観葉植物育て方で大切な植え替えは5月から9月:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
観葉植物育て方で大切な植え替えは5月から9月
動画コメント
9月花宿・郡山園芸センターの観葉植物コーナー 観葉植物の育て方で重要なのは、植え替えは適した時期に行うということです。一番適した時期として、5月中旬から9月中旬までで、それ以外の時期に植え替えを行うと、観葉植物は弱ってしまい、最悪枯れてしまうこともあります。種類によっても時期が若干異なりますが、基本的にこの時期内で植え替えをすれば差支えません。但し、真夏の植え替えは、種類によっては暑さが苦手なものもあり、暑さが苦手な観葉植物は、真夏は根があまり活動していないものもあるため、暑さが苦手なものの場合には、夏は避けて秋に植え替えを行うことが大切です。
動画キーワード
観葉植物 , 9月 , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

気軽に始められる園芸植物セダムの育て方
多肉植物 セダムの育て方・日常管理 かわいらしい葉の形が人気の多肉植物。多肉植物の仲間セダムは強健で繁殖力が旺盛な園芸植物です。育て方は非常に簡単なので初心者の方も気軽にチャレンジしてみましょう。鮮やかなグリーンが映えるので寄せ植えのすき間に使うこともできます。切れた茎を土に差しておくだけで根付いて繁殖するので増やすことも簡単です。葉に水分を貯めこむことができるのが特徴の多肉植物は多湿を嫌いますので水は控えめに、地植えにするときには軒下など、雨に当たらない場所で育てると良いでしょう。水はけがよく、日当たりと風通しのよい場所で育てるのが最適です。
園芸植物 , セダム , 育て方
観葉植物であるゴムの木の育て方について
ゴムの木 類 の育て方・日常管理 ゴムの木は比較的、育てやすい観葉植物です。特徴として、背が高くなる性質があります。育て方ですが、日光を好みますので出来るだけ日が当たる場所に置いて下さい。日が当たらないと葉っぱが落ちてくることがあります。もし、どうしても暗いところに置きたい場合は、そのままにして置いて下さい。始めは葉が落ちてしまいますが、そのうちに葉っぱがそれに慣れ、順応したものが生えてきます。また、注意点として、ほこりやカイガラムシなどが葉っぱにつきやすいということがあります。時々、水を葉っぱにかけてやるか、濡れた布などで綺麗に拭き取ってあげましょう。
観葉植物 , ゴムの木 , 育て方
観葉植物のトウガラシの育て方について
カインズ観葉植物図鑑 トウガラシの育て方 観葉植物の中でトウガラシは食用にもなるので、かなり人気になっています。その育て方ですがいくつかのコツがあります。まずは、根の張り方が浅くひろがっていくので、水枯れをしないように注意が必要です。とくに夏場はたっぷりとあげることが必要ですが、頻繁にあげすぎると根が張らないので適量を心がけることが必要です。 植える土ですが赤玉と腐葉土の割合を6:4にしてあげるとよく育っていきます。よく育ってきたら追肥をするといいでしょう。さらに、連作障害を起こすので、翌年は別の場所で育てるかプランターの場合はすべて土を変えるといいでしょう。
観葉植物 , トウガラシ , 育て方
わかりやすい裸子植物の育て方の動画
一般的なイメージとして難しいと思われることが多い植物の育て方。その中でも裸子植物というのはのちに種子となる胚珠はあるものの、被子植物とは違い子房、のちに果実となる部分がありません。そしてこの植物の育て方の要点をとらえて紹介しているのがこの動画です。裸子植物は食べるために栽培をしていたのなら一般的に種子、もともと胚珠の部分を食べるか、その茎や葉っぱを食べることになります。このムービーは必要な点をかなり含んでいて、とてもわかりやすいです。これをきっかけにムービーを参考にして裸子植物を育てれば他の方のかなり先にいけます。
裸子植物 , 動画 , 育て方
甘い実をつける園芸植物、ブルーベリーの育て方
ブルーベリーの育て方・日常管理 肥料管理 園芸植物として売られている状態では、すぐに根が張ってパンパンになってしまいます。そのため、なるべく早く庭や大きな鉢に植え変えてあげてから育てた方が大きな実をつけてくれます。その際には必ず専用の土を使うようにしましょう。庭に植える場合は元からある土に少し混ぜてあげるだけで大丈夫です。育て方は難しくない植物ですが、ブルーベリーは酸性土壌じゃないと上手く育ちません。アルカリ性を出すコンクリートの近くに植えてしまうと、雨などでアルカリ性が溶け出し、アルカリ性土壌となってしまうため、周りにブロック塀などがないところを選んであげることが大切です。
園芸植物 , ブルーベリー , 育て方
土ブロックを使用した観葉植物の育て方
トマトを育てよう 水でふくらむ「土ブロック」篇 その2  観葉植物を育てる際は、土ブロックの土を使用してみましょう。水を加えたら、大きく膨らんでくれるので、土を沢山購入したい時には便利です。 では、土の使用法です。 大きな容器の中に土のブロックを入れ、水を注ぎます。水は、1ブロックに対して3L程、回し入れます。 そのままでも、水を吸収しますが、ほぐしながら吸わせると、速く吸収します。すると、1ブロックの土は8Lぐらいに膨らみます。 この土での植物の育て方です。植物を大きく育てるためには、膨らんだ土の中に苦土石灰を混ぜます。1ブロックの土に対して苦土石灰は一握り程度混ぜます。よくかき混ぜたら3~4日そのままにします。それから基肥を同じく一握り加えてよくかき混ぜて、植物を植えます。すると、育ちがよくなります。
観葉植物 , 土ブロック , 育て方