観葉植物としても使えるパイナップルの育て方:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
観葉植物としても使えるパイナップルの育て方
動画コメント
パイナップルを植えて3年 今年は実をつけるぞ~ 暑さに強いので4月から10月にかけては日当りの良い場所で育てます。その反面寒さには弱いので秋以降は室内に取り込んで育て、10度前後に保つのが良いでしょう。春から秋の間はたっぷりと水を与えるようにして、冬の間は多少乾かし気味にしておくのがベストです。肥料は購入後1ヶ月ぐらい経過してから与えましょう。また、水はけのよい酸性の土を好みます。実がつくまでに3年程かかり、実が黄色く熟し良い香りがしてきたら収穫期です。パイナップルの育て方はそれほど難しくなく、実が出来るまで楽しむことが出来るうえに観葉植物としての見た目も良いです。
動画キーワード
観葉植物 , パイナップル , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

観葉植物のコウモリランの育て方について
コウモリランの育て方・日常管理 観葉植物の中で、いまかなり人気になっているのがコウモリランです。独特の葉をもっているということと見た目の割に管理が簡単で初心者のかたにも育てられるのが人気です。育て方のポイントは、水遣りです。 葉は二種類あって、光合成をする葉と貯水葉があります。水をあげるときは貯水葉にたまるようにするといいです。とくに養分を含んだ水をあげるとより栄養を与えることができます。葉は痛み易いので水遣りの時は鉢の元からあげたほうがいいです。またこの植物の特徴として着生できるので、鉢で育てるのもいいですが樹木に着生させてみることもできます。
観葉植物 , コウモリラン , 育て方
観葉植物テーブルヤシの育て方について
カインズ植物図鑑 テーブルヤシの育て方 観葉植物のテーブルヤシは、メキシコから南アフリカにかけておよそ100種類分布するヤシの仲間です。日常の手入れのポイントは、枯れてきた葉をそのまま放置せずに取り除き、株をきれいな状態に保ちます。 育て方は、ヤシ類の中では強い日差しが苦手なので、一年を通して直射日光に当てないよう注意します。やや湿気を好むので、土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えます。新芽の部分が乾いているとなかなか芽が出てこなかったり、出てきても葉が小さくなってしまうこともあるので、幹や葉の部分にも水をかけます。肥料は春から秋にかけて、月に2回液体肥料を与えます。冬は成長しないので、肥料は与えなくて大丈夫です。
観葉植物 , テーブルヤシ , 育て方
裸子植物とは育て方が全く違う真菌の動画
地上には植物だけでもさまざまな種類が存在し、最も一般的なものに胚珠が心皮にくるまれて子房の中に収まった被子植物があります。他にはは胚珠がむき出しになっている裸子植物が挙げられます。これらはいずれも種子によって繁殖し、生態や育て方に関する情報が多いのが特徴です。 それに対し真菌に属するものはやや特殊な種類で、馴染みが少ないと感じる人が多数です。真菌について説明するこの動画では、大きく分けて酵母菌と黴菌そしてキノコの類に分けられることが説明されています。画像を使用しながらわかりやすくまとめてあるので、真菌の基礎知識が理解できます。
裸子植物 , 動画 , 育て方
園芸植物「日々草」を長く楽しむ育て方
日々草の育て方・日常管理のポイント 日々草は、園芸初心者にも比較的育てやすい園芸植物で、日向を好みます。 開花時期は6月の初夏から9月の秋まで、その名前があらわす通り毎日花が咲きます。そのため適度に肥料が必要になってきます。 花がこぼれるように咲いた姿はとても可愛らしく美しいです。 基本的には強い植物ですが、ウドンコ病やアブラムシ、ハダニなどに注意が必要です。 花が病気にならないように注意するべきことや育て方、花株を大きくしたい場合のお手入れ方法や、長い期間、次々に花をつけさせるためのワンポイントアドバイスなどを分かりやすく紹介しています。
園芸植物 , 日々草 , 育て方
被子植物の育て方に関する動画
種子は中に次の植物を生み出す胚と呼ばれる物質があります。 しかし、胚を生み出すためには生物のように卵が受精する必要があるのです。 一般的に卵が受精するという流れを耳にすると動物に限定して生じる現象と考えられることが多いのですが、実は植物においても同一のことが行われています。 実は被子植物は、胚珠がむき出しになっているという形状でした。 そのため、被子植物に比べて被子植物は傷つきやすいという欠点があるのです。 こうした点から通常の植物よりも育て方が難しいと言われています。 しっかりと情報を集めて育てるようにしましょう。
被子植物 , 動画 , 育て方
園芸植物として楽しめるウツボカズラの育て方
食虫植物 ウツボカズラの育て方・日常管理 この動画は園芸植物の育て方を紹介している動画で、ここではウツボカズラが取り上げられています。この植物は食虫植物で、つぼの所で虫を捕らえて栄養にします。この植物の種類には小さいものからつぼの大きいもの、色の黒いものがありますが、そのどれもが熱帯の植物であるため寒さに弱いものとなります。このため冬の間は絶対に室内に入れておく必要があります。また肥料をあげるとつぼがつかなくなるため、なるべく肥料はあげないようにします。つぼを長持ちさせるには、上から水を上げてつぼの中に常に水が溜まった状態にしておくようにします。この他にも葉の先はつぼがつくところなのであまり触らないようにする、暗い所ではつぼがつかないため明るい日陰におくといったことが重要な点として挙げられます。高温で湿度がありある程度明るいという3つが、つぼがつきやすくなる条件となります。
園芸植物 , ウツボカズラ , 育て方