観葉植物育て方で大切な植え替えは5月から9月:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
観葉植物育て方で大切な植え替えは5月から9月
動画コメント
9月花宿・郡山園芸センターの観葉植物コーナー 観葉植物の育て方で重要なのは、植え替えは適した時期に行うということです。一番適した時期として、5月中旬から9月中旬までで、それ以外の時期に植え替えを行うと、観葉植物は弱ってしまい、最悪枯れてしまうこともあります。種類によっても時期が若干異なりますが、基本的にこの時期内で植え替えをすれば差支えません。但し、真夏の植え替えは、種類によっては暑さが苦手なものもあり、暑さが苦手な観葉植物は、真夏は根があまり活動していないものもあるため、暑さが苦手なものの場合には、夏は避けて秋に植え替えを行うことが大切です。
動画キーワード
観葉植物 , 9月 , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

根腐れをしている観葉植物の育て方について
根腐れを仕掛けている観葉植物の対処方法 植え替え編 観葉植物も水をあげすぎてしまうと、根腐れを起こしてしまうことがあります。腐ってしまった観葉植物のような育て方については、まずは植え替えをしなくてはなりません。植え替えをすると根がふにゃふにゃになっていたり悪臭がしてくるので、まずは悪い根を切り取ることが必要です。そのうえで、新しい赤玉を中心とした新鮮な土に植え替えることが必要です。できれば植え替えるときは真冬ではなく、春先にしたほうがいいです。冬に腐ってしまう場合は、育つ可能性は低くなってしまいます。冬場の水遣りは控えることが大事になってきます。
観葉植物 , 根腐れ , 育て方
被子植物の育て方に関する動画
種子は中に次の植物を生み出す胚と呼ばれる物質があります。 しかし、胚を生み出すためには生物のように卵が受精する必要があるのです。 一般的に卵が受精するという流れを耳にすると動物に限定して生じる現象と考えられることが多いのですが、実は植物においても同一のことが行われています。 実は被子植物は、胚珠がむき出しになっているという形状でした。 そのため、被子植物に比べて被子植物は傷つきやすいという欠点があるのです。 こうした点から通常の植物よりも育て方が難しいと言われています。 しっかりと情報を集めて育てるようにしましょう。
被子植物 , 動画 , 育て方
観葉植物としてのサツマイモの育て方
サツマイモ(sweet potato)を観葉植物に育てました。 焼き芋やスイートポテトなどでスイーツの材料としておなじみのサツマイモ。食用として有名ですが、観葉植物に適しているのは知っていましたか?今回は、育て方について紹介します。 成長が早く、弱い光でも十分に育つので、室内でも育てることができます。コップやペットボトルを切り開いた容器に水を入れ、そこにさつま芋を入れておくだけで、2、3日すると芽が出てきます。一か月もすると、茎が伸び、葉が茂ってくるので、立派な観葉植物となるのです。他の観葉植物とは違い、肥料や土などもいらないので、初心者の方は試してみてはいかがでしょうか?
観葉植物 , サツマイモ , 育て方
裸子植物の育て方の前に、電子顕微鏡の動画を
裸子植物とは、子房をもたず、胚珠が裸出している植物群のことを指しますが、ヒノキやまつ、スギなどたくさんの種類があります。育て方に興味を持っておられる方は、その前にまず裸子植物の断面を電子顕微鏡で撮影した動画をご覧ください。クリスマスツリーによく使用される「もみの木」の断層画面ですが、その美しさと精巧な細胞の作りにきっと驚かれることでしょう。裸子植物を遠くから見たときの姿とはまるで違う美しさです。中央の部分から外側に向けて何層にもなっていて、緻密に細胞が並んでいるのがわかります。神秘さを感じます。
裸子植物 , 動画 , 育て方
園芸植物トマトの育て方おすすめ動画
トマトの育て方 苗選び~土準備編 野菜豊作ver. 夏の園芸植物として定番のトマト、その育て方は決して難しいものではありません。しかし、初心者の場合は、良い苗のポイントや実生苗(みしょうなえ)・接木苗(つぎきなえ)の違い、鉢やプランターの選び方、土作りなど、何から始めたら良いのかわかりません。 そのような場合におすすめしたいのがこちらの動画です。TVでも活躍されている方の、栽培についての詳しい解説動画です。ゆっくりと丁寧な説明なので、初めて栽培にチャレンジする人でもとても理解しやすいです。おすすめの培養土や元肥の紹介もされているので、興味のある人はぜひ利用してみて下さい。
園芸植物 , トマト , 育て方
夏に人気の園芸植物、アンスリウムの育て方
アンスリウムの育て方・日常管理 今までアンスリウムは赤色の花のようなものが特徴の園芸植物でしたが、最近ではピンクや白など様々な色のものが出ているため、室内用植物として人気があります。 赤やピンクなど色づいていた部分は実は花ではなく葉の一種であり、本来の花は中央の突起物の部分となります。そのため日に当たれば緑色に変色してしまいます。そのため外ではなく室内で育てるのが好ましいとされています。また時間が経っても緑色になってしまうため、そのときはハサミで切ってあげましょう。そして土が乾いたらしっかり水をあげること。その2つが最低限の育て方です。 花をつける植物のため、観葉植物用の肥料というよりは草花用の肥料をあげると、どんどん鮮やかな色の葉をつけてくれます。
園芸植物 , アンスリウム , 育て方