園芸植物の管理を動画で!パセリの簡単な育て方:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
園芸植物の管理を動画で!パセリの簡単な育て方
動画コメント
パセリの育て方・日常管理 収穫 園芸植物の簡単な育て方を動画で紹介しています。家庭に一株あるとお料理にも使えて便利なパセリ。収穫のポイントは外側の葉から摘み取ることです。葉が混んできても、株分けは根を傷めてしまう原因になりますので避けましょう。収穫後に追肥をしてやると、新しい葉がぐんぐん育ち、いつまでも収穫が楽しめます。育て方のポイントは、鉢の置き場所です。手元に置きたくてついつい台所などの家の中に置いてしまいそうですが、それでは日照不足になってしまいます。冷たい風の当たらない日向において、太陽をいっぱいに浴びさせてやりましょう。
動画キーワード
園芸植物 , パセリ , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

裸子植物とは育て方が全く違う真菌の動画
地上には植物だけでもさまざまな種類が存在し、最も一般的なものに胚珠が心皮にくるまれて子房の中に収まった被子植物があります。他にはは胚珠がむき出しになっている裸子植物が挙げられます。これらはいずれも種子によって繁殖し、生態や育て方に関する情報が多いのが特徴です。 それに対し真菌に属するものはやや特殊な種類で、馴染みが少ないと感じる人が多数です。真菌について説明するこの動画では、大きく分けて酵母菌と黴菌そしてキノコの類に分けられることが説明されています。画像を使用しながらわかりやすくまとめてあるので、真菌の基礎知識が理解できます。
裸子植物 , 動画 , 育て方
園芸植物トマトの育て方おすすめ動画
トマトの育て方 苗選び~土準備編 野菜豊作ver. 夏の園芸植物として定番のトマト、その育て方は決して難しいものではありません。しかし、初心者の場合は、良い苗のポイントや実生苗(みしょうなえ)・接木苗(つぎきなえ)の違い、鉢やプランターの選び方、土作りなど、何から始めたら良いのかわかりません。 そのような場合におすすめしたいのがこちらの動画です。TVでも活躍されている方の、栽培についての詳しい解説動画です。ゆっくりと丁寧な説明なので、初めて栽培にチャレンジする人でもとても理解しやすいです。おすすめの培養土や元肥の紹介もされているので、興味のある人はぜひ利用してみて下さい。
園芸植物 , トマト , 育て方
動画でわかる被子植物の育て方
地上にはさまざまな植物が生育していますが、人間の暮らしに欠かせないものも多数あります。多種多様な植物を分類する方法で、その第一に挙げられるのが被子植物です。これは種子によって繁殖する植物の種類で、種子になる胚珠の部分が心皮に包まれて子房に収まっているのが特徴です。胚珠が種子になる時には、心皮は果実と成長します。 植物の中でも被子植物は食用や観賞用などとして、馴染みのあるものが多くあります。中には特定の症状などに有効な栄養素を含んだものもあり、積極的に利用されています。育て方のアドバイスもさまざまなものがありますが、動画で説明したものはわかりやすく便利です。
被子植物 , 動画 , 育て方
観葉植物の日常管理と育て方について
観葉植物の育て方・日常管理 水やり 観葉植物を育てるにおいて、忘れてはいけないことが水遣りです。日常管理としてとても大事なポイントですが、もし水くれを忘れてしまってカラカラにしてしまったというときは、上からゆっくりと与えたとしても水が鉢全体に行き届いていないことがあります。そんなからからな状態になってしまったら一度鉢ごと水を張った状態のバケツにつけることが必要です。しっかりと入れることで土の中に十部に水が入っていくのです。育て方の中で水を枯らさないということも大事ですが、冬場に水を与えすぎないことも大切です。水の管理はとても難しいですが、なんとか管理していきたいものです。
観葉植物 , 日常管理 , 育て方
観葉植物テーブルヤシの育て方について
カインズ植物図鑑 テーブルヤシの育て方 観葉植物のテーブルヤシは、メキシコから南アフリカにかけておよそ100種類分布するヤシの仲間です。日常の手入れのポイントは、枯れてきた葉をそのまま放置せずに取り除き、株をきれいな状態に保ちます。 育て方は、ヤシ類の中では強い日差しが苦手なので、一年を通して直射日光に当てないよう注意します。やや湿気を好むので、土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えます。新芽の部分が乾いているとなかなか芽が出てこなかったり、出てきても葉が小さくなってしまうこともあるので、幹や葉の部分にも水をかけます。肥料は春から秋にかけて、月に2回液体肥料を与えます。冬は成長しないので、肥料は与えなくて大丈夫です。
観葉植物 , テーブルヤシ , 育て方
観葉植物 アイビーの育て方について
アイビーの育て方・日常管理 種類 アイビーにはいろいろな種類があります。葉っぱが緑色のものや、白い模様が入ったもの、また形もハート型をしたものから、星型のようなものまで様々です。いろんな形をコレクションしている人もいるほど、人気の観葉植物です。育て方はそれほど難しくはありません。日光が好きなので、出来れば日が当る場所で育てましょう。しかし、暗いところでも耐久性がありますので、室内でも育てることも十分可能です。水は土が乾いたら上げる程度です。肥料は1~2ヶ月に一度を目安にあげましょう。気をつけなければならない病害虫もありません。壁などに這わせて育てるのに適しています。
観葉植物 , アイビー , 育て方