わかりやすい被子植物の育て方の動画:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
わかりやすい被子植物の育て方の動画
動画コメント
わかりやすい被子植物の育て方の動画 被子植物とはのちに種子となる胚珠が子房につつまれている植物のことです。一般に水やりなどが大変だと思われる被子植物の育て方。よくわからない人も多いでしょう。そのお悩みを一発で解決してくれるこの動画。これは被子植物の育て方の非常に重要な要点をとらえています。この種類の植物は胚珠が種にしなるのはもちろんですが、特徴として子房があります。子房というのはうまく育てばのちに果実となる部分です。この植物の多くは葉っぱの部分ではなく果実の部分を食べることが非常に多いです。要点をよくとらえているこのムービーはとてもよくできています。
動画キーワード
被子植物 , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

園芸植物にも使える蓮の育て方
念願の開花!とうとう 蓮が種から栽培で開花しました!杜若園芸 蓮を育てるにはまず、種を購入する必要があり、ホームセンターや園芸店、現地に行って在庫がなければ通販やオークションなどインターネットの園芸植物のカテゴリーを閲覧していただければ購入していただくことが可能です。購入後はまず水を吸わせるために種を削ります。下準備が終わったらいよいよ栽培に入っていくわけですが、育て方としては用土の入った鉢に種を植え、水につけます。種を植える時期としては主に4月~5月といった春中旬が望ましいです。水が命の植物ですので毎日水をやることが大切です。3か月もすると立派に開花します。
園芸植物 , 育て方 , 蓮
観葉植物テーブルヤシの育て方について
カインズ植物図鑑 テーブルヤシの育て方 観葉植物のテーブルヤシは、メキシコから南アフリカにかけておよそ100種類分布するヤシの仲間です。日常の手入れのポイントは、枯れてきた葉をそのまま放置せずに取り除き、株をきれいな状態に保ちます。 育て方は、ヤシ類の中では強い日差しが苦手なので、一年を通して直射日光に当てないよう注意します。やや湿気を好むので、土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えます。新芽の部分が乾いているとなかなか芽が出てこなかったり、出てきても葉が小さくなってしまうこともあるので、幹や葉の部分にも水をかけます。肥料は春から秋にかけて、月に2回液体肥料を与えます。冬は成長しないので、肥料は与えなくて大丈夫です。
観葉植物 , テーブルヤシ , 育て方
動画で考える被子植物の育て方
被子植物は種子がくるまれて子房の中におさまっている植物で一般には、朝顔やたんぽぽ、つつじ、エンドウ、ユリ、稲など花が咲いて種が自然に落ちるものをいいます。 そのため育て方としては、その植物に適した水やりをすることが大切です。 常に水を流しておく稲と違い、朝顔やユリなどは水が多すぎてはいけませんし、適した量や時間帯を調べておくと良いです。 被子植物はきれいな花を咲かせた後に、自然と種を落としてくれるので一度育ててしまえば花が枯れた後、周辺に種が落ちているので鉢植えの場合は発芽させ、庭の場合は水やりをしておけば元気に育ってくれます。
被子植物 , 動画 , 育て方
根腐れをしている観葉植物の育て方について
根腐れを仕掛けている観葉植物の対処方法 植え替え編 観葉植物も水をあげすぎてしまうと、根腐れを起こしてしまうことがあります。腐ってしまった観葉植物のような育て方については、まずは植え替えをしなくてはなりません。植え替えをすると根がふにゃふにゃになっていたり悪臭がしてくるので、まずは悪い根を切り取ることが必要です。そのうえで、新しい赤玉を中心とした新鮮な土に植え替えることが必要です。できれば植え替えるときは真冬ではなく、春先にしたほうがいいです。冬に腐ってしまう場合は、育つ可能性は低くなってしまいます。冬場の水遣りは控えることが大事になってきます。
観葉植物 , 根腐れ , 育て方
テラリウムに使う園芸植物の育て方を紹介
テラリウムを作って栽培上手になろう テラリウムとは日常の空間に小さな園芸植物を取り入れる、自然と日常の共存をテーマとした園芸形態です。小さな瓶や、ペットボトル等のようなものを植木鉢代わりに育てることが多いので広い空間を必要としないのが特徴です。また、小さいためテーブルの上や、窓際に置いたり、天井から吊るしたりできるので、インテリアとしても最適なものです。 今回はそのような日常に癒しをもたらす園芸植物の育て方を、どこのご家庭にでもあるようなものを使って作る方法をご紹介します。 この動画を観て、皆さんもぜひ取り組んでみてください。確実にはまりますよ!
園芸植物 , テラリウム , 育て方
園芸植物である多肉植物の育て方とは
Vol.77 多肉植物の育て方 最近お花屋さん以外でも雑貨屋などで販売されるようになった多肉植物ですが、一般の園芸植物とは育て方が異なります。 花とは違いつぼみがついたり花が咲くなどの変化が見られないので水をあげるタイミングなどは、土を見て土が白っぽくなっていたら溢れるくらいに土に水をあげます。 2,3日に一回くらいは土を観察してください。 色を鮮やかに出したい時は直射日光に当てた方がいいものもあるので、溢れた水は捨てるようにしてください。 株を増やしたい時には葉をサボテン用、多肉用の培養土に指しておけば新しい芽が出てくるので、鉢に入れかえれば数を増やすことができます。
園芸植物 , 多肉植物 , 育て方