いちごのプランターでの植え付け後の育て方:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
いちごのプランターでの植え付け後の育て方
動画コメント
イチゴの育て方・日常管理 植え付け 約140日後 かわいい実の収穫ができるようになるまでのプランターで植えつけたいちごの育て方をYouTubeの動画で紹介しています。今回の動画では、植え付けから140日目、なんとちょっと油断をしていると、せっかく赤くなってきたいちごの実が、まさかのとんでもない事態になってしまいました。また、暑くなってきたら葉が黄色になってしまうところが出てきます。黄色く枯れてしまった葉はとり、緑の葉といちごの実に十分に栄養がいきわたるようにしてあげましょう。収穫までのお世話は、まだまだこれからです。楽しみにしていてくださいね。
動画キーワード
いちご , 植え付け , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

甘い実をつける園芸植物、ブルーベリーの育て方
ブルーベリーの育て方・日常管理 肥料管理 園芸植物として売られている状態では、すぐに根が張ってパンパンになってしまいます。そのため、なるべく早く庭や大きな鉢に植え変えてあげてから育てた方が大きな実をつけてくれます。その際には必ず専用の土を使うようにしましょう。庭に植える場合は元からある土に少し混ぜてあげるだけで大丈夫です。育て方は難しくない植物ですが、ブルーベリーは酸性土壌じゃないと上手く育ちません。アルカリ性を出すコンクリートの近くに植えてしまうと、雨などでアルカリ性が溶け出し、アルカリ性土壌となってしまうため、周りにブロック塀などがないところを選んであげることが大切です。
園芸植物 , ブルーベリー , 育て方
園芸植物で人気のトマトの育て方
トマトの育て方 日常管理編 夏野菜として欠かせない美味しいトマトをたくさん収穫するには、土や水、肥料だけでは十分とは言えません。園芸植物は収穫を目的としているので、葉や枝をこまめに手入れする必要があります。育て方は比較的簡単な野菜ですが、いくつかのポイントを覚えておくことで、味の濃い肉厚な果菜になります。 初心者や園芸植物から遠のいてしまっている人でも、わかりやすい解説と実演でレクチャーしているのがこちらの動画です。脇芽の取り方や主枝の誘引方法が、ゆっくりとした口調で丁寧に解説されています。実際に見本も見せているので、とてもわかりやすくおすすめです。
園芸植物 , トマト , 育て方
根腐れをしている観葉植物の育て方について
根腐れを仕掛けている観葉植物の対処方法 植え替え編 観葉植物も水をあげすぎてしまうと、根腐れを起こしてしまうことがあります。腐ってしまった観葉植物のような育て方については、まずは植え替えをしなくてはなりません。植え替えをすると根がふにゃふにゃになっていたり悪臭がしてくるので、まずは悪い根を切り取ることが必要です。そのうえで、新しい赤玉を中心とした新鮮な土に植え替えることが必要です。できれば植え替えるときは真冬ではなく、春先にしたほうがいいです。冬に腐ってしまう場合は、育つ可能性は低くなってしまいます。冬場の水遣りは控えることが大事になってきます。
観葉植物 , 根腐れ , 育て方
被子植物の繁殖のさせ方と育て方と植物動画
被子植物を増やすための方法には栄養繁殖という方法があります。この方法では、種子からではなく、根や茎や葉から植物を繁殖させるので、クローンのように、親株と同じ遺伝的な特徴を持った株を増やすことが可能になります。 栄養繁殖での育て方には、挿し木や接ぎ木、取り木、分球、株分け、葉挿し等の方法があります。 サボテンなどの多肉植物では、葉挿しがよく行われます。 葉挿しは、乾燥気味の状態の時に、取りやすくなるので、そろっと葉を付け根近くからとります。 植物用の乾いた土の上に1枚ずつ仰向けの状態にして寝かせて置きます。根が出て来るまで、水は与えなくて大丈夫です。根が出てきたら日当たりのよい所で水を与えてあげます。
被子植物 , 動画 , 育て方
動画で見る裸子植物の育て方とは
裸子植物とは種子がむき出しになっている植物のことで、ソテツやイチョウなどが裸子植物にあたります。 種子が隠れている被子植物と違い、風などの力で花粉が運ばれ受粉をするので、具体的な育て方はありません。 また被子植物との違いは花をつけるかつけないかです。 被子植物は虫によって受粉を行うものが多いので、きれいな花を咲かせるものが 多い一方で、裸子植物は花をつけるものはほとんどありません。 これは種子を作る最初の植物であったことから、シンプルなものが多いようです。 しかし、特に育て方はなくとも、室内で育てる場合は適度に水をあげる必要があります。
裸子植物 , 動画 , 育て方
観葉植物の育て方について-矢車草-
矢車草を、早く、きれいに、栽培する方法!無農薬・無化学肥料 矢車草は、ふわふわした小さな花が群生する様に特徴があります。どの色も美しいですが、白いものだとまるで淡雪のようです。 大きな葉を持ち日蔭を好む多年草の観葉植物なので、海外ではシェードガーデンでよく見られます。 乾燥を嫌う植物で、夏場は乾き過ぎないよう特に注意が必要とされます。 育て方としては、苗植えの適期が9月下旬から10月上旬と短かく、肥料についてはやり過ぎると肥料焼けしてしまうことがあるため、化学肥料を使わずに栽培する方法があります。 枯れた花は茎の部分から取り去ってしまうことで、病気や害虫を防ぎます。
観葉植物 , 矢車草 , 育て方