いちごのプランターでの植え付け後の育て方:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
いちごのプランターでの植え付け後の育て方
動画コメント
イチゴの育て方・日常管理 植え付け 約140日後 かわいい実の収穫ができるようになるまでのプランターで植えつけたいちごの育て方をYouTubeの動画で紹介しています。今回の動画では、植え付けから140日目、なんとちょっと油断をしていると、せっかく赤くなってきたいちごの実が、まさかのとんでもない事態になってしまいました。また、暑くなってきたら葉が黄色になってしまうところが出てきます。黄色く枯れてしまった葉はとり、緑の葉といちごの実に十分に栄養がいきわたるようにしてあげましょう。収穫までのお世話は、まだまだこれからです。楽しみにしていてくださいね。
動画キーワード
いちご , 植え付け , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

裸子植物の育て方や特徴は動画が便利
植物の種類の多様性は目を見張るものがあるので、さまざまな分類方法があります。最もわかりやすいグループに種子によって繁殖する種子植物があり、このグループはさらに被子植物と裸子植物に分けることができます。種に成長する部分が子房に包まれた被子植物に対し、裸子植物は胚珠がむき出しになっているのが特徴です。 松は裸子植物に分類される植物で、種子は松かさと呼ばれる果実のようなものに含まれて出来上がります。松は多くの人に好まれるので育て方の情報も豊富です。松かさが収縮する様子などをレポートした動画もあり、生態を知るのに役立ちます。
被子植物 , 動画 , 育て方
園芸植物モウセンゴケの育て方のポイント
食虫植物 モウセンゴケの育て方・日常管理  園芸植物のモウセンゴケの育て方で注意するポイントをいくつか紹介します。まず置き場所としては、明るい日陰が適しています。日差しは必要ですが、強すぎると葉っぱが傷んでしまいますので適度な場所に置くようにしましょう。 水やりについては、元々湿地に生息する植物ですので水のある環境をつくることが大切です。鉢の下に受け皿をしき水をため底から水を吸わせるようにしましょう。冬は、葉っぱが枯れ休眠しますが根は生きているので水はしっかり与えましょう。 肥料については特に必要ありません。太陽で光合成をし自分で栄養を作り出す植物なので栄養をこちらから与えなくても良いです。 これらが主なポイントです。大切に育てましょう。
園芸植物 , モウセンゴケ , 育て方
動画で見る被子植物の育て方について
この動画に写っている植物は一般的に多肉植物と呼ばれていますが、れっきとした被子植物の一種です。その育て方も普通の被子植物となんら変わらないのです。ちゃんと花を咲かせますし、花の中心にはめしべが、回りを取り囲むようにおしべがあります。また昆虫の力を借りて受粉をおこない、胚珠が種子になり、子房が小さな実になるからです。映像の中にも実を付けているもの、花を咲かせているものが紹介されています。花も一本の茎に1輪つけるもの、いくつか咲くものなどさまざまです。また花のつき方も中心部に咲くもの、周りを取り囲むように咲くものなどがあります。
被子植物 , 動画 , 育て方
メトロシデロスという観葉植物の育て方について
メトロシデロスの育て方・日常管理 メトロシデロスはニュージーランド原産の観葉植物です。近年、ニュージーランド産の植物が日本にもたくさん入ってくるようになりました。同じように、比較的育て方も簡単だと言えます。お日様が大好きな植物ですので、日が当たるところで管理しましょう。水遣りは土が乾いたら行います。肥料は春と秋に与えます。鉢の底から根が伸びて出てきたら、植え替えのサインですので、花が咲き終わったら、剪定し、一周りか二周り大きな鉢に植え替えてやりましょう。その際、あまり根をいじらないのがポイントです。大きな鉢に植え替えることにより、次の年にさらに大きくなり、たくさんの花をまた咲かせてくれるようになります。
観葉植物 , メトロシデロス , 育て方
観葉植物の日常管理と育て方について
観葉植物の育て方・日常管理 水やり 観葉植物を育てるにおいて、忘れてはいけないことが水遣りです。日常管理としてとても大事なポイントですが、もし水くれを忘れてしまってカラカラにしてしまったというときは、上からゆっくりと与えたとしても水が鉢全体に行き届いていないことがあります。そんなからからな状態になってしまったら一度鉢ごと水を張った状態のバケツにつけることが必要です。しっかりと入れることで土の中に十部に水が入っていくのです。育て方の中で水を枯らさないということも大事ですが、冬場に水を与えすぎないことも大切です。水の管理はとても難しいですが、なんとか管理していきたいものです。
観葉植物 , 日常管理 , 育て方
かわいい観葉植物、アロマティカスの育て方
カインズ観葉植物図鑑 アロマティカスの育て方 アロマティカスは、インドや南アフリカが原産の多肉植物です。可愛らしい丸い葉が特徴で、アロマの名が示すようにミントのようなさわやかな香りがする、丈夫で育て方のやさしい観葉植物です。 置き場所は、乾燥して風通しの良い、日当たりのいい場所を選びます。夏は直射日光を避けた半日陰、冬は暖かい室内が育てるのに適しています。 水やりは、春から夏は土が乾いたらそのたびにたっぷりと与えます。冬は控えめにし、月に1~2度程度にします。一般的なハーブの土より、水はけのよい土を選んだほうがよいです。また、梅雨前には、茂った葉を間引いて風通しを良くしておきます。 肥料は、粒状肥料か、薄めの液体肥料、またはサボテン用の肥料などを与えます。根腐れや香りが薄くなる原因になることがあるので、与えすぎに注意します。温かい時期に葉の色が薄くなったような時に少量を施します。 新芽が出たら、適当な長さに切って水につけておくと、数日間で根が出るので、簡単に増やすことができます。
観葉植物 , アロマティカス , 育て方