園芸植物として楽しめるウツボカズラの育て方:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
園芸植物として楽しめるウツボカズラの育て方
動画コメント
食虫植物 ウツボカズラの育て方・日常管理 この動画は園芸植物の育て方を紹介している動画で、ここではウツボカズラが取り上げられています。この植物は食虫植物で、つぼの所で虫を捕らえて栄養にします。この植物の種類には小さいものからつぼの大きいもの、色の黒いものがありますが、そのどれもが熱帯の植物であるため寒さに弱いものとなります。このため冬の間は絶対に室内に入れておく必要があります。また肥料をあげるとつぼがつかなくなるため、なるべく肥料はあげないようにします。つぼを長持ちさせるには、上から水を上げてつぼの中に常に水が溜まった状態にしておくようにします。この他にも葉の先はつぼがつくところなのであまり触らないようにする、暗い所ではつぼがつかないため明るい日陰におくといったことが重要な点として挙げられます。高温で湿度がありある程度明るいという3つが、つぼがつきやすくなる条件となります。
動画キーワード
園芸植物 , ウツボカズラ , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

動画で見る裸子植物の育て方とは
裸子植物とは種子がむき出しになっている植物のことで、ソテツやイチョウなどが裸子植物にあたります。 種子が隠れている被子植物と違い、風などの力で花粉が運ばれ受粉をするので、具体的な育て方はありません。 また被子植物との違いは花をつけるかつけないかです。 被子植物は虫によって受粉を行うものが多いので、きれいな花を咲かせるものが 多い一方で、裸子植物は花をつけるものはほとんどありません。 これは種子を作る最初の植物であったことから、シンプルなものが多いようです。 しかし、特に育て方はなくとも、室内で育てる場合は適度に水をあげる必要があります。
裸子植物 , 動画 , 育て方
裸子植物の育て方の前に、電子顕微鏡の動画を
裸子植物とは、子房をもたず、胚珠が裸出している植物群のことを指しますが、ヒノキやまつ、スギなどたくさんの種類があります。育て方に興味を持っておられる方は、その前にまず裸子植物の断面を電子顕微鏡で撮影した動画をご覧ください。クリスマスツリーによく使用される「もみの木」の断層画面ですが、その美しさと精巧な細胞の作りにきっと驚かれることでしょう。裸子植物を遠くから見たときの姿とはまるで違う美しさです。中央の部分から外側に向けて何層にもなっていて、緻密に細胞が並んでいるのがわかります。神秘さを感じます。
裸子植物 , 動画 , 育て方
観葉植物 アイビーの育て方について
アイビーの育て方・日常管理 種類 アイビーにはいろいろな種類があります。葉っぱが緑色のものや、白い模様が入ったもの、また形もハート型をしたものから、星型のようなものまで様々です。いろんな形をコレクションしている人もいるほど、人気の観葉植物です。育て方はそれほど難しくはありません。日光が好きなので、出来れば日が当る場所で育てましょう。しかし、暗いところでも耐久性がありますので、室内でも育てることも十分可能です。水は土が乾いたら上げる程度です。肥料は1~2ヶ月に一度を目安にあげましょう。気をつけなければならない病害虫もありません。壁などに這わせて育てるのに適しています。
観葉植物 , アイビー , 育て方
動画中の文字で知る被子植物の種の育て方
この動画には被子植物が、種になるには花の中でどのようなことがおこなわれているのかを、詳しく書かれています。その受粉の中心であるめしべの構造やその役割、おしべの構造と役割を細かく説明してあります。めしべは子房、柱頭、花柱の三種類で、子房の中心にある大胞子母細胞が細胞分裂により、最終的に胚嚢を含んだ細胞になること、おしべの花粉も花粉母細胞があり、それが細胞分裂により、受粉に必要な生殖細胞や管細胞を含んだ構造になっています。このように種子植物の種の育て方には、おしべ、めしべの中にある細胞の細胞分裂が大きくかかわっています。
被子植物 , 動画 , 育て方
園芸植物で甘い実をつけるブルーベリーの育て方
ブルーベリーの育て方・日常管理 植え付けのポイント 園芸植物の苗は、そのままにしていると根がパンパンに張ってしまい大きく育ちません。そのためなるべく早めに庭やプランターなどへの植え替えをした方が育ちやすくなります。その際には必ず専用の土を使うようにしましょう。 植え替えをしたのになかなか大きくならなくて育て方が難しいと感じてしまう人もいますが、その際は植えている場所を再確認してみましょう。周りにブロック塀などのコンクリートが近くにないでしょうか。コンクリートはアルカリ性を含んでいるため、雨でそのアルカリが土壌に溶け込んできます。ブルーベリーは酸性土壌を好む性質を持つため、アルカリ性のものの近くには植えないよう注意が必要です。
園芸植物 , ブルーベリー , 育て方
夏に人気の園芸植物、アンスリウムの育て方
アンスリウムの育て方・日常管理 今までアンスリウムは赤色の花のようなものが特徴の園芸植物でしたが、最近ではピンクや白など様々な色のものが出ているため、室内用植物として人気があります。 赤やピンクなど色づいていた部分は実は花ではなく葉の一種であり、本来の花は中央の突起物の部分となります。そのため日に当たれば緑色に変色してしまいます。そのため外ではなく室内で育てるのが好ましいとされています。また時間が経っても緑色になってしまうため、そのときはハサミで切ってあげましょう。そして土が乾いたらしっかり水をあげること。その2つが最低限の育て方です。 花をつける植物のため、観葉植物用の肥料というよりは草花用の肥料をあげると、どんどん鮮やかな色の葉をつけてくれます。
園芸植物 , アンスリウム , 育て方