裸子植物の花を咲かせる育て方と咲いた花の動画:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
裸子植物の花を咲かせる育て方と咲いた花の動画
動画コメント
裸子植物の中でも小ぶりのサボテンを室内で観賞するのがブームになってきました。土の上に色石を敷き詰めるととても見栄えがよくなり、目を楽しませてくれます。 ところで、サボテンもそれぞれに素敵な花を咲かせます。温度や湿度、日照の管理が難しいと思われていますが、うまく管理したら花を開いてくれるようになるので、ぜひ花を咲かせてみましょう。 育て方は、水のやりすぎに気をつけて、どちらかというと乾燥気味で管理すると、意外とわりとうまいきます。 そして、サボテンには生育期と休眠期があるので、生育期に水をたっぷり与え、休眠期にはカラカラに近い状態を保つようにメリハリをつけてやると花を咲かせやすくなります。
動画キーワード
裸子植物 , 動画 , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

テラリウムに使う園芸植物の育て方を紹介
テラリウムを作って栽培上手になろう テラリウムとは日常の空間に小さな園芸植物を取り入れる、自然と日常の共存をテーマとした園芸形態です。小さな瓶や、ペットボトル等のようなものを植木鉢代わりに育てることが多いので広い空間を必要としないのが特徴です。また、小さいためテーブルの上や、窓際に置いたり、天井から吊るしたりできるので、インテリアとしても最適なものです。 今回はそのような日常に癒しをもたらす園芸植物の育て方を、どこのご家庭にでもあるようなものを使って作る方法をご紹介します。 この動画を観て、皆さんもぜひ取り組んでみてください。確実にはまりますよ!
園芸植物 , テラリウム , 育て方
観葉植物としてのサツマイモの育て方
サツマイモ(sweet potato)を観葉植物に育てました。 焼き芋やスイートポテトなどでスイーツの材料としておなじみのサツマイモ。食用として有名ですが、観葉植物に適しているのは知っていましたか?今回は、育て方について紹介します。 成長が早く、弱い光でも十分に育つので、室内でも育てることができます。コップやペットボトルを切り開いた容器に水を入れ、そこにさつま芋を入れておくだけで、2、3日すると芽が出てきます。一か月もすると、茎が伸び、葉が茂ってくるので、立派な観葉植物となるのです。他の観葉植物とは違い、肥料や土などもいらないので、初心者の方は試してみてはいかがでしょうか?
観葉植物 , サツマイモ , 育て方
裸子植物とは育て方が全く違う真菌の動画
地上には植物だけでもさまざまな種類が存在し、最も一般的なものに胚珠が心皮にくるまれて子房の中に収まった被子植物があります。他にはは胚珠がむき出しになっている裸子植物が挙げられます。これらはいずれも種子によって繁殖し、生態や育て方に関する情報が多いのが特徴です。 それに対し真菌に属するものはやや特殊な種類で、馴染みが少ないと感じる人が多数です。真菌について説明するこの動画では、大きく分けて酵母菌と黴菌そしてキノコの類に分けられることが説明されています。画像を使用しながらわかりやすくまとめてあるので、真菌の基礎知識が理解できます。
裸子植物 , 動画 , 育て方
園芸植物トマトの育て方おすすめ動画
トマトの育て方 苗選び~土準備編 野菜豊作ver. 夏の園芸植物として定番のトマト、その育て方は決して難しいものではありません。しかし、初心者の場合は、良い苗のポイントや実生苗(みしょうなえ)・接木苗(つぎきなえ)の違い、鉢やプランターの選び方、土作りなど、何から始めたら良いのかわかりません。 そのような場合におすすめしたいのがこちらの動画です。TVでも活躍されている方の、栽培についての詳しい解説動画です。ゆっくりと丁寧な説明なので、初めて栽培にチャレンジする人でもとても理解しやすいです。おすすめの培養土や元肥の紹介もされているので、興味のある人はぜひ利用してみて下さい。
園芸植物 , トマト , 育て方
根腐れをしている観葉植物の育て方について
根腐れを仕掛けている観葉植物の対処方法 植え替え編 観葉植物も水をあげすぎてしまうと、根腐れを起こしてしまうことがあります。腐ってしまった観葉植物のような育て方については、まずは植え替えをしなくてはなりません。植え替えをすると根がふにゃふにゃになっていたり悪臭がしてくるので、まずは悪い根を切り取ることが必要です。そのうえで、新しい赤玉を中心とした新鮮な土に植え替えることが必要です。できれば植え替えるときは真冬ではなく、春先にしたほうがいいです。冬に腐ってしまう場合は、育つ可能性は低くなってしまいます。冬場の水遣りは控えることが大事になってきます。
観葉植物 , 根腐れ , 育て方
観葉植物の日常管理と育て方について
観葉植物の育て方・日常管理 水やり 観葉植物を育てるにおいて、忘れてはいけないことが水遣りです。日常管理としてとても大事なポイントですが、もし水くれを忘れてしまってカラカラにしてしまったというときは、上からゆっくりと与えたとしても水が鉢全体に行き届いていないことがあります。そんなからからな状態になってしまったら一度鉢ごと水を張った状態のバケツにつけることが必要です。しっかりと入れることで土の中に十部に水が入っていくのです。育て方の中で水を枯らさないということも大事ですが、冬場に水を与えすぎないことも大切です。水の管理はとても難しいですが、なんとか管理していきたいものです。
観葉植物 , 日常管理 , 育て方