに入れていき、安定させます。根元が隠れるぐらいまで入ったら、「サイフォン」のところどころを割り箸などで刺して隙間を少なくして根元を固め、「サイフォン」を根元まで足します。多肉植物でもお水やりの管理がきちんとできたら、育てることは可能ですのでお試しください。「サイフォン」には、肥料成分が含まれていませんので液状の活力剤やハイドロ用の肥料をお水やりのときに補って下さい。葉の色艶や「ふ」のある物はきれいに「ふ」が入ります。植え終わったら、お水をたっぷり回しかけてあげましょう。お水やりの目安は「サイフォン」が白く乾いてからで充分です。
動画キーワード
園芸植物 , 水耕栽培 , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

観葉植物であるゴムの木の育て方について
ゴムの木 類 の育て方・日常管理 ゴムの木は比較的、育てやすい観葉植物です。特徴として、背が高くなる性質があります。育て方ですが、日光を好みますので出来るだけ日が当たる場所に置いて下さい。日が当たらないと葉っぱが落ちてくることがあります。もし、どうしても暗いところに置きたい場合は、そのままにして置いて下さい。始めは葉が落ちてしまいますが、そのうちに葉っぱがそれに慣れ、順応したものが生えてきます。また、注意点として、ほこりやカイガラムシなどが葉っぱにつきやすいということがあります。時々、水を葉っぱにかけてやるか、濡れた布などで綺麗に拭き取ってあげましょう。
観葉植物 , ゴムの木 , 育て方
観葉植物の育て方について-矢車草-
矢車草を、早く、きれいに、栽培する方法!無農薬・無化学肥料 矢車草は、ふわふわした小さな花が群生する様に特徴があります。どの色も美しいですが、白いものだとまるで淡雪のようです。 大きな葉を持ち日蔭を好む多年草の観葉植物なので、海外ではシェードガーデンでよく見られます。 乾燥を嫌う植物で、夏場は乾き過ぎないよう特に注意が必要とされます。 育て方としては、苗植えの適期が9月下旬から10月上旬と短かく、肥料についてはやり過ぎると肥料焼けしてしまうことがあるため、化学肥料を使わずに栽培する方法があります。 枯れた花は茎の部分から取り去ってしまうことで、病気や害虫を防ぎます。
観葉植物 , 矢車草 , 育て方
園芸植物トマトの育て方おすすめ動画
トマトの育て方 苗選び~土準備編 野菜豊作ver. 夏の園芸植物として定番のトマト、その育て方は決して難しいものではありません。しかし、初心者の場合は、良い苗のポイントや実生苗(みしょうなえ)・接木苗(つぎきなえ)の違い、鉢やプランターの選び方、土作りなど、何から始めたら良いのかわかりません。 そのような場合におすすめしたいのがこちらの動画です。TVでも活躍されている方の、栽培についての詳しい解説動画です。ゆっくりと丁寧な説明なので、初めて栽培にチャレンジする人でもとても理解しやすいです。おすすめの培養土や元肥の紹介もされているので、興味のある人はぜひ利用してみて下さい。
園芸植物 , トマト , 育て方
被子植物の繁殖のさせ方と育て方と植物動画
被子植物を増やすための方法には栄養繁殖という方法があります。この方法では、種子からではなく、根や茎や葉から植物を繁殖させるので、クローンのように、親株と同じ遺伝的な特徴を持った株を増やすことが可能になります。 栄養繁殖での育て方には、挿し木や接ぎ木、取り木、分球、株分け、葉挿し等の方法があります。 サボテンなどの多肉植物では、葉挿しがよく行われます。 葉挿しは、乾燥気味の状態の時に、取りやすくなるので、そろっと葉を付け根近くからとります。 植物用の乾いた土の上に1枚ずつ仰向けの状態にして寝かせて置きます。根が出て来るまで、水は与えなくて大丈夫です。根が出てきたら日当たりのよい所で水を与えてあげます。
被子植物 , 動画 , 育て方
観葉植物の日常管理と育て方について
観葉植物の育て方・日常管理 水やり 観葉植物を育てるにおいて、忘れてはいけないことが水遣りです。日常管理としてとても大事なポイントですが、もし水くれを忘れてしまってカラカラにしてしまったというときは、上からゆっくりと与えたとしても水が鉢全体に行き届いていないことがあります。そんなからからな状態になってしまったら一度鉢ごと水を張った状態のバケツにつけることが必要です。しっかりと入れることで土の中に十部に水が入っていくのです。育て方の中で水を枯らさないということも大事ですが、冬場に水を与えすぎないことも大切です。水の管理はとても難しいですが、なんとか管理していきたいものです。
観葉植物 , 日常管理 , 育て方
テラリウムに使う園芸植物の育て方を紹介
テラリウムを作って栽培上手になろう テラリウムとは日常の空間に小さな園芸植物を取り入れる、自然と日常の共存をテーマとした園芸形態です。小さな瓶や、ペットボトル等のようなものを植木鉢代わりに育てることが多いので広い空間を必要としないのが特徴です。また、小さいためテーブルの上や、窓際に置いたり、天井から吊るしたりできるので、インテリアとしても最適なものです。 今回はそのような日常に癒しをもたらす園芸植物の育て方を、どこのご家庭にでもあるようなものを使って作る方法をご紹介します。 この動画を観て、皆さんもぜひ取り組んでみてください。確実にはまりますよ!
園芸植物 , テラリウム , 育て方