観葉植物のトウガラシの育て方について:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
観葉植物のトウガラシの育て方について
動画コメント
カインズ観葉植物図鑑 トウガラシの育て方 観葉植物の中でトウガラシは食用にもなるので、かなり人気になっています。その育て方ですがいくつかのコツがあります。まずは、根の張り方が浅くひろがっていくので、水枯れをしないように注意が必要です。とくに夏場はたっぷりとあげることが必要ですが、頻繁にあげすぎると根が張らないので適量を心がけることが必要です。 植える土ですが赤玉と腐葉土の割合を6:4にしてあげるとよく育っていきます。よく育ってきたら追肥をするといいでしょう。さらに、連作障害を起こすので、翌年は別の場所で育てるかプランターの場合はすべて土を変えるといいでしょう。
動画キーワード
観葉植物 , トウガラシ , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

裸子植物とは育て方が全く違う真菌の動画
地上には植物だけでもさまざまな種類が存在し、最も一般的なものに胚珠が心皮にくるまれて子房の中に収まった被子植物があります。他にはは胚珠がむき出しになっている裸子植物が挙げられます。これらはいずれも種子によって繁殖し、生態や育て方に関する情報が多いのが特徴です。 それに対し真菌に属するものはやや特殊な種類で、馴染みが少ないと感じる人が多数です。真菌について説明するこの動画では、大きく分けて酵母菌と黴菌そしてキノコの類に分けられることが説明されています。画像を使用しながらわかりやすくまとめてあるので、真菌の基礎知識が理解できます。
裸子植物 , 動画 , 育て方
わかりやすい裸子植物の育て方の動画
一般的なイメージとして難しいと思われることが多い植物の育て方。その中でも裸子植物というのはのちに種子となる胚珠はあるものの、被子植物とは違い子房、のちに果実となる部分がありません。そしてこの植物の育て方の要点をとらえて紹介しているのがこの動画です。裸子植物は食べるために栽培をしていたのなら一般的に種子、もともと胚珠の部分を食べるか、その茎や葉っぱを食べることになります。このムービーは必要な点をかなり含んでいて、とてもわかりやすいです。これをきっかけにムービーを参考にして裸子植物を育てれば他の方のかなり先にいけます。
裸子植物 , 動画 , 育て方
気軽に始められる園芸植物セダムの育て方
多肉植物 セダムの育て方・日常管理 かわいらしい葉の形が人気の多肉植物。多肉植物の仲間セダムは強健で繁殖力が旺盛な園芸植物です。育て方は非常に簡単なので初心者の方も気軽にチャレンジしてみましょう。鮮やかなグリーンが映えるので寄せ植えのすき間に使うこともできます。切れた茎を土に差しておくだけで根付いて繁殖するので増やすことも簡単です。葉に水分を貯めこむことができるのが特徴の多肉植物は多湿を嫌いますので水は控えめに、地植えにするときには軒下など、雨に当たらない場所で育てると良いでしょう。水はけがよく、日当たりと風通しのよい場所で育てるのが最適です。
園芸植物 , セダム , 育て方
白雪姫と呼ばれる園芸植物、ユーフオルビアの育て方
ユーフオルビア (白雪姫)の育て方・日常管理 ユーフオルビアは別名白雪姫「スノープリンセス」ともよばれる白くて美しい園芸植物です。クリスマスで同じ胃のポインセチアなどと同じ仲間です。白い花のような部分は「ほう」とよばれるもので、本当の花はその中に小さくあります。育て方のポイントは、よく日に当てること。しかし、戸外で冬を越すことはできないので、日当たりのよい屋内で育てるようにしてください。春まで肥料はいりません。日光不足になると葉が黄色くなってきます。黄色くなった葉っぱは除去し、よく日に当てるようにしてください。この時、白い樹液が出てくるのですが、人によってはかぶれたりすることもあるので気を付けてください。
ユーフオルビア , 園芸植物 , 育て方
甘い実をつける園芸植物、ブルーベリーの育て方
ブルーベリーの育て方・日常管理 肥料管理 園芸植物として売られている状態では、すぐに根が張ってパンパンになってしまいます。そのため、なるべく早く庭や大きな鉢に植え変えてあげてから育てた方が大きな実をつけてくれます。その際には必ず専用の土を使うようにしましょう。庭に植える場合は元からある土に少し混ぜてあげるだけで大丈夫です。育て方は難しくない植物ですが、ブルーベリーは酸性土壌じゃないと上手く育ちません。アルカリ性を出すコンクリートの近くに植えてしまうと、雨などでアルカリ性が溶け出し、アルカリ性土壌となってしまうため、周りにブロック塀などがないところを選んであげることが大切です。
園芸植物 , ブルーベリー , 育て方
観葉植物のオリーブの育て方について
オリーブの育て方・日常管理 植え替えと剪定(元気にするための植え替え) 実作業編 観葉植物の中でも人気なのがオリーブですが、土が粘土状になっていると、水はけが悪くて、葉が黄色くなってしまったり元気がなくなることがあります。そのときに育て方ですが、まずは植え替えることが必要です。4月以降になると新芽がたくさん出てくる植物なのでその時期よりも少し前に植え替えてあげると芽吹きがいいです。さらには泥の落とし方も、なるべく粘土質の土を落としたいので、しっかりおとして新しい栄養のある専用の土を使うことが望ましいです。さらに余計な根をきったりしているので、枝を思い切って落としてあげると、もっときれいな新芽がでてきます。
観葉植物 , オリーブ , 育て方