いちごのプランターでの植え付け後の育て方:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
いちごのプランターでの植え付け後の育て方
動画コメント
イチゴの育て方・日常管理 植え付け 約140日後 かわいい実の収穫ができるようになるまでのプランターで植えつけたいちごの育て方をYouTubeの動画で紹介しています。今回の動画では、植え付けから140日目、なんとちょっと油断をしていると、せっかく赤くなってきたいちごの実が、まさかのとんでもない事態になってしまいました。また、暑くなってきたら葉が黄色になってしまうところが出てきます。黄色く枯れてしまった葉はとり、緑の葉といちごの実に十分に栄養がいきわたるようにしてあげましょう。収穫までのお世話は、まだまだこれからです。楽しみにしていてくださいね。
動画キーワード
いちご , 植え付け , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

動画で学ぶ!被子植物の育て方
可愛らしいサルのキャラクターと共に台湾語で被子植物の育て方について学ぶことができます。色鮮やかで多彩な植物と豊かな自然を見ることができます。中には、日本ではなかなか見かけない植物も出てくるので楽しみながら視聴することができると思います。途中で出てくる植物に顔がついているような加工が、特徴的でインパクトがあり、印象に残ります。被子植物全体についてなので、草木などだけではなくきのこなども登場します。種から育つ種子植物と違い、被子植物の育て方はあまりメジャーではないですが、この動画だと分かりやすく説明されています。
被子植物 , 動画 , 育て方
園芸植物である多肉植物の育て方とは
Vol.77 多肉植物の育て方 最近お花屋さん以外でも雑貨屋などで販売されるようになった多肉植物ですが、一般の園芸植物とは育て方が異なります。 花とは違いつぼみがついたり花が咲くなどの変化が見られないので水をあげるタイミングなどは、土を見て土が白っぽくなっていたら溢れるくらいに土に水をあげます。 2,3日に一回くらいは土を観察してください。 色を鮮やかに出したい時は直射日光に当てた方がいいものもあるので、溢れた水は捨てるようにしてください。 株を増やしたい時には葉をサボテン用、多肉用の培養土に指しておけば新しい芽が出てくるので、鉢に入れかえれば数を増やすことができます。
園芸植物 , 多肉植物 , 育て方
観葉植物テーブルヤシの育て方について
カインズ植物図鑑 テーブルヤシの育て方 観葉植物のテーブルヤシは、メキシコから南アフリカにかけておよそ100種類分布するヤシの仲間です。日常の手入れのポイントは、枯れてきた葉をそのまま放置せずに取り除き、株をきれいな状態に保ちます。 育て方は、ヤシ類の中では強い日差しが苦手なので、一年を通して直射日光に当てないよう注意します。やや湿気を好むので、土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えます。新芽の部分が乾いているとなかなか芽が出てこなかったり、出てきても葉が小さくなってしまうこともあるので、幹や葉の部分にも水をかけます。肥料は春から秋にかけて、月に2回液体肥料を与えます。冬は成長しないので、肥料は与えなくて大丈夫です。
観葉植物 , テーブルヤシ , 育て方
園芸植物の管理を動画で!パセリの簡単な育て方
パセリの育て方・日常管理 収穫 園芸植物の簡単な育て方を動画で紹介しています。家庭に一株あるとお料理にも使えて便利なパセリ。収穫のポイントは外側の葉から摘み取ることです。葉が混んできても、株分けは根を傷めてしまう原因になりますので避けましょう。収穫後に追肥をしてやると、新しい葉がぐんぐん育ち、いつまでも収穫が楽しめます。育て方のポイントは、鉢の置き場所です。手元に置きたくてついつい台所などの家の中に置いてしまいそうですが、それでは日照不足になってしまいます。冷たい風の当たらない日向において、太陽をいっぱいに浴びさせてやりましょう。
園芸植物 , パセリ , 育て方
観葉植物であるゴムの木の育て方について
ゴムの木 類 の育て方・日常管理 ゴムの木は比較的、育てやすい観葉植物です。特徴として、背が高くなる性質があります。育て方ですが、日光を好みますので出来るだけ日が当たる場所に置いて下さい。日が当たらないと葉っぱが落ちてくることがあります。もし、どうしても暗いところに置きたい場合は、そのままにして置いて下さい。始めは葉が落ちてしまいますが、そのうちに葉っぱがそれに慣れ、順応したものが生えてきます。また、注意点として、ほこりやカイガラムシなどが葉っぱにつきやすいということがあります。時々、水を葉っぱにかけてやるか、濡れた布などで綺麗に拭き取ってあげましょう。
観葉植物 , ゴムの木 , 育て方
夏に人気の園芸植物、アンスリウムの育て方
アンスリウムの育て方・日常管理 今までアンスリウムは赤色の花のようなものが特徴の園芸植物でしたが、最近ではピンクや白など様々な色のものが出ているため、室内用植物として人気があります。 赤やピンクなど色づいていた部分は実は花ではなく葉の一種であり、本来の花は中央の突起物の部分となります。そのため日に当たれば緑色に変色してしまいます。そのため外ではなく室内で育てるのが好ましいとされています。また時間が経っても緑色になってしまうため、そのときはハサミで切ってあげましょう。そして土が乾いたらしっかり水をあげること。その2つが最低限の育て方です。 花をつける植物のため、観葉植物用の肥料というよりは草花用の肥料をあげると、どんどん鮮やかな色の葉をつけてくれます。
園芸植物 , アンスリウム , 育て方