わかりやすい被子植物の育て方の動画:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
わかりやすい被子植物の育て方の動画
動画コメント
わかりやすい被子植物の育て方の動画 被子植物とはのちに種子となる胚珠が子房につつまれている植物のことです。一般に水やりなどが大変だと思われる被子植物の育て方。よくわからない人も多いでしょう。そのお悩みを一発で解決してくれるこの動画。これは被子植物の育て方の非常に重要な要点をとらえています。この種類の植物は胚珠が種にしなるのはもちろんですが、特徴として子房があります。子房というのはうまく育てばのちに果実となる部分です。この植物の多くは葉っぱの部分ではなく果実の部分を食べることが非常に多いです。要点をよくとらえているこのムービーはとてもよくできています。
動画キーワード
被子植物 , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

被子植物の育て方に関する動画
種子は中に次の植物を生み出す胚と呼ばれる物質があります。 しかし、胚を生み出すためには生物のように卵が受精する必要があるのです。 一般的に卵が受精するという流れを耳にすると動物に限定して生じる現象と考えられることが多いのですが、実は植物においても同一のことが行われています。 実は被子植物は、胚珠がむき出しになっているという形状でした。 そのため、被子植物に比べて被子植物は傷つきやすいという欠点があるのです。 こうした点から通常の植物よりも育て方が難しいと言われています。 しっかりと情報を集めて育てるようにしましょう。
被子植物 , 動画 , 育て方
珍しい被子植物の育て方と開花時の動画
ブラシノキは、カリステモン、あるいはキンポウジュと名付けられている被子植物で、オーストラリアやニューカレドニアが原産の植物です。まるで赤いブラシが、ゆらゆらと揺られているかのように、見る人の目を引きつけるような花をつけます。 育て方は、まだ小さいうちは鉢植えで育てるとよいです。土は草花用の培養土で大丈夫です。 陽を好むので、日当たりのよい場所で、夏は土が乾いたらたっぷり水をあげましょう。冬場は控えめにします。葉が茂ってきたら、5月頃に剪定をします。 大きく育ってきたら、地植えにしてあげましょう。移植をしなくてもよい風通しの良い場所に植えてあげましょう。
被子植物 , 動画 , 育て方
テラリウムに使う園芸植物の育て方を紹介
テラリウムを作って栽培上手になろう テラリウムとは日常の空間に小さな園芸植物を取り入れる、自然と日常の共存をテーマとした園芸形態です。小さな瓶や、ペットボトル等のようなものを植木鉢代わりに育てることが多いので広い空間を必要としないのが特徴です。また、小さいためテーブルの上や、窓際に置いたり、天井から吊るしたりできるので、インテリアとしても最適なものです。 今回はそのような日常に癒しをもたらす園芸植物の育て方を、どこのご家庭にでもあるようなものを使って作る方法をご紹介します。 この動画を観て、皆さんもぜひ取り組んでみてください。確実にはまりますよ!
園芸植物 , テラリウム , 育て方
被子植物の繁殖のさせ方と育て方と植物動画
被子植物を増やすための方法には栄養繁殖という方法があります。この方法では、種子からではなく、根や茎や葉から植物を繁殖させるので、クローンのように、親株と同じ遺伝的な特徴を持った株を増やすことが可能になります。 栄養繁殖での育て方には、挿し木や接ぎ木、取り木、分球、株分け、葉挿し等の方法があります。 サボテンなどの多肉植物では、葉挿しがよく行われます。 葉挿しは、乾燥気味の状態の時に、取りやすくなるので、そろっと葉を付け根近くからとります。 植物用の乾いた土の上に1枚ずつ仰向けの状態にして寝かせて置きます。根が出て来るまで、水は与えなくて大丈夫です。根が出てきたら日当たりのよい所で水を与えてあげます。
被子植物 , 動画 , 育て方
動画なら被子植物以外の育て方や特徴もわかる
人間や動物の食物として、その大部分を占めるのが植物になります。そして食用になる植物の大部分は被子植物というグループに属します。被子植物は種子によって繁殖しますが、成長して種子になる部分である胚珠が心皮に包まれ、子房の中に収まっている種類のことを指します。 その他に食用になる特殊なものでは、菌類に分類されるキノコがあります。キノコは種類が豊富で、日本の椎茸や中華料理に使われるきくらげなどは馴染み深いものです。ただそれらの育て方は、被子植物に比べると知られていないのも事実です。きくらげの特徴を説明した動画を見ると、育て方もよくわかります。
被子植物 , 動画 , 育て方
園芸植物「日々草」を長く楽しむ育て方
日々草の育て方・日常管理のポイント 日々草は、園芸初心者にも比較的育てやすい園芸植物で、日向を好みます。 開花時期は6月の初夏から9月の秋まで、その名前があらわす通り毎日花が咲きます。そのため適度に肥料が必要になってきます。 花がこぼれるように咲いた姿はとても可愛らしく美しいです。 基本的には強い植物ですが、ウドンコ病やアブラムシ、ハダニなどに注意が必要です。 花が病気にならないように注意するべきことや育て方、花株を大きくしたい場合のお手入れ方法や、長い期間、次々に花をつけさせるためのワンポイントアドバイスなどを分かりやすく紹介しています。
園芸植物 , 日々草 , 育て方