観葉植物のトウガラシの育て方について:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
観葉植物のトウガラシの育て方について
動画コメント
カインズ観葉植物図鑑 トウガラシの育て方 観葉植物の中でトウガラシは食用にもなるので、かなり人気になっています。その育て方ですがいくつかのコツがあります。まずは、根の張り方が浅くひろがっていくので、水枯れをしないように注意が必要です。とくに夏場はたっぷりとあげることが必要ですが、頻繁にあげすぎると根が張らないので適量を心がけることが必要です。 植える土ですが赤玉と腐葉土の割合を6:4にしてあげるとよく育っていきます。よく育ってきたら追肥をするといいでしょう。さらに、連作障害を起こすので、翌年は別の場所で育てるかプランターの場合はすべて土を変えるといいでしょう。
動画キーワード
観葉植物 , トウガラシ , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

動画で見る被子植物の種の育て方
この動画には被子植物が種になるまでの詳しい育て方が、よくわかるようになっています。おしべのやくでつくられる花粉の役割や構造、めしべの中にある子房の中の胚嚢の仕組みなどがこと細かく書いてあるので、一目でわかるようになっています。めしべがおしべの花粉が受粉すると、花粉管が伸び、受精卵が胚珠になり、やがて種子になる様子、子房が膨らみ果実になるまでの構図が、一連の流れでわかりやすくなっています。また実際の果実を使って、子房の仕組みやどのような変化を経て果実になるのか、また種子になるのか文字だけでなく、目でも見ることが出来ます。
被子植物 , 動画 , 育て方
観葉植物としてのサツマイモの育て方
サツマイモ(sweet potato)を観葉植物に育てました。 焼き芋やスイートポテトなどでスイーツの材料としておなじみのサツマイモ。食用として有名ですが、観葉植物に適しているのは知っていましたか?今回は、育て方について紹介します。 成長が早く、弱い光でも十分に育つので、室内でも育てることができます。コップやペットボトルを切り開いた容器に水を入れ、そこにさつま芋を入れておくだけで、2、3日すると芽が出てきます。一か月もすると、茎が伸び、葉が茂ってくるので、立派な観葉植物となるのです。他の観葉植物とは違い、肥料や土などもいらないので、初心者の方は試してみてはいかがでしょうか?
観葉植物 , サツマイモ , 育て方
園芸植物のバラの夏の育て方について
夏の植物管理 バラの育て方・日常管理 園芸植物の中でもバラの育て方には、コツが必要です。とくに夏場の育て方には注意が必要です。夏場は人間と同じように、植物も夏バテしてしまうからです。そのために花が咲いたら早く切るということ、水やりは1日の2回タップリとあげることが必要です。葉は太陽の光によく当てるとともに、ダニがつかないように、薬剤を散布することが必要です。もっと元気にしたいと思って肥料をあげたくなりますが、夏場は負担になるのでもっと涼しい時期になったら肥料を与えることが必要です。夏場の管理は、とても重要なので植物をよく観察しておく必要があります。
園芸植物 , バラ , 育て方
園芸植物「日々草」を長く楽しむ育て方
日々草の育て方・日常管理のポイント 日々草は、園芸初心者にも比較的育てやすい園芸植物で、日向を好みます。 開花時期は6月の初夏から9月の秋まで、その名前があらわす通り毎日花が咲きます。そのため適度に肥料が必要になってきます。 花がこぼれるように咲いた姿はとても可愛らしく美しいです。 基本的には強い植物ですが、ウドンコ病やアブラムシ、ハダニなどに注意が必要です。 花が病気にならないように注意するべきことや育て方、花株を大きくしたい場合のお手入れ方法や、長い期間、次々に花をつけさせるためのワンポイントアドバイスなどを分かりやすく紹介しています。
園芸植物 , 日々草 , 育て方
珍しい被子植物の育て方と開花時の動画
ブラシノキは、カリステモン、あるいはキンポウジュと名付けられている被子植物で、オーストラリアやニューカレドニアが原産の植物です。まるで赤いブラシが、ゆらゆらと揺られているかのように、見る人の目を引きつけるような花をつけます。 育て方は、まだ小さいうちは鉢植えで育てるとよいです。土は草花用の培養土で大丈夫です。 陽を好むので、日当たりのよい場所で、夏は土が乾いたらたっぷり水をあげましょう。冬場は控えめにします。葉が茂ってきたら、5月頃に剪定をします。 大きく育ってきたら、地植えにしてあげましょう。移植をしなくてもよい風通しの良い場所に植えてあげましょう。
被子植物 , 動画 , 育て方
育て方が難しい被子植物の動画
被子植物というのは、現代人が最も目にしている植物です。 成長すると花をつけるという特徴があります。 種子が子房に守られた状態で成長していくので、被子植物という名前で呼ばれています。 およそ400科も存在し、種類はおよそ25万種類から30万種類にもなると言われています。 こうした数字からもわかるように、今日において最も繁栄している植物と言えるでしょう。 ただし、胚が守られているので繁殖させることは少し難しいです。 そのため、育てるという場合はインターネットなどの情報を参考にして、育て方を探してみると良いです。
被子植物 , 動画 , 育て方