観葉植物の代名詞、オリヅルランの育て方:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
観葉植物の代名詞、オリヅルランの育て方
動画コメント
ヘゴ板30cm×20cm[着生ラン・シダの栽培に] 最近人気の高い観葉植物。数多くの種類が存在しますが、その中でもポピュラーなものの一つがオリヅルランです。これは細長い葉の中心が白くなっていてコントラストが美しい植物です。他の植物との相性も良く、寄せ植えなどの際には重宝されています。この種類のものは、日陰や寒さに強いものも多く、非常に丈夫で育て方も難しくないのがほとんどです。なるべく日の良く当たるところに置いてあげると、よく成長し更に丈夫な苗になっていきます。水やりも土が乾いてきたタイミングで水をたっぷりと揚げれば十分です。あまり水を上げすぎると根腐れを起こすので注意しましょう。
動画キーワード
観葉植物 , ラン , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

動画で考える被子植物の育て方
被子植物は種子がくるまれて子房の中におさまっている植物で一般には、朝顔やたんぽぽ、つつじ、エンドウ、ユリ、稲など花が咲いて種が自然に落ちるものをいいます。 そのため育て方としては、その植物に適した水やりをすることが大切です。 常に水を流しておく稲と違い、朝顔やユリなどは水が多すぎてはいけませんし、適した量や時間帯を調べておくと良いです。 被子植物はきれいな花を咲かせた後に、自然と種を落としてくれるので一度育ててしまえば花が枯れた後、周辺に種が落ちているので鉢植えの場合は発芽させ、庭の場合は水やりをしておけば元気に育ってくれます。
被子植物 , 動画 , 育て方
虫を食べちゃう園芸植物、食虫植物の育て方
食虫植物の育て方・日常管理 種類 と 特徴 食虫植物は虫を食べて成長する園芸植物で、いろいろな種類や育て方の特徴があります。この種類の園芸植物は大きく分けると、わな式、落とし穴式、ねばり式の三つに分けられます。わな式の代表はハエトリソウ。虫を挟んで捕まえる仕組みになった葉が特徴です。落とし穴式の代表はうつぼかずら。ツボのような植物で、なかに水が入っています。ここに落ちた虫は消化されてしまうという仕組みです。ねばり式のムシトリスミレやモウセンゴケ。べたべたした葉に虫がつかまって消化されてしまう仕組みです。いずれも虫を食べるので、肥料をやる必要はありません。
園芸植物 , 食虫植物 , 育て方
白雪姫と呼ばれる園芸植物、ユーフオルビアの育て方
ユーフオルビア (白雪姫)の育て方・日常管理 ユーフオルビアは別名白雪姫「スノープリンセス」ともよばれる白くて美しい園芸植物です。クリスマスで同じ胃のポインセチアなどと同じ仲間です。白い花のような部分は「ほう」とよばれるもので、本当の花はその中に小さくあります。育て方のポイントは、よく日に当てること。しかし、戸外で冬を越すことはできないので、日当たりのよい屋内で育てるようにしてください。春まで肥料はいりません。日光不足になると葉が黄色くなってきます。黄色くなった葉っぱは除去し、よく日に当てるようにしてください。この時、白い樹液が出てくるのですが、人によってはかぶれたりすることもあるので気を付けてください。
ユーフオルビア , 園芸植物 , 育て方
園芸植物の管理を動画で!パセリの簡単な育て方
パセリの育て方・日常管理 収穫 園芸植物の簡単な育て方を動画で紹介しています。家庭に一株あるとお料理にも使えて便利なパセリ。収穫のポイントは外側の葉から摘み取ることです。葉が混んできても、株分けは根を傷めてしまう原因になりますので避けましょう。収穫後に追肥をしてやると、新しい葉がぐんぐん育ち、いつまでも収穫が楽しめます。育て方のポイントは、鉢の置き場所です。手元に置きたくてついつい台所などの家の中に置いてしまいそうですが、それでは日照不足になってしまいます。冷たい風の当たらない日向において、太陽をいっぱいに浴びさせてやりましょう。
園芸植物 , パセリ , 育て方
観葉植物、フィカス アルテシマの育て方について
フィカス アルテシマの育て方と仕立て直し 観葉植物のフィカス アルテシマの育て方は、日陰より日向に置いて育てることが重要です。 日陰の暗い場所に置いてしまうと、葉と葉の間が間延びしてしまい、葉が少なく、貧弱な状態に育ってしまいます。 水も通常通りあげても、根腐れしやすく、枯れやすくなってしまいます。 見た目的にもあまり良くないため、なるべく日向の明るいところに置いてあげるようにしましょう。 真冬以外であれば、ベランダなどの室外に置いても枯れることはありません。 万が一、間延びしてしまった場合は、剪定を行い、長く伸びてしまった部分を切ります。 新芽が出てくる節間を残すように切ることが大切です。
観葉植物 , 育て方 , フィカス アルテシマ
動画なら被子植物以外の育て方や特徴もわかる
人間や動物の食物として、その大部分を占めるのが植物になります。そして食用になる植物の大部分は被子植物というグループに属します。被子植物は種子によって繁殖しますが、成長して種子になる部分である胚珠が心皮に包まれ、子房の中に収まっている種類のことを指します。 その他に食用になる特殊なものでは、菌類に分類されるキノコがあります。キノコは種類が豊富で、日本の椎茸や中華料理に使われるきくらげなどは馴染み深いものです。ただそれらの育て方は、被子植物に比べると知られていないのも事実です。きくらげの特徴を説明した動画を見ると、育て方もよくわかります。
被子植物 , 動画 , 育て方