動画で見る被子植物の育て方について:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
動画で見る被子植物の育て方について
動画コメント
この動画に写っている植物は一般的に多肉植物と呼ばれていますが、れっきとした被子植物の一種です。その育て方も普通の被子植物となんら変わらないのです。ちゃんと花を咲かせますし、花の中心にはめしべが、回りを取り囲むようにおしべがあります。また昆虫の力を借りて受粉をおこない、胚珠が種子になり、子房が小さな実になるからです。映像の中にも実を付けているもの、花を咲かせているものが紹介されています。花も一本の茎に1輪つけるもの、いくつか咲くものなどさまざまです。また花のつき方も中心部に咲くもの、周りを取り囲むように咲くものなどがあります。
動画キーワード
被子植物 , 動画 , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

かわいい観葉植物、アロマティカスの育て方
カインズ観葉植物図鑑 アロマティカスの育て方 アロマティカスは、インドや南アフリカが原産の多肉植物です。可愛らしい丸い葉が特徴で、アロマの名が示すようにミントのようなさわやかな香りがする、丈夫で育て方のやさしい観葉植物です。 置き場所は、乾燥して風通しの良い、日当たりのいい場所を選びます。夏は直射日光を避けた半日陰、冬は暖かい室内が育てるのに適しています。 水やりは、春から夏は土が乾いたらそのたびにたっぷりと与えます。冬は控えめにし、月に1~2度程度にします。一般的なハーブの土より、水はけのよい土を選んだほうがよいです。また、梅雨前には、茂った葉を間引いて風通しを良くしておきます。 肥料は、粒状肥料か、薄めの液体肥料、またはサボテン用の肥料などを与えます。根腐れや香りが薄くなる原因になることがあるので、与えすぎに注意します。温かい時期に葉の色が薄くなったような時に少量を施します。 新芽が出たら、適当な長さに切って水につけておくと、数日間で根が出るので、簡単に増やすことができます。
観葉植物 , アロマティカス , 育て方
園芸植物の定番、ナスの育て方おすすめ動画
ナス(茄子)の育て方・日常管理 収穫と追肥 ナスは園芸植物の中でも栽培者が多く、種類もたくさんあります。育て方のポイントは、葉をいかに大きくするか、摘果や整枝など枝の仕立てがうまくできるかなどにかかっています。その他にも、収穫のタイミングや追肥、お礼肥も大切です。 実演をしながら、栽培の基本を説明をしてくれている動画がこちらです。園芸植物の栽培者がよく利用する動画で、とてもわかりやすく解説されています。お礼肥は、株が疲れてしまわないように施すものです。量や施し方もとても参考になります。出演されている方は、TVでも活躍されておられる方なのでおすすめです。
園芸植物 , ナス , 育て方
裸子植物とは育て方が全く違う真菌の動画
地上には植物だけでもさまざまな種類が存在し、最も一般的なものに胚珠が心皮にくるまれて子房の中に収まった被子植物があります。他にはは胚珠がむき出しになっている裸子植物が挙げられます。これらはいずれも種子によって繁殖し、生態や育て方に関する情報が多いのが特徴です。 それに対し真菌に属するものはやや特殊な種類で、馴染みが少ないと感じる人が多数です。真菌について説明するこの動画では、大きく分けて酵母菌と黴菌そしてキノコの類に分けられることが説明されています。画像を使用しながらわかりやすくまとめてあるので、真菌の基礎知識が理解できます。
裸子植物 , 動画 , 育て方
根腐れをしている観葉植物の育て方について
根腐れを仕掛けている観葉植物の対処方法 植え替え編 観葉植物も水をあげすぎてしまうと、根腐れを起こしてしまうことがあります。腐ってしまった観葉植物のような育て方については、まずは植え替えをしなくてはなりません。植え替えをすると根がふにゃふにゃになっていたり悪臭がしてくるので、まずは悪い根を切り取ることが必要です。そのうえで、新しい赤玉を中心とした新鮮な土に植え替えることが必要です。できれば植え替えるときは真冬ではなく、春先にしたほうがいいです。冬に腐ってしまう場合は、育つ可能性は低くなってしまいます。冬場の水遣りは控えることが大事になってきます。
観葉植物 , 根腐れ , 育て方
土ブロックを使用した観葉植物の育て方
トマトを育てよう 水でふくらむ「土ブロック」篇 その2  観葉植物を育てる際は、土ブロックの土を使用してみましょう。水を加えたら、大きく膨らんでくれるので、土を沢山購入したい時には便利です。 では、土の使用法です。 大きな容器の中に土のブロックを入れ、水を注ぎます。水は、1ブロックに対して3L程、回し入れます。 そのままでも、水を吸収しますが、ほぐしながら吸わせると、速く吸収します。すると、1ブロックの土は8Lぐらいに膨らみます。 この土での植物の育て方です。植物を大きく育てるためには、膨らんだ土の中に苦土石灰を混ぜます。1ブロックの土に対して苦土石灰は一握り程度混ぜます。よくかき混ぜたら3~4日そのままにします。それから基肥を同じく一握り加えてよくかき混ぜて、植物を植えます。すると、育ちがよくなります。
観葉植物 , 土ブロック , 育て方
観葉植物としても使えるパイナップルの育て方
パイナップルを植えて3年 今年は実をつけるぞ~ 暑さに強いので4月から10月にかけては日当りの良い場所で育てます。その反面寒さには弱いので秋以降は室内に取り込んで育て、10度前後に保つのが良いでしょう。春から秋の間はたっぷりと水を与えるようにして、冬の間は多少乾かし気味にしておくのがベストです。肥料は購入後1ヶ月ぐらい経過してから与えましょう。また、水はけのよい酸性の土を好みます。実がつくまでに3年程かかり、実が黄色く熟し良い香りがしてきたら収穫期です。パイナップルの育て方はそれほど難しくなく、実が出来るまで楽しむことが出来るうえに観葉植物としての見た目も良いです。
観葉植物 , パイナップル , 育て方