園芸植物トマトの育て方おすすめ動画:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
園芸植物トマトの育て方おすすめ動画
動画コメント
トマトの育て方 苗選び~土準備編 野菜豊作ver. 夏の園芸植物として定番のトマト、その育て方は決して難しいものではありません。しかし、初心者の場合は、良い苗のポイントや実生苗(みしょうなえ)・接木苗(つぎきなえ)の違い、鉢やプランターの選び方、土作りなど、何から始めたら良いのかわかりません。 そのような場合におすすめしたいのがこちらの動画です。TVでも活躍されている方の、栽培についての詳しい解説動画です。ゆっくりと丁寧な説明なので、初めて栽培にチャレンジする人でもとても理解しやすいです。おすすめの培養土や元肥の紹介もされているので、興味のある人はぜひ利用してみて下さい。
動画キーワード
園芸植物 , トマト , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

白雪姫と呼ばれる園芸植物、ユーフオルビアの育て方
ユーフオルビア (白雪姫)の育て方・日常管理 ユーフオルビアは別名白雪姫「スノープリンセス」ともよばれる白くて美しい園芸植物です。クリスマスで同じ胃のポインセチアなどと同じ仲間です。白い花のような部分は「ほう」とよばれるもので、本当の花はその中に小さくあります。育て方のポイントは、よく日に当てること。しかし、戸外で冬を越すことはできないので、日当たりのよい屋内で育てるようにしてください。春まで肥料はいりません。日光不足になると葉が黄色くなってきます。黄色くなった葉っぱは除去し、よく日に当てるようにしてください。この時、白い樹液が出てくるのですが、人によってはかぶれたりすることもあるので気を付けてください。
ユーフオルビア , 園芸植物 , 育て方
動画で見る被子植物の育て方について
この動画に写っている植物は一般的に多肉植物と呼ばれていますが、れっきとした被子植物の一種です。その育て方も普通の被子植物となんら変わらないのです。ちゃんと花を咲かせますし、花の中心にはめしべが、回りを取り囲むようにおしべがあります。また昆虫の力を借りて受粉をおこない、胚珠が種子になり、子房が小さな実になるからです。映像の中にも実を付けているもの、花を咲かせているものが紹介されています。花も一本の茎に1輪つけるもの、いくつか咲くものなどさまざまです。また花のつき方も中心部に咲くもの、周りを取り囲むように咲くものなどがあります。
被子植物 , 動画 , 育て方
育て方が難しい被子植物の動画
被子植物というのは、現代人が最も目にしている植物です。 成長すると花をつけるという特徴があります。 種子が子房に守られた状態で成長していくので、被子植物という名前で呼ばれています。 およそ400科も存在し、種類はおよそ25万種類から30万種類にもなると言われています。 こうした数字からもわかるように、今日において最も繁栄している植物と言えるでしょう。 ただし、胚が守られているので繁殖させることは少し難しいです。 そのため、育てるという場合はインターネットなどの情報を参考にして、育て方を探してみると良いです。
被子植物 , 動画 , 育て方
テラリウムに使う園芸植物の育て方を紹介
テラリウムを作って栽培上手になろう テラリウムとは日常の空間に小さな園芸植物を取り入れる、自然と日常の共存をテーマとした園芸形態です。小さな瓶や、ペットボトル等のようなものを植木鉢代わりに育てることが多いので広い空間を必要としないのが特徴です。また、小さいためテーブルの上や、窓際に置いたり、天井から吊るしたりできるので、インテリアとしても最適なものです。 今回はそのような日常に癒しをもたらす園芸植物の育て方を、どこのご家庭にでもあるようなものを使って作る方法をご紹介します。 この動画を観て、皆さんもぜひ取り組んでみてください。確実にはまりますよ!
園芸植物 , テラリウム , 育て方
園芸植物で甘い実をつけるブルーベリーの育て方
ブルーベリーの育て方・日常管理 植え付けのポイント 園芸植物の苗は、そのままにしていると根がパンパンに張ってしまい大きく育ちません。そのためなるべく早めに庭やプランターなどへの植え替えをした方が育ちやすくなります。その際には必ず専用の土を使うようにしましょう。 植え替えをしたのになかなか大きくならなくて育て方が難しいと感じてしまう人もいますが、その際は植えている場所を再確認してみましょう。周りにブロック塀などのコンクリートが近くにないでしょうか。コンクリートはアルカリ性を含んでいるため、雨でそのアルカリが土壌に溶け込んできます。ブルーベリーは酸性土壌を好む性質を持つため、アルカリ性のものの近くには植えないよう注意が必要です。
園芸植物 , ブルーベリー , 育て方
観葉植物テーブルヤシの育て方について
カインズ植物図鑑 テーブルヤシの育て方 観葉植物のテーブルヤシは、メキシコから南アフリカにかけておよそ100種類分布するヤシの仲間です。日常の手入れのポイントは、枯れてきた葉をそのまま放置せずに取り除き、株をきれいな状態に保ちます。 育て方は、ヤシ類の中では強い日差しが苦手なので、一年を通して直射日光に当てないよう注意します。やや湿気を好むので、土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えます。新芽の部分が乾いているとなかなか芽が出てこなかったり、出てきても葉が小さくなってしまうこともあるので、幹や葉の部分にも水をかけます。肥料は春から秋にかけて、月に2回液体肥料を与えます。冬は成長しないので、肥料は与えなくて大丈夫です。
観葉植物 , テーブルヤシ , 育て方