被子植物の育て方に関する動画:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
被子植物の育て方に関する動画
動画コメント
種子は中に次の植物を生み出す胚と呼ばれる物質があります。 しかし、胚を生み出すためには生物のように卵が受精する必要があるのです。 一般的に卵が受精するという流れを耳にすると動物に限定して生じる現象と考えられることが多いのですが、実は植物においても同一のことが行われています。 実は被子植物は、胚珠がむき出しになっているという形状でした。 そのため、被子植物に比べて被子植物は傷つきやすいという欠点があるのです。 こうした点から通常の植物よりも育て方が難しいと言われています。 しっかりと情報を集めて育てるようにしましょう。
動画キーワード
被子植物 , 動画 , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

珍しい被子植物の育て方と開花時の動画
ブラシノキは、カリステモン、あるいはキンポウジュと名付けられている被子植物で、オーストラリアやニューカレドニアが原産の植物です。まるで赤いブラシが、ゆらゆらと揺られているかのように、見る人の目を引きつけるような花をつけます。 育て方は、まだ小さいうちは鉢植えで育てるとよいです。土は草花用の培養土で大丈夫です。 陽を好むので、日当たりのよい場所で、夏は土が乾いたらたっぷり水をあげましょう。冬場は控えめにします。葉が茂ってきたら、5月頃に剪定をします。 大きく育ってきたら、地植えにしてあげましょう。移植をしなくてもよい風通しの良い場所に植えてあげましょう。
被子植物 , 動画 , 育て方
被子植物の繁殖のさせ方と育て方と植物動画
被子植物を増やすための方法には栄養繁殖という方法があります。この方法では、種子からではなく、根や茎や葉から植物を繁殖させるので、クローンのように、親株と同じ遺伝的な特徴を持った株を増やすことが可能になります。 栄養繁殖での育て方には、挿し木や接ぎ木、取り木、分球、株分け、葉挿し等の方法があります。 サボテンなどの多肉植物では、葉挿しがよく行われます。 葉挿しは、乾燥気味の状態の時に、取りやすくなるので、そろっと葉を付け根近くからとります。 植物用の乾いた土の上に1枚ずつ仰向けの状態にして寝かせて置きます。根が出て来るまで、水は与えなくて大丈夫です。根が出てきたら日当たりのよい所で水を与えてあげます。
被子植物 , 動画 , 育て方
園芸植物モウセンゴケの育て方のポイント
食虫植物 モウセンゴケの育て方・日常管理  園芸植物のモウセンゴケの育て方で注意するポイントをいくつか紹介します。まず置き場所としては、明るい日陰が適しています。日差しは必要ですが、強すぎると葉っぱが傷んでしまいますので適度な場所に置くようにしましょう。 水やりについては、元々湿地に生息する植物ですので水のある環境をつくることが大切です。鉢の下に受け皿をしき水をため底から水を吸わせるようにしましょう。冬は、葉っぱが枯れ休眠しますが根は生きているので水はしっかり与えましょう。 肥料については特に必要ありません。太陽で光合成をし自分で栄養を作り出す植物なので栄養をこちらから与えなくても良いです。 これらが主なポイントです。大切に育てましょう。
園芸植物 , モウセンゴケ , 育て方
観葉植物のコウモリランの育て方について
コウモリランの育て方・日常管理 観葉植物の中で、いまかなり人気になっているのがコウモリランです。独特の葉をもっているということと見た目の割に管理が簡単で初心者のかたにも育てられるのが人気です。育て方のポイントは、水遣りです。 葉は二種類あって、光合成をする葉と貯水葉があります。水をあげるときは貯水葉にたまるようにするといいです。とくに養分を含んだ水をあげるとより栄養を与えることができます。葉は痛み易いので水遣りの時は鉢の元からあげたほうがいいです。またこの植物の特徴として着生できるので、鉢で育てるのもいいですが樹木に着生させてみることもできます。
観葉植物 , コウモリラン , 育て方
動画で見る裸子植物の育て方とは
裸子植物とは種子がむき出しになっている植物のことで、ソテツやイチョウなどが裸子植物にあたります。 種子が隠れている被子植物と違い、風などの力で花粉が運ばれ受粉をするので、具体的な育て方はありません。 また被子植物との違いは花をつけるかつけないかです。 被子植物は虫によって受粉を行うものが多いので、きれいな花を咲かせるものが 多い一方で、裸子植物は花をつけるものはほとんどありません。 これは種子を作る最初の植物であったことから、シンプルなものが多いようです。 しかし、特に育て方はなくとも、室内で育てる場合は適度に水をあげる必要があります。
裸子植物 , 動画 , 育て方
虫を食べちゃう園芸植物、食虫植物の育て方
食虫植物の育て方・日常管理 種類 と 特徴 食虫植物は虫を食べて成長する園芸植物で、いろいろな種類や育て方の特徴があります。この種類の園芸植物は大きく分けると、わな式、落とし穴式、ねばり式の三つに分けられます。わな式の代表はハエトリソウ。虫を挟んで捕まえる仕組みになった葉が特徴です。落とし穴式の代表はうつぼかずら。ツボのような植物で、なかに水が入っています。ここに落ちた虫は消化されてしまうという仕組みです。ねばり式のムシトリスミレやモウセンゴケ。べたべたした葉に虫がつかまって消化されてしまう仕組みです。いずれも虫を食べるので、肥料をやる必要はありません。
園芸植物 , 食虫植物 , 育て方