動画で見る被子植物の育て方について:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
動画で見る被子植物の育て方について
動画コメント
この動画に写っている植物は一般的に多肉植物と呼ばれていますが、れっきとした被子植物の一種です。その育て方も普通の被子植物となんら変わらないのです。ちゃんと花を咲かせますし、花の中心にはめしべが、回りを取り囲むようにおしべがあります。また昆虫の力を借りて受粉をおこない、胚珠が種子になり、子房が小さな実になるからです。映像の中にも実を付けているもの、花を咲かせているものが紹介されています。花も一本の茎に1輪つけるもの、いくつか咲くものなどさまざまです。また花のつき方も中心部に咲くもの、周りを取り囲むように咲くものなどがあります。
動画キーワード
被子植物 , 動画 , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

園芸植物トマトの育て方おすすめ動画
トマトの育て方 苗選び~土準備編 野菜豊作ver. 夏の園芸植物として定番のトマト、その育て方は決して難しいものではありません。しかし、初心者の場合は、良い苗のポイントや実生苗(みしょうなえ)・接木苗(つぎきなえ)の違い、鉢やプランターの選び方、土作りなど、何から始めたら良いのかわかりません。 そのような場合におすすめしたいのがこちらの動画です。TVでも活躍されている方の、栽培についての詳しい解説動画です。ゆっくりと丁寧な説明なので、初めて栽培にチャレンジする人でもとても理解しやすいです。おすすめの培養土や元肥の紹介もされているので、興味のある人はぜひ利用してみて下さい。
園芸植物 , トマト , 育て方
裸子植物とは育て方が全く違う真菌の動画
地上には植物だけでもさまざまな種類が存在し、最も一般的なものに胚珠が心皮にくるまれて子房の中に収まった被子植物があります。他にはは胚珠がむき出しになっている裸子植物が挙げられます。これらはいずれも種子によって繁殖し、生態や育て方に関する情報が多いのが特徴です。 それに対し真菌に属するものはやや特殊な種類で、馴染みが少ないと感じる人が多数です。真菌について説明するこの動画では、大きく分けて酵母菌と黴菌そしてキノコの類に分けられることが説明されています。画像を使用しながらわかりやすくまとめてあるので、真菌の基礎知識が理解できます。
裸子植物 , 動画 , 育て方
園芸植物にも使える蓮の育て方
念願の開花!とうとう 蓮が種から栽培で開花しました!杜若園芸 蓮を育てるにはまず、種を購入する必要があり、ホームセンターや園芸店、現地に行って在庫がなければ通販やオークションなどインターネットの園芸植物のカテゴリーを閲覧していただければ購入していただくことが可能です。購入後はまず水を吸わせるために種を削ります。下準備が終わったらいよいよ栽培に入っていくわけですが、育て方としては用土の入った鉢に種を植え、水につけます。種を植える時期としては主に4月~5月といった春中旬が望ましいです。水が命の植物ですので毎日水をやることが大切です。3か月もすると立派に開花します。
園芸植物 , 育て方 , 蓮
動画なら被子植物以外の育て方や特徴もわかる
人間や動物の食物として、その大部分を占めるのが植物になります。そして食用になる植物の大部分は被子植物というグループに属します。被子植物は種子によって繁殖しますが、成長して種子になる部分である胚珠が心皮に包まれ、子房の中に収まっている種類のことを指します。 その他に食用になる特殊なものでは、菌類に分類されるキノコがあります。キノコは種類が豊富で、日本の椎茸や中華料理に使われるきくらげなどは馴染み深いものです。ただそれらの育て方は、被子植物に比べると知られていないのも事実です。きくらげの特徴を説明した動画を見ると、育て方もよくわかります。
被子植物 , 動画 , 育て方
気軽に始められる園芸植物セダムの育て方
多肉植物 セダムの育て方・日常管理 かわいらしい葉の形が人気の多肉植物。多肉植物の仲間セダムは強健で繁殖力が旺盛な園芸植物です。育て方は非常に簡単なので初心者の方も気軽にチャレンジしてみましょう。鮮やかなグリーンが映えるので寄せ植えのすき間に使うこともできます。切れた茎を土に差しておくだけで根付いて繁殖するので増やすことも簡単です。葉に水分を貯めこむことができるのが特徴の多肉植物は多湿を嫌いますので水は控えめに、地植えにするときには軒下など、雨に当たらない場所で育てると良いでしょう。水はけがよく、日当たりと風通しのよい場所で育てるのが最適です。
園芸植物 , セダム , 育て方
動画で考える被子植物の育て方
被子植物は種子がくるまれて子房の中におさまっている植物で一般には、朝顔やたんぽぽ、つつじ、エンドウ、ユリ、稲など花が咲いて種が自然に落ちるものをいいます。 そのため育て方としては、その植物に適した水やりをすることが大切です。 常に水を流しておく稲と違い、朝顔やユリなどは水が多すぎてはいけませんし、適した量や時間帯を調べておくと良いです。 被子植物はきれいな花を咲かせた後に、自然と種を落としてくれるので一度育ててしまえば花が枯れた後、周辺に種が落ちているので鉢植えの場合は発芽させ、庭の場合は水やりをしておけば元気に育ってくれます。
被子植物 , 動画 , 育て方