動画で見る被子植物の種の育て方:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
動画で見る被子植物の種の育て方
動画コメント
この動画には被子植物が種になるまでの詳しい育て方が、よくわかるようになっています。おしべのやくでつくられる花粉の役割や構造、めしべの中にある子房の中の胚嚢の仕組みなどがこと細かく書いてあるので、一目でわかるようになっています。めしべがおしべの花粉が受粉すると、花粉管が伸び、受精卵が胚珠になり、やがて種子になる様子、子房が膨らみ果実になるまでの構図が、一連の流れでわかりやすくなっています。また実際の果実を使って、子房の仕組みやどのような変化を経て果実になるのか、また種子になるのか文字だけでなく、目でも見ることが出来ます。
動画キーワード
被子植物 , 動画 , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

根腐れをしている観葉植物の育て方について
根腐れを仕掛けている観葉植物の対処方法 植え替え編 観葉植物も水をあげすぎてしまうと、根腐れを起こしてしまうことがあります。腐ってしまった観葉植物のような育て方については、まずは植え替えをしなくてはなりません。植え替えをすると根がふにゃふにゃになっていたり悪臭がしてくるので、まずは悪い根を切り取ることが必要です。そのうえで、新しい赤玉を中心とした新鮮な土に植え替えることが必要です。できれば植え替えるときは真冬ではなく、春先にしたほうがいいです。冬に腐ってしまう場合は、育つ可能性は低くなってしまいます。冬場の水遣りは控えることが大事になってきます。
観葉植物 , 根腐れ , 育て方
園芸植物である多肉植物の育て方とは
Vol.77 多肉植物の育て方 最近お花屋さん以外でも雑貨屋などで販売されるようになった多肉植物ですが、一般の園芸植物とは育て方が異なります。 花とは違いつぼみがついたり花が咲くなどの変化が見られないので水をあげるタイミングなどは、土を見て土が白っぽくなっていたら溢れるくらいに土に水をあげます。 2,3日に一回くらいは土を観察してください。 色を鮮やかに出したい時は直射日光に当てた方がいいものもあるので、溢れた水は捨てるようにしてください。 株を増やしたい時には葉をサボテン用、多肉用の培養土に指しておけば新しい芽が出てくるので、鉢に入れかえれば数を増やすことができます。
園芸植物 , 多肉植物 , 育て方
気軽に始められる園芸植物セダムの育て方
多肉植物 セダムの育て方・日常管理 かわいらしい葉の形が人気の多肉植物。多肉植物の仲間セダムは強健で繁殖力が旺盛な園芸植物です。育て方は非常に簡単なので初心者の方も気軽にチャレンジしてみましょう。鮮やかなグリーンが映えるので寄せ植えのすき間に使うこともできます。切れた茎を土に差しておくだけで根付いて繁殖するので増やすことも簡単です。葉に水分を貯めこむことができるのが特徴の多肉植物は多湿を嫌いますので水は控えめに、地植えにするときには軒下など、雨に当たらない場所で育てると良いでしょう。水はけがよく、日当たりと風通しのよい場所で育てるのが最適です。
園芸植物 , セダム , 育て方
動画で見る裸子植物の育て方とは
裸子植物とは種子がむき出しになっている植物のことで、ソテツやイチョウなどが裸子植物にあたります。 種子が隠れている被子植物と違い、風などの力で花粉が運ばれ受粉をするので、具体的な育て方はありません。 また被子植物との違いは花をつけるかつけないかです。 被子植物は虫によって受粉を行うものが多いので、きれいな花を咲かせるものが 多い一方で、裸子植物は花をつけるものはほとんどありません。 これは種子を作る最初の植物であったことから、シンプルなものが多いようです。 しかし、特に育て方はなくとも、室内で育てる場合は適度に水をあげる必要があります。
裸子植物 , 動画 , 育て方
動画で考える被子植物の育て方
被子植物は種子がくるまれて子房の中におさまっている植物で一般には、朝顔やたんぽぽ、つつじ、エンドウ、ユリ、稲など花が咲いて種が自然に落ちるものをいいます。 そのため育て方としては、その植物に適した水やりをすることが大切です。 常に水を流しておく稲と違い、朝顔やユリなどは水が多すぎてはいけませんし、適した量や時間帯を調べておくと良いです。 被子植物はきれいな花を咲かせた後に、自然と種を落としてくれるので一度育ててしまえば花が枯れた後、周辺に種が落ちているので鉢植えの場合は発芽させ、庭の場合は水やりをしておけば元気に育ってくれます。
被子植物 , 動画 , 育て方
虫を食べちゃう園芸植物、食虫植物の育て方
食虫植物の育て方・日常管理 種類 と 特徴 食虫植物は虫を食べて成長する園芸植物で、いろいろな種類や育て方の特徴があります。この種類の園芸植物は大きく分けると、わな式、落とし穴式、ねばり式の三つに分けられます。わな式の代表はハエトリソウ。虫を挟んで捕まえる仕組みになった葉が特徴です。落とし穴式の代表はうつぼかずら。ツボのような植物で、なかに水が入っています。ここに落ちた虫は消化されてしまうという仕組みです。ねばり式のムシトリスミレやモウセンゴケ。べたべたした葉に虫がつかまって消化されてしまう仕組みです。いずれも虫を食べるので、肥料をやる必要はありません。
園芸植物 , 食虫植物 , 育て方