土ブロックを使用した観葉植物の育て方:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
土ブロックを使用した観葉植物の育て方
動画コメント
トマトを育てよう 水でふくらむ「土ブロック」篇 その2  観葉植物を育てる際は、土ブロックの土を使用してみましょう。水を加えたら、大きく膨らんでくれるので、土を沢山購入したい時には便利です。 では、土の使用法です。 大きな容器の中に土のブロックを入れ、水を注ぎます。水は、1ブロックに対して3L程、回し入れます。 そのままでも、水を吸収しますが、ほぐしながら吸わせると、速く吸収します。すると、1ブロックの土は8Lぐらいに膨らみます。 この土での植物の育て方です。植物を大きく育てるためには、膨らんだ土の中に苦土石灰を混ぜます。1ブロックの土に対して苦土石灰は一握り程度混ぜます。よくかき混ぜたら3~4日そのままにします。それから基肥を同じく一握り加えてよくかき混ぜて、植物を植えます。すると、育ちがよくなります。
動画キーワード
観葉植物 , 土ブロック , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

夏に人気の園芸植物、アンスリウムの育て方
アンスリウムの育て方・日常管理 今までアンスリウムは赤色の花のようなものが特徴の園芸植物でしたが、最近ではピンクや白など様々な色のものが出ているため、室内用植物として人気があります。 赤やピンクなど色づいていた部分は実は花ではなく葉の一種であり、本来の花は中央の突起物の部分となります。そのため日に当たれば緑色に変色してしまいます。そのため外ではなく室内で育てるのが好ましいとされています。また時間が経っても緑色になってしまうため、そのときはハサミで切ってあげましょう。そして土が乾いたらしっかり水をあげること。その2つが最低限の育て方です。 花をつける植物のため、観葉植物用の肥料というよりは草花用の肥料をあげると、どんどん鮮やかな色の葉をつけてくれます。
園芸植物 , アンスリウム , 育て方
園芸植物として楽しめるウツボカズラの育て方
食虫植物 ウツボカズラの育て方・日常管理 この動画は園芸植物の育て方を紹介している動画で、ここではウツボカズラが取り上げられています。この植物は食虫植物で、つぼの所で虫を捕らえて栄養にします。この植物の種類には小さいものからつぼの大きいもの、色の黒いものがありますが、そのどれもが熱帯の植物であるため寒さに弱いものとなります。このため冬の間は絶対に室内に入れておく必要があります。また肥料をあげるとつぼがつかなくなるため、なるべく肥料はあげないようにします。つぼを長持ちさせるには、上から水を上げてつぼの中に常に水が溜まった状態にしておくようにします。この他にも葉の先はつぼがつくところなのであまり触らないようにする、暗い所ではつぼがつかないため明るい日陰におくといったことが重要な点として挙げられます。高温で湿度がありある程度明るいという3つが、つぼがつきやすくなる条件となります。
園芸植物 , ウツボカズラ , 育て方
メトロシデロスという観葉植物の育て方について
メトロシデロスの育て方・日常管理 メトロシデロスはニュージーランド原産の観葉植物です。近年、ニュージーランド産の植物が日本にもたくさん入ってくるようになりました。同じように、比較的育て方も簡単だと言えます。お日様が大好きな植物ですので、日が当たるところで管理しましょう。水遣りは土が乾いたら行います。肥料は春と秋に与えます。鉢の底から根が伸びて出てきたら、植え替えのサインですので、花が咲き終わったら、剪定し、一周りか二周り大きな鉢に植え替えてやりましょう。その際、あまり根をいじらないのがポイントです。大きな鉢に植え替えることにより、次の年にさらに大きくなり、たくさんの花をまた咲かせてくれるようになります。
観葉植物 , メトロシデロス , 育て方
珍しい被子植物の育て方と開花時の動画
ブラシノキは、カリステモン、あるいはキンポウジュと名付けられている被子植物で、オーストラリアやニューカレドニアが原産の植物です。まるで赤いブラシが、ゆらゆらと揺られているかのように、見る人の目を引きつけるような花をつけます。 育て方は、まだ小さいうちは鉢植えで育てるとよいです。土は草花用の培養土で大丈夫です。 陽を好むので、日当たりのよい場所で、夏は土が乾いたらたっぷり水をあげましょう。冬場は控えめにします。葉が茂ってきたら、5月頃に剪定をします。 大きく育ってきたら、地植えにしてあげましょう。移植をしなくてもよい風通しの良い場所に植えてあげましょう。
被子植物 , 動画 , 育て方
動画で見る被子植物の育て方について
この動画に写っている植物は一般的に多肉植物と呼ばれていますが、れっきとした被子植物の一種です。その育て方も普通の被子植物となんら変わらないのです。ちゃんと花を咲かせますし、花の中心にはめしべが、回りを取り囲むようにおしべがあります。また昆虫の力を借りて受粉をおこない、胚珠が種子になり、子房が小さな実になるからです。映像の中にも実を付けているもの、花を咲かせているものが紹介されています。花も一本の茎に1輪つけるもの、いくつか咲くものなどさまざまです。また花のつき方も中心部に咲くもの、周りを取り囲むように咲くものなどがあります。
被子植物 , 動画 , 育て方
動画でわかる被子植物の育て方
地上にはさまざまな植物が生育していますが、人間の暮らしに欠かせないものも多数あります。多種多様な植物を分類する方法で、その第一に挙げられるのが被子植物です。これは種子によって繁殖する植物の種類で、種子になる胚珠の部分が心皮に包まれて子房に収まっているのが特徴です。胚珠が種子になる時には、心皮は果実と成長します。 植物の中でも被子植物は食用や観賞用などとして、馴染みのあるものが多くあります。中には特定の症状などに有効な栄養素を含んだものもあり、積極的に利用されています。育て方のアドバイスもさまざまなものがありますが、動画で説明したものはわかりやすく便利です。
被子植物 , 動画 , 育て方