ハイドロカルチャーで簡単!観葉植物の育て方:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
ハイドロカルチャーで簡単!観葉植物の育て方
動画コメント
ハイドロカルチャーで観葉植物を育てる方法【コメリHowtoなび】 ハイドロカルチャーとは、発泡煉石を植え込み材に、鉢底に少しだけ水を溜めてお礫耕栽培する方法です。土も使わないので手も汚れず、臭いも無いので、室内での栽培にピッタリな栽培方法です。育て方は観葉植物をハイドロ カルチャーに植えて水を上げるだけと簡単なもの。ただし、水を上げすぎると根腐れの原因になってしまうので注意が必要です。毎日水やりの必要がないので、忙しい人向きの栽培方法と言えるでしょう。いろんな種類の慣用諸君物がこの方法で栽培できて、ガラスの容器に入れると涼しげで毎日の生活に彩りを与えてくれます。
動画キーワード
観葉植物 , ハイドロカルチャー , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

気軽に始められる園芸植物セダムの育て方
多肉植物 セダムの育て方・日常管理 かわいらしい葉の形が人気の多肉植物。多肉植物の仲間セダムは強健で繁殖力が旺盛な園芸植物です。育て方は非常に簡単なので初心者の方も気軽にチャレンジしてみましょう。鮮やかなグリーンが映えるので寄せ植えのすき間に使うこともできます。切れた茎を土に差しておくだけで根付いて繁殖するので増やすことも簡単です。葉に水分を貯めこむことができるのが特徴の多肉植物は多湿を嫌いますので水は控えめに、地植えにするときには軒下など、雨に当たらない場所で育てると良いでしょう。水はけがよく、日当たりと風通しのよい場所で育てるのが最適です。
園芸植物 , セダム , 育て方
園芸植物で人気のトマトの育て方
トマトの育て方 日常管理編 夏野菜として欠かせない美味しいトマトをたくさん収穫するには、土や水、肥料だけでは十分とは言えません。園芸植物は収穫を目的としているので、葉や枝をこまめに手入れする必要があります。育て方は比較的簡単な野菜ですが、いくつかのポイントを覚えておくことで、味の濃い肉厚な果菜になります。 初心者や園芸植物から遠のいてしまっている人でも、わかりやすい解説と実演でレクチャーしているのがこちらの動画です。脇芽の取り方や主枝の誘引方法が、ゆっくりとした口調で丁寧に解説されています。実際に見本も見せているので、とてもわかりやすくおすすめです。
園芸植物 , トマト , 育て方
観葉植物のトウガラシの育て方について
カインズ観葉植物図鑑 トウガラシの育て方 観葉植物の中でトウガラシは食用にもなるので、かなり人気になっています。その育て方ですがいくつかのコツがあります。まずは、根の張り方が浅くひろがっていくので、水枯れをしないように注意が必要です。とくに夏場はたっぷりとあげることが必要ですが、頻繁にあげすぎると根が張らないので適量を心がけることが必要です。 植える土ですが赤玉と腐葉土の割合を6:4にしてあげるとよく育っていきます。よく育ってきたら追肥をするといいでしょう。さらに、連作障害を起こすので、翌年は別の場所で育てるかプランターの場合はすべて土を変えるといいでしょう。
観葉植物 , トウガラシ , 育て方
動画で考える被子植物の育て方
被子植物は種子がくるまれて子房の中におさまっている植物で一般には、朝顔やたんぽぽ、つつじ、エンドウ、ユリ、稲など花が咲いて種が自然に落ちるものをいいます。 そのため育て方としては、その植物に適した水やりをすることが大切です。 常に水を流しておく稲と違い、朝顔やユリなどは水が多すぎてはいけませんし、適した量や時間帯を調べておくと良いです。 被子植物はきれいな花を咲かせた後に、自然と種を落としてくれるので一度育ててしまえば花が枯れた後、周辺に種が落ちているので鉢植えの場合は発芽させ、庭の場合は水やりをしておけば元気に育ってくれます。
被子植物 , 動画 , 育て方
土ブロックを使用した観葉植物の育て方
トマトを育てよう 水でふくらむ「土ブロック」篇 その2  観葉植物を育てる際は、土ブロックの土を使用してみましょう。水を加えたら、大きく膨らんでくれるので、土を沢山購入したい時には便利です。 では、土の使用法です。 大きな容器の中に土のブロックを入れ、水を注ぎます。水は、1ブロックに対して3L程、回し入れます。 そのままでも、水を吸収しますが、ほぐしながら吸わせると、速く吸収します。すると、1ブロックの土は8Lぐらいに膨らみます。 この土での植物の育て方です。植物を大きく育てるためには、膨らんだ土の中に苦土石灰を混ぜます。1ブロックの土に対して苦土石灰は一握り程度混ぜます。よくかき混ぜたら3~4日そのままにします。それから基肥を同じく一握り加えてよくかき混ぜて、植物を植えます。すると、育ちがよくなります。
観葉植物 , 土ブロック , 育て方
育て方が難しい被子植物の動画
被子植物というのは、現代人が最も目にしている植物です。 成長すると花をつけるという特徴があります。 種子が子房に守られた状態で成長していくので、被子植物という名前で呼ばれています。 およそ400科も存在し、種類はおよそ25万種類から30万種類にもなると言われています。 こうした数字からもわかるように、今日において最も繁栄している植物と言えるでしょう。 ただし、胚が守られているので繁殖させることは少し難しいです。 そのため、育てるという場合はインターネットなどの情報を参考にして、育て方を探してみると良いです。
被子植物 , 動画 , 育て方