植物栽培の達人による園芸植物の育て方:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
植物栽培の達人による園芸植物の育て方
動画コメント
大阪・植物栽培の達人 上杉元重さん「栽培係は担任教師」 THE PAGE大阪 この動画では、植物栽培の達人による園芸植物の育て方を紹介しています。咲くやこの花館に展示するための植物を育てる様子が主な内容で、花や樹木など、原種から園芸種まで多くの植物があります。見ごろになるまで本館とは別の温室で栽培しており、一度に多数の植物を世話する様子や、サボテンの水の管理などに関する話などもあります。趣味などで園芸を行うときの参考にもなる動画です。また、普段はなかなか見られない植物園の裏側を見てみたいという方にもおすすめです。短い時間にわかりやすく納められているので、忙しい方でも気軽に見られます。
動画キーワード
園芸植物 , 植物栽培 , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

冬場の室内での観葉植物の育て方をチェック
冬場の観葉植物の育て方・日常管理 室内編 冬場に観葉植物を室内で育てたいと思った時に、どういった点に気を付けおくと良いのか、というのがよくわかります。 育て方のポイントとなるのは部屋の中に取り込むタイミングですが、そういったことや害虫の駆除の仕方、水の量に関することなど、大事なことがまとめられていてよくわかるようになっています。 丁寧なしゃべり口調で話をききやすいですし、2分弱の短い動画ですから時間がない時であっても、気軽にチェックすることができてとても便利です。 観葉植物を元気に育てていきたいと思う人は押さえておくと役に立って良いでしょう。
観葉植物 , 室内 , 育て方
土ブロックを使用した観葉植物の育て方
トマトを育てよう 水でふくらむ「土ブロック」篇 その2  観葉植物を育てる際は、土ブロックの土を使用してみましょう。水を加えたら、大きく膨らんでくれるので、土を沢山購入したい時には便利です。 では、土の使用法です。 大きな容器の中に土のブロックを入れ、水を注ぎます。水は、1ブロックに対して3L程、回し入れます。 そのままでも、水を吸収しますが、ほぐしながら吸わせると、速く吸収します。すると、1ブロックの土は8Lぐらいに膨らみます。 この土での植物の育て方です。植物を大きく育てるためには、膨らんだ土の中に苦土石灰を混ぜます。1ブロックの土に対して苦土石灰は一握り程度混ぜます。よくかき混ぜたら3~4日そのままにします。それから基肥を同じく一握り加えてよくかき混ぜて、植物を植えます。すると、育ちがよくなります。
観葉植物 , 土ブロック , 育て方
園芸植物「日々草」を長く楽しむ育て方
日々草の育て方・日常管理のポイント 日々草は、園芸初心者にも比較的育てやすい園芸植物で、日向を好みます。 開花時期は6月の初夏から9月の秋まで、その名前があらわす通り毎日花が咲きます。そのため適度に肥料が必要になってきます。 花がこぼれるように咲いた姿はとても可愛らしく美しいです。 基本的には強い植物ですが、ウドンコ病やアブラムシ、ハダニなどに注意が必要です。 花が病気にならないように注意するべきことや育て方、花株を大きくしたい場合のお手入れ方法や、長い期間、次々に花をつけさせるためのワンポイントアドバイスなどを分かりやすく紹介しています。
園芸植物 , 日々草 , 育て方
園芸植物で甘い実をつけるブルーベリーの育て方
ブルーベリーの育て方・日常管理 植え付けのポイント 園芸植物の苗は、そのままにしていると根がパンパンに張ってしまい大きく育ちません。そのためなるべく早めに庭やプランターなどへの植え替えをした方が育ちやすくなります。その際には必ず専用の土を使うようにしましょう。 植え替えをしたのになかなか大きくならなくて育て方が難しいと感じてしまう人もいますが、その際は植えている場所を再確認してみましょう。周りにブロック塀などのコンクリートが近くにないでしょうか。コンクリートはアルカリ性を含んでいるため、雨でそのアルカリが土壌に溶け込んできます。ブルーベリーは酸性土壌を好む性質を持つため、アルカリ性のものの近くには植えないよう注意が必要です。
園芸植物 , ブルーベリー , 育て方
動画で見る被子植物の育て方について
この動画に写っている植物は一般的に多肉植物と呼ばれていますが、れっきとした被子植物の一種です。その育て方も普通の被子植物となんら変わらないのです。ちゃんと花を咲かせますし、花の中心にはめしべが、回りを取り囲むようにおしべがあります。また昆虫の力を借りて受粉をおこない、胚珠が種子になり、子房が小さな実になるからです。映像の中にも実を付けているもの、花を咲かせているものが紹介されています。花も一本の茎に1輪つけるもの、いくつか咲くものなどさまざまです。また花のつき方も中心部に咲くもの、周りを取り囲むように咲くものなどがあります。
被子植物 , 動画 , 育て方
観葉植物であるゴムの木の育て方について
ゴムの木 類 の育て方・日常管理 ゴムの木は比較的、育てやすい観葉植物です。特徴として、背が高くなる性質があります。育て方ですが、日光を好みますので出来るだけ日が当たる場所に置いて下さい。日が当たらないと葉っぱが落ちてくることがあります。もし、どうしても暗いところに置きたい場合は、そのままにして置いて下さい。始めは葉が落ちてしまいますが、そのうちに葉っぱがそれに慣れ、順応したものが生えてきます。また、注意点として、ほこりやカイガラムシなどが葉っぱにつきやすいということがあります。時々、水を葉っぱにかけてやるか、濡れた布などで綺麗に拭き取ってあげましょう。
観葉植物 , ゴムの木 , 育て方