夏の園芸植物の育て方、クリスマスローズ編:育て方ラボ 公式ページの動画

動画タイトル
夏の園芸植物の育て方、クリスマスローズ編
動画コメント
夏の植物管理 クリスマスローズの育て方・日常管理 クリスマスローズは、その名前からも想像できるように、夏の暑さに弱い園芸植物です。 冬の寒さには強いので、多少寒くても枯れる心配はありませんが、夏の間は、半日陰の涼しい場所に置いてあげましょう。 また、育て方のポイントとしては、水をやり過ぎないことが挙げられます。 他の植物と同じように朝夕二回水をやるのは、よくありません。 水をやるのは、鉢の土が乾いてから、もしくは葉や茎が少し垂れてきてからでも遅くありません。 そして、8月9月の間は、肥料は絶対にあげないようにしましょう。 肥料をあげるのは、10月に入ってからで大丈夫です。
動画キーワード
園芸植物 , クリスマスローズ , 育て方
リンク

育て方ラボ 公式ページその他の動画

動画で見る被子植物の種の育て方
この動画には被子植物が種になるまでの詳しい育て方が、よくわかるようになっています。おしべのやくでつくられる花粉の役割や構造、めしべの中にある子房の中の胚嚢の仕組みなどがこと細かく書いてあるので、一目でわかるようになっています。めしべがおしべの花粉が受粉すると、花粉管が伸び、受精卵が胚珠になり、やがて種子になる様子、子房が膨らみ果実になるまでの構図が、一連の流れでわかりやすくなっています。また実際の果実を使って、子房の仕組みやどのような変化を経て果実になるのか、また種子になるのか文字だけでなく、目でも見ることが出来ます。
被子植物 , 動画 , 育て方
観葉植物のコウモリランの育て方について
コウモリランの育て方・日常管理 観葉植物の中で、いまかなり人気になっているのがコウモリランです。独特の葉をもっているということと見た目の割に管理が簡単で初心者のかたにも育てられるのが人気です。育て方のポイントは、水遣りです。 葉は二種類あって、光合成をする葉と貯水葉があります。水をあげるときは貯水葉にたまるようにするといいです。とくに養分を含んだ水をあげるとより栄養を与えることができます。葉は痛み易いので水遣りの時は鉢の元からあげたほうがいいです。またこの植物の特徴として着生できるので、鉢で育てるのもいいですが樹木に着生させてみることもできます。
観葉植物 , コウモリラン , 育て方
テラリウムに使う園芸植物の育て方を紹介
テラリウムを作って栽培上手になろう テラリウムとは日常の空間に小さな園芸植物を取り入れる、自然と日常の共存をテーマとした園芸形態です。小さな瓶や、ペットボトル等のようなものを植木鉢代わりに育てることが多いので広い空間を必要としないのが特徴です。また、小さいためテーブルの上や、窓際に置いたり、天井から吊るしたりできるので、インテリアとしても最適なものです。 今回はそのような日常に癒しをもたらす園芸植物の育て方を、どこのご家庭にでもあるようなものを使って作る方法をご紹介します。 この動画を観て、皆さんもぜひ取り組んでみてください。確実にはまりますよ!
園芸植物 , テラリウム , 育て方
わかりやすい裸子植物の育て方の動画
一般的なイメージとして難しいと思われることが多い植物の育て方。その中でも裸子植物というのはのちに種子となる胚珠はあるものの、被子植物とは違い子房、のちに果実となる部分がありません。そしてこの植物の育て方の要点をとらえて紹介しているのがこの動画です。裸子植物は食べるために栽培をしていたのなら一般的に種子、もともと胚珠の部分を食べるか、その茎や葉っぱを食べることになります。このムービーは必要な点をかなり含んでいて、とてもわかりやすいです。これをきっかけにムービーを参考にして裸子植物を育てれば他の方のかなり先にいけます。
裸子植物 , 動画 , 育て方
根腐れをしている観葉植物の育て方について
根腐れを仕掛けている観葉植物の対処方法 植え替え編 観葉植物も水をあげすぎてしまうと、根腐れを起こしてしまうことがあります。腐ってしまった観葉植物のような育て方については、まずは植え替えをしなくてはなりません。植え替えをすると根がふにゃふにゃになっていたり悪臭がしてくるので、まずは悪い根を切り取ることが必要です。そのうえで、新しい赤玉を中心とした新鮮な土に植え替えることが必要です。できれば植え替えるときは真冬ではなく、春先にしたほうがいいです。冬に腐ってしまう場合は、育つ可能性は低くなってしまいます。冬場の水遣りは控えることが大事になってきます。
観葉植物 , 根腐れ , 育て方
動画中の文字で知る被子植物の種の育て方
この動画には被子植物が、種になるには花の中でどのようなことがおこなわれているのかを、詳しく書かれています。その受粉の中心であるめしべの構造やその役割、おしべの構造と役割を細かく説明してあります。めしべは子房、柱頭、花柱の三種類で、子房の中心にある大胞子母細胞が細胞分裂により、最終的に胚嚢を含んだ細胞になること、おしべの花粉も花粉母細胞があり、それが細胞分裂により、受粉に必要な生殖細胞や管細胞を含んだ構造になっています。このように種子植物の種の育て方には、おしべ、めしべの中にある細胞の細胞分裂が大きくかかわっています。
被子植物 , 動画 , 育て方