珍しい被子植物の育て方と開花時の動画:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
珍しい被子植物の育て方と開花時の動画
動画コメント
ブラシノキは、カリステモン、あるいはキンポウジュと名付けられている被子植物で、オーストラリアやニューカレドニアが原産の植物です。まるで赤いブラシが、ゆらゆらと揺られているかのように、見る人の目を引きつけるような花をつけます。 育て方は、まだ小さいうちは鉢植えで育てるとよいです。土は草花用の培養土で大丈夫です。 陽を好むので、日当たりのよい場所で、夏は土が乾いたらたっぷり水をあげましょう。冬場は控えめにします。葉が茂ってきたら、5月頃に剪定をします。 大きく育ってきたら、地植えにしてあげましょう。移植をしなくてもよい風通しの良い場所に植えてあげましょう。
動画キーワード
被子植物 , 動画 , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

甘い実をつける園芸植物、ブルーベリーの育て方
ブルーベリーの育て方・日常管理 肥料管理 園芸植物として売られている状態では、すぐに根が張ってパンパンになってしまいます。そのため、なるべく早く庭や大きな鉢に植え変えてあげてから育てた方が大きな実をつけてくれます。その際には必ず専用の土を使うようにしましょう。庭に植える場合は元からある土に少し混ぜてあげるだけで大丈夫です。育て方は難しくない植物ですが、ブルーベリーは酸性土壌じゃないと上手く育ちません。アルカリ性を出すコンクリートの近くに植えてしまうと、雨などでアルカリ性が溶け出し、アルカリ性土壌となってしまうため、周りにブロック塀などがないところを選んであげることが大切です。
園芸植物 , ブルーベリー , 育て方
裸子植物の育て方の前に、電子顕微鏡の動画を
裸子植物とは、子房をもたず、胚珠が裸出している植物群のことを指しますが、ヒノキやまつ、スギなどたくさんの種類があります。育て方に興味を持っておられる方は、その前にまず裸子植物の断面を電子顕微鏡で撮影した動画をご覧ください。クリスマスツリーによく使用される「もみの木」の断層画面ですが、その美しさと精巧な細胞の作りにきっと驚かれることでしょう。裸子植物を遠くから見たときの姿とはまるで違う美しさです。中央の部分から外側に向けて何層にもなっていて、緻密に細胞が並んでいるのがわかります。神秘さを感じます。
裸子植物 , 動画 , 育て方
観葉植物のトウガラシの育て方について
カインズ観葉植物図鑑 トウガラシの育て方 観葉植物の中でトウガラシは食用にもなるので、かなり人気になっています。その育て方ですがいくつかのコツがあります。まずは、根の張り方が浅くひろがっていくので、水枯れをしないように注意が必要です。とくに夏場はたっぷりとあげることが必要ですが、頻繁にあげすぎると根が張らないので適量を心がけることが必要です。 植える土ですが赤玉と腐葉土の割合を6:4にしてあげるとよく育っていきます。よく育ってきたら追肥をするといいでしょう。さらに、連作障害を起こすので、翌年は別の場所で育てるかプランターの場合はすべて土を変えるといいでしょう。
観葉植物 , トウガラシ , 育て方
動画で見る裸子植物の育て方とは
裸子植物とは種子がむき出しになっている植物のことで、ソテツやイチョウなどが裸子植物にあたります。 種子が隠れている被子植物と違い、風などの力で花粉が運ばれ受粉をするので、具体的な育て方はありません。 また被子植物との違いは花をつけるかつけないかです。 被子植物は虫によって受粉を行うものが多いので、きれいな花を咲かせるものが 多い一方で、裸子植物は花をつけるものはほとんどありません。 これは種子を作る最初の植物であったことから、シンプルなものが多いようです。 しかし、特に育て方はなくとも、室内で育てる場合は適度に水をあげる必要があります。
裸子植物 , 動画 , 育て方
メトロシデロスという観葉植物の育て方について
メトロシデロスの育て方・日常管理 メトロシデロスはニュージーランド原産の観葉植物です。近年、ニュージーランド産の植物が日本にもたくさん入ってくるようになりました。同じように、比較的育て方も簡単だと言えます。お日様が大好きな植物ですので、日が当たるところで管理しましょう。水遣りは土が乾いたら行います。肥料は春と秋に与えます。鉢の底から根が伸びて出てきたら、植え替えのサインですので、花が咲き終わったら、剪定し、一周りか二周り大きな鉢に植え替えてやりましょう。その際、あまり根をいじらないのがポイントです。大きな鉢に植え替えることにより、次の年にさらに大きくなり、たくさんの花をまた咲かせてくれるようになります。
観葉植物 , メトロシデロス , 育て方
園芸植物の管理を動画で!パセリの簡単な育て方
パセリの育て方・日常管理 収穫 園芸植物の簡単な育て方を動画で紹介しています。家庭に一株あるとお料理にも使えて便利なパセリ。収穫のポイントは外側の葉から摘み取ることです。葉が混んできても、株分けは根を傷めてしまう原因になりますので避けましょう。収穫後に追肥をしてやると、新しい葉がぐんぐん育ち、いつまでも収穫が楽しめます。育て方のポイントは、鉢の置き場所です。手元に置きたくてついつい台所などの家の中に置いてしまいそうですが、それでは日照不足になってしまいます。冷たい風の当たらない日向において、太陽をいっぱいに浴びさせてやりましょう。
園芸植物 , パセリ , 育て方