観葉植物育て方で大切な植え替えは5月から9月:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
観葉植物育て方で大切な植え替えは5月から9月
動画コメント
9月花宿・郡山園芸センターの観葉植物コーナー 観葉植物の育て方で重要なのは、植え替えは適した時期に行うということです。一番適した時期として、5月中旬から9月中旬までで、それ以外の時期に植え替えを行うと、観葉植物は弱ってしまい、最悪枯れてしまうこともあります。種類によっても時期が若干異なりますが、基本的にこの時期内で植え替えをすれば差支えません。但し、真夏の植え替えは、種類によっては暑さが苦手なものもあり、暑さが苦手な観葉植物は、真夏は根があまり活動していないものもあるため、暑さが苦手なものの場合には、夏は避けて秋に植え替えを行うことが大切です。
動画キーワード
観葉植物 , 9月 , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

観葉植物 アイビーの育て方について
アイビーの育て方・日常管理 種類 アイビーにはいろいろな種類があります。葉っぱが緑色のものや、白い模様が入ったもの、また形もハート型をしたものから、星型のようなものまで様々です。いろんな形をコレクションしている人もいるほど、人気の観葉植物です。育て方はそれほど難しくはありません。日光が好きなので、出来れば日が当る場所で育てましょう。しかし、暗いところでも耐久性がありますので、室内でも育てることも十分可能です。水は土が乾いたら上げる程度です。肥料は1~2ヶ月に一度を目安にあげましょう。気をつけなければならない病害虫もありません。壁などに這わせて育てるのに適しています。
観葉植物 , アイビー , 育て方
観葉植物のトウガラシの育て方について
カインズ観葉植物図鑑 トウガラシの育て方 観葉植物の中でトウガラシは食用にもなるので、かなり人気になっています。その育て方ですがいくつかのコツがあります。まずは、根の張り方が浅くひろがっていくので、水枯れをしないように注意が必要です。とくに夏場はたっぷりとあげることが必要ですが、頻繁にあげすぎると根が張らないので適量を心がけることが必要です。 植える土ですが赤玉と腐葉土の割合を6:4にしてあげるとよく育っていきます。よく育ってきたら追肥をするといいでしょう。さらに、連作障害を起こすので、翌年は別の場所で育てるかプランターの場合はすべて土を変えるといいでしょう。
観葉植物 , トウガラシ , 育て方
園芸植物にも使える蓮の育て方
念願の開花!とうとう 蓮が種から栽培で開花しました!杜若園芸 蓮を育てるにはまず、種を購入する必要があり、ホームセンターや園芸店、現地に行って在庫がなければ通販やオークションなどインターネットの園芸植物のカテゴリーを閲覧していただければ購入していただくことが可能です。購入後はまず水を吸わせるために種を削ります。下準備が終わったらいよいよ栽培に入っていくわけですが、育て方としては用土の入った鉢に種を植え、水につけます。種を植える時期としては主に4月~5月といった春中旬が望ましいです。水が命の植物ですので毎日水をやることが大切です。3か月もすると立派に開花します。
園芸植物 , 育て方 , 蓮
被子植物の育て方に関する動画
種子は中に次の植物を生み出す胚と呼ばれる物質があります。 しかし、胚を生み出すためには生物のように卵が受精する必要があるのです。 一般的に卵が受精するという流れを耳にすると動物に限定して生じる現象と考えられることが多いのですが、実は植物においても同一のことが行われています。 実は被子植物は、胚珠がむき出しになっているという形状でした。 そのため、被子植物に比べて被子植物は傷つきやすいという欠点があるのです。 こうした点から通常の植物よりも育て方が難しいと言われています。 しっかりと情報を集めて育てるようにしましょう。
被子植物 , 動画 , 育て方
甘い実をつける園芸植物、ブルーベリーの育て方
ブルーベリーの育て方・日常管理 肥料管理 園芸植物として売られている状態では、すぐに根が張ってパンパンになってしまいます。そのため、なるべく早く庭や大きな鉢に植え変えてあげてから育てた方が大きな実をつけてくれます。その際には必ず専用の土を使うようにしましょう。庭に植える場合は元からある土に少し混ぜてあげるだけで大丈夫です。育て方は難しくない植物ですが、ブルーベリーは酸性土壌じゃないと上手く育ちません。アルカリ性を出すコンクリートの近くに植えてしまうと、雨などでアルカリ性が溶け出し、アルカリ性土壌となってしまうため、周りにブロック塀などがないところを選んであげることが大切です。
園芸植物 , ブルーベリー , 育て方
動画中の文字で知る被子植物の種の育て方
この動画には被子植物が、種になるには花の中でどのようなことがおこなわれているのかを、詳しく書かれています。その受粉の中心であるめしべの構造やその役割、おしべの構造と役割を細かく説明してあります。めしべは子房、柱頭、花柱の三種類で、子房の中心にある大胞子母細胞が細胞分裂により、最終的に胚嚢を含んだ細胞になること、おしべの花粉も花粉母細胞があり、それが細胞分裂により、受粉に必要な生殖細胞や管細胞を含んだ構造になっています。このように種子植物の種の育て方には、おしべ、めしべの中にある細胞の細胞分裂が大きくかかわっています。
被子植物 , 動画 , 育て方