被子植物の育て方-ブラシノキの紹介:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
被子植物の育て方-ブラシノキの紹介
動画コメント
ブラシの木 被子植物の特徴と育て方についての動画です。観賞用として栽培されているカリステモンの花の様子が収められています。カリステモンオーストラリア原産の常緑樹で初夏(5~6月頃)に開花します。掃除用具のブラシのように見える長いものは花糸です。この動画には赤色の花糸の個体が収められていますが、白の花糸をもつ個体も存在します。枝を取り巻くように結実した果実の中に粉状の種子が入っていて普段は外に出ることがありませんが、原産地であるオーストラリアで時々発生する森林火災の時に実が割れて種子が外部に放出することで繁殖が行われます。森林火災が起こると繁殖が行われる珍しい植物です。
動画キーワード
被子植物 , ブラシ , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

被子植物の育て方に関する動画
種子は中に次の植物を生み出す胚と呼ばれる物質があります。 しかし、胚を生み出すためには生物のように卵が受精する必要があるのです。 一般的に卵が受精するという流れを耳にすると動物に限定して生じる現象と考えられることが多いのですが、実は植物においても同一のことが行われています。 実は被子植物は、胚珠がむき出しになっているという形状でした。 そのため、被子植物に比べて被子植物は傷つきやすいという欠点があるのです。 こうした点から通常の植物よりも育て方が難しいと言われています。 しっかりと情報を集めて育てるようにしましょう。
被子植物 , 動画 , 育て方
気軽に始められる園芸植物セダムの育て方
多肉植物 セダムの育て方・日常管理 かわいらしい葉の形が人気の多肉植物。多肉植物の仲間セダムは強健で繁殖力が旺盛な園芸植物です。育て方は非常に簡単なので初心者の方も気軽にチャレンジしてみましょう。鮮やかなグリーンが映えるので寄せ植えのすき間に使うこともできます。切れた茎を土に差しておくだけで根付いて繁殖するので増やすことも簡単です。葉に水分を貯めこむことができるのが特徴の多肉植物は多湿を嫌いますので水は控えめに、地植えにするときには軒下など、雨に当たらない場所で育てると良いでしょう。水はけがよく、日当たりと風通しのよい場所で育てるのが最適です。
園芸植物 , セダム , 育て方
動画なら被子植物以外の育て方や特徴もわかる
人間や動物の食物として、その大部分を占めるのが植物になります。そして食用になる植物の大部分は被子植物というグループに属します。被子植物は種子によって繁殖しますが、成長して種子になる部分である胚珠が心皮に包まれ、子房の中に収まっている種類のことを指します。 その他に食用になる特殊なものでは、菌類に分類されるキノコがあります。キノコは種類が豊富で、日本の椎茸や中華料理に使われるきくらげなどは馴染み深いものです。ただそれらの育て方は、被子植物に比べると知られていないのも事実です。きくらげの特徴を説明した動画を見ると、育て方もよくわかります。
被子植物 , 動画 , 育て方
観葉植物のコウモリランの育て方について
コウモリランの育て方・日常管理 観葉植物の中で、いまかなり人気になっているのがコウモリランです。独特の葉をもっているということと見た目の割に管理が簡単で初心者のかたにも育てられるのが人気です。育て方のポイントは、水遣りです。 葉は二種類あって、光合成をする葉と貯水葉があります。水をあげるときは貯水葉にたまるようにするといいです。とくに養分を含んだ水をあげるとより栄養を与えることができます。葉は痛み易いので水遣りの時は鉢の元からあげたほうがいいです。またこの植物の特徴として着生できるので、鉢で育てるのもいいですが樹木に着生させてみることもできます。
観葉植物 , コウモリラン , 育て方
園芸植物の管理を動画で!パセリの簡単な育て方
パセリの育て方・日常管理 収穫 園芸植物の簡単な育て方を動画で紹介しています。家庭に一株あるとお料理にも使えて便利なパセリ。収穫のポイントは外側の葉から摘み取ることです。葉が混んできても、株分けは根を傷めてしまう原因になりますので避けましょう。収穫後に追肥をしてやると、新しい葉がぐんぐん育ち、いつまでも収穫が楽しめます。育て方のポイントは、鉢の置き場所です。手元に置きたくてついつい台所などの家の中に置いてしまいそうですが、それでは日照不足になってしまいます。冷たい風の当たらない日向において、太陽をいっぱいに浴びさせてやりましょう。
園芸植物 , パセリ , 育て方
園芸植物である多肉植物の育て方とは
Vol.77 多肉植物の育て方 最近お花屋さん以外でも雑貨屋などで販売されるようになった多肉植物ですが、一般の園芸植物とは育て方が異なります。 花とは違いつぼみがついたり花が咲くなどの変化が見られないので水をあげるタイミングなどは、土を見て土が白っぽくなっていたら溢れるくらいに土に水をあげます。 2,3日に一回くらいは土を観察してください。 色を鮮やかに出したい時は直射日光に当てた方がいいものもあるので、溢れた水は捨てるようにしてください。 株を増やしたい時には葉をサボテン用、多肉用の培養土に指しておけば新しい芽が出てくるので、鉢に入れかえれば数を増やすことができます。
園芸植物 , 多肉植物 , 育て方