園芸植物の管理を動画で!パセリの簡単な育て方:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
園芸植物の管理を動画で!パセリの簡単な育て方
動画コメント
パセリの育て方・日常管理 収穫 園芸植物の簡単な育て方を動画で紹介しています。家庭に一株あるとお料理にも使えて便利なパセリ。収穫のポイントは外側の葉から摘み取ることです。葉が混んできても、株分けは根を傷めてしまう原因になりますので避けましょう。収穫後に追肥をしてやると、新しい葉がぐんぐん育ち、いつまでも収穫が楽しめます。育て方のポイントは、鉢の置き場所です。手元に置きたくてついつい台所などの家の中に置いてしまいそうですが、それでは日照不足になってしまいます。冷たい風の当たらない日向において、太陽をいっぱいに浴びさせてやりましょう。
動画キーワード
園芸植物 , パセリ , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

かわいい観葉植物、アロマティカスの育て方
カインズ観葉植物図鑑 アロマティカスの育て方 アロマティカスは、インドや南アフリカが原産の多肉植物です。可愛らしい丸い葉が特徴で、アロマの名が示すようにミントのようなさわやかな香りがする、丈夫で育て方のやさしい観葉植物です。 置き場所は、乾燥して風通しの良い、日当たりのいい場所を選びます。夏は直射日光を避けた半日陰、冬は暖かい室内が育てるのに適しています。 水やりは、春から夏は土が乾いたらそのたびにたっぷりと与えます。冬は控えめにし、月に1~2度程度にします。一般的なハーブの土より、水はけのよい土を選んだほうがよいです。また、梅雨前には、茂った葉を間引いて風通しを良くしておきます。 肥料は、粒状肥料か、薄めの液体肥料、またはサボテン用の肥料などを与えます。根腐れや香りが薄くなる原因になることがあるので、与えすぎに注意します。温かい時期に葉の色が薄くなったような時に少量を施します。 新芽が出たら、適当な長さに切って水につけておくと、数日間で根が出るので、簡単に増やすことができます。
観葉植物 , アロマティカス , 育て方
観葉植物のオリーブの育て方について
オリーブの育て方・日常管理 植え替えと剪定(元気にするための植え替え) 実作業編 観葉植物の中でも人気なのがオリーブですが、土が粘土状になっていると、水はけが悪くて、葉が黄色くなってしまったり元気がなくなることがあります。そのときに育て方ですが、まずは植え替えることが必要です。4月以降になると新芽がたくさん出てくる植物なのでその時期よりも少し前に植え替えてあげると芽吹きがいいです。さらには泥の落とし方も、なるべく粘土質の土を落としたいので、しっかりおとして新しい栄養のある専用の土を使うことが望ましいです。さらに余計な根をきったりしているので、枝を思い切って落としてあげると、もっときれいな新芽がでてきます。
観葉植物 , オリーブ , 育て方
観葉植物の日常管理と育て方について
観葉植物の育て方・日常管理 水やり 観葉植物を育てるにおいて、忘れてはいけないことが水遣りです。日常管理としてとても大事なポイントですが、もし水くれを忘れてしまってカラカラにしてしまったというときは、上からゆっくりと与えたとしても水が鉢全体に行き届いていないことがあります。そんなからからな状態になってしまったら一度鉢ごと水を張った状態のバケツにつけることが必要です。しっかりと入れることで土の中に十部に水が入っていくのです。育て方の中で水を枯らさないということも大事ですが、冬場に水を与えすぎないことも大切です。水の管理はとても難しいですが、なんとか管理していきたいものです。
観葉植物 , 日常管理 , 育て方
虫を食べちゃう園芸植物、食虫植物の育て方
食虫植物の育て方・日常管理 種類 と 特徴 食虫植物は虫を食べて成長する園芸植物で、いろいろな種類や育て方の特徴があります。この種類の園芸植物は大きく分けると、わな式、落とし穴式、ねばり式の三つに分けられます。わな式の代表はハエトリソウ。虫を挟んで捕まえる仕組みになった葉が特徴です。落とし穴式の代表はうつぼかずら。ツボのような植物で、なかに水が入っています。ここに落ちた虫は消化されてしまうという仕組みです。ねばり式のムシトリスミレやモウセンゴケ。べたべたした葉に虫がつかまって消化されてしまう仕組みです。いずれも虫を食べるので、肥料をやる必要はありません。
園芸植物 , 食虫植物 , 育て方
園芸植物として楽しめるウツボカズラの育て方
食虫植物 ウツボカズラの育て方・日常管理 この動画は園芸植物の育て方を紹介している動画で、ここではウツボカズラが取り上げられています。この植物は食虫植物で、つぼの所で虫を捕らえて栄養にします。この植物の種類には小さいものからつぼの大きいもの、色の黒いものがありますが、そのどれもが熱帯の植物であるため寒さに弱いものとなります。このため冬の間は絶対に室内に入れておく必要があります。また肥料をあげるとつぼがつかなくなるため、なるべく肥料はあげないようにします。つぼを長持ちさせるには、上から水を上げてつぼの中に常に水が溜まった状態にしておくようにします。この他にも葉の先はつぼがつくところなのであまり触らないようにする、暗い所ではつぼがつかないため明るい日陰におくといったことが重要な点として挙げられます。高温で湿度がありある程度明るいという3つが、つぼがつきやすくなる条件となります。
園芸植物 , ウツボカズラ , 育て方
園芸植物トマトの育て方おすすめ動画
トマトの育て方 苗選び~土準備編 野菜豊作ver. 夏の園芸植物として定番のトマト、その育て方は決して難しいものではありません。しかし、初心者の場合は、良い苗のポイントや実生苗(みしょうなえ)・接木苗(つぎきなえ)の違い、鉢やプランターの選び方、土作りなど、何から始めたら良いのかわかりません。 そのような場合におすすめしたいのがこちらの動画です。TVでも活躍されている方の、栽培についての詳しい解説動画です。ゆっくりと丁寧な説明なので、初めて栽培にチャレンジする人でもとても理解しやすいです。おすすめの培養土や元肥の紹介もされているので、興味のある人はぜひ利用してみて下さい。
園芸植物 , トマト , 育て方