育て方ラボ 公式ページの動画

全 298 件中 1-12 表示

個性的な観葉植物、フィロデンドロン セロームの育て方
フィロデンドロン セロームの育て方・日常管理 フィロデンドロン セロームは切れ込みの入った大きな葉っぱが特徴で、個性的な姿をした観葉植物です。大型の植物で、小さなものも売られていますが、やがて大きく成長します。部屋に飾るとインパクトがあり、素敵なインテリアになります。育て方は難しくありません。日光を好む性質なので、できるだけ明るい部屋に置いた方が、姿良く育ちます。暗い場所では葉が間延びし、重くて垂れ下がってしまいます。もし垂れ下がってしまった場合は、葉を切って姿を整えます。水は土が乾いたらたっぷりやります。水をあげすぎると根腐れをおこして枯れてしまうので注意してください。
観葉植物 , フィロデンドロン セローム , 育て方
大きな葉が魅力的な観葉植物、クワズイモの育て方
クワズイモの育て方・日常管理 クワズイモは葉っぱが大きく、つややかで美しい緑色をしています。サトイモ科の観葉植物で、テーブルの上に置ける小さなものから、子供の背丈ぐらいあるような大きなものまであります。置き場所に合わせて選んでください。育て方は光と水がポイントになります。日光を良く好む性質があるのでなるべく明るい場所に置きます。暗いと葉っぱが間延びして、重く垂れ下がってしまいます。春から秋にかけては外においても良いですが、冬には室内に取り込みます。水は、土の表面が乾いたらたっぷりとあげます。外に置いてある場合は、雨などでいつも濡れている状態になると根腐れを起こすことがあるので、軒下などの、雨のかからない場所で水の管理をしてください。
観葉植物 , クワズイモ , 育て方
人気の観葉植物、ユッカの育て方
傷んだ観葉植物の再生 ユッカ編 ユッカは大変人気の観葉植物です。オフィスや美容院の待合室など、あらゆるところで見かけます。背が高いので見栄えもしますし、目隠しに使うこともできます。丈夫で育てやすく、何かと使いやすい便利な植物です。葉色は鮮やかな緑色や、赤い斑入り、白い斑入りのものなど色々あり、部屋のインテリアに合わせて選ぶことができます。育て方は、なるべく明るいところに置き、土が乾いたら水をやります。しかし、根腐れの危険があるのであげすぎには注意してください。葉っぱには埃がたまりやすいので、たまに葉っぱを布で拭いてあげてください。
観葉植物 , ユッカ , 育て方
光沢のある観葉植物カラテア アンジェラの育て方
カラテア アンジェラの育て方・日常管理 カラテアの種類のアンジェラという品種の観葉植物は、葉の模様が美しく光沢があり、ユニークで個性があります。育て方は、半日陰を好むので、室内のカーテン越しなど日や照明の当たる温かい場所に置いて管理をします。冬は、寒さに弱いので、低くても10度程度は保つようにしましょう。水は土の表面が乾いたらしっかり与えるようにします。湿気を好むので、夏場は土が乾燥し過ぎないように、また湿りすぎにも注意しましょう。空気が乾燥していると、葉が丸まったり光沢が落ちたりするので、乾燥する日には、霧吹きで葉に湿り気を与えてあげましょう。
観葉植物 , カラテア アンジェラ , 育て方
セラミスを使った観葉植物の育て方
セラミス を利用した植物の植え方(水耕栽培) セラミスは清潔な土なので、室内の観葉植物の栽培で使用するのに適しています。水耕栽培の苗を植えたり、パキラのように土で植わっている植物を育てることもできます。では、パキラを移し替えてみましょう。育て方ですが、パキラを移し替える時は、土を3分の1ほど残すようにします。土が落ちないようにしっかり固めて、鉢にパキラを入れます。中央に安定させるように置いたら、周りに先の用土を入れていきます。棒でつつくと、隙間ができるのでまた用土を足して根づきやすいように安定させます。最後に、水をたっぷり与えてあげましょう。次からは、用土がしっかり乾いた時が水やりのタイミングです。
観葉植物 , セラミス , 育て方
園芸植物の管理を動画で!パセリの簡単な育て方
パセリの育て方・日常管理 収穫 園芸植物の簡単な育て方を動画で紹介しています。家庭に一株あるとお料理にも使えて便利なパセリ。収穫のポイントは外側の葉から摘み取ることです。葉が混んできても、株分けは根を傷めてしまう原因になりますので避けましょう。収穫後に追肥をしてやると、新しい葉がぐんぐん育ち、いつまでも収穫が楽しめます。育て方のポイントは、鉢の置き場所です。手元に置きたくてついつい台所などの家の中に置いてしまいそうですが、それでは日照不足になってしまいます。冷たい風の当たらない日向において、太陽をいっぱいに浴びさせてやりましょう。
園芸植物 , パセリ , 育て方
人気の観葉植物、ウンベラータの育て方。
ハート形が素敵なウンベラータ ホワイト陶器 【観葉植物】 ハートの形をした葉っぱがかわいらしいウンベラータは、とても人気のある観葉植物です。ゴムの木の仲間なのですが、ゴムの木より、ずいぶんおしゃれな見た目です。幹を曲げたものもあり、部屋のインテリアとして最適です。育て方は簡単ですが、寒さには弱いので、冬は10度を下回らないようにします。日陰にも耐えますが、明るい方が元気に育ちます。水やりは、土が乾いたらたっぷりと与えますが、寒くなると成長が止まるので、与えすぎず、乾かし気味に管理してください。ハダニがつくことがあるので、葉っぱの裏に霧吹きで水をかけて予防をしてください。
観葉植物 , ウンベラータ , 育て方
園芸植物で甘い実をつけるブルーベリーの育て方
ブルーベリーの育て方・日常管理 植え付けのポイント 園芸植物の苗は、そのままにしていると根がパンパンに張ってしまい大きく育ちません。そのためなるべく早めに庭やプランターなどへの植え替えをした方が育ちやすくなります。その際には必ず専用の土を使うようにしましょう。 植え替えをしたのになかなか大きくならなくて育て方が難しいと感じてしまう人もいますが、その際は植えている場所を再確認してみましょう。周りにブロック塀などのコンクリートが近くにないでしょうか。コンクリートはアルカリ性を含んでいるため、雨でそのアルカリが土壌に溶け込んできます。ブルーベリーは酸性土壌を好む性質を持つため、アルカリ性のものの近くには植えないよう注意が必要です。
園芸植物 , ブルーベリー , 育て方
緋牡丹の観葉植物としての育て方
カインズ観葉植物図鑑 緋牡丹の育て方 緋牡丹は幹全体が鮮やかな赤い球状をしており、インテリアとしても楽しめる観葉植物です。単体での生育が出来ないので、他のサボテンを台木として、その先端に接ぎ木をして育てます。台木には、形や色の良い元気な株を選びましよう。育て方は、日当たりが好きなので、日にあてて育てるようにします。夏場は直射日光だけは避けて、風通しの良い雨の当たらないところに置きます。冬場は室内がよいです。水やりは控えめにしますが、生育期の春から秋にかけては、土が完全に乾いた時にたっぷり与えてやるようにします。冬場は、月に1回程度、土が湿るくらいの水を与えてやります。土は水はけのよいサボテン用の土を使用するのがよいです。
観葉植物 , 緋牡丹 , 育て方
夏に人気の園芸植物、アンスリウムの育て方
アンスリウムの育て方・日常管理 今までアンスリウムは赤色の花のようなものが特徴の園芸植物でしたが、最近ではピンクや白など様々な色のものが出ているため、室内用植物として人気があります。 赤やピンクなど色づいていた部分は実は花ではなく葉の一種であり、本来の花は中央の突起物の部分となります。そのため日に当たれば緑色に変色してしまいます。そのため外ではなく室内で育てるのが好ましいとされています。また時間が経っても緑色になってしまうため、そのときはハサミで切ってあげましょう。そして土が乾いたらしっかり水をあげること。その2つが最低限の育て方です。 花をつける植物のため、観葉植物用の肥料というよりは草花用の肥料をあげると、どんどん鮮やかな色の葉をつけてくれます。
園芸植物 , アンスリウム , 育て方
花のような姿のシュガーバイン、観葉植物の育て方
シュガーバインの育て方 シュガーバインは小型の観葉植物で、横に這って伸びる性質があります。緑の葉っぱは小さくて艶があり、5枚ずつ花びらのように並んでいて、とてもかわいらしい姿をしています。高いところに置き、ツルを垂らして飾るのも良いですし、パキラやユッカなどの足元に植えるなど、寄せ植えにも利用できます。育て方ですが、寒さに弱いので注意してください。リビングなどの明るい室内が最適です。水は土が乾いたらあげるようにします。水が足りないと伸びたツルの先まで水分が届かず、葉っぱが茶色くなってきます。ツルが伸びすぎて姿が乱れてきたら、好きなところからカットして整えます。
観葉植物 , シュガーバイン , 育て方
園芸植物で人気のトマトの育て方
トマトの育て方 日常管理編 夏野菜として欠かせない美味しいトマトをたくさん収穫するには、土や水、肥料だけでは十分とは言えません。園芸植物は収穫を目的としているので、葉や枝をこまめに手入れする必要があります。育て方は比較的簡単な野菜ですが、いくつかのポイントを覚えておくことで、味の濃い肉厚な果菜になります。 初心者や園芸植物から遠のいてしまっている人でも、わかりやすい解説と実演でレクチャーしているのがこちらの動画です。脇芽の取り方や主枝の誘引方法が、ゆっくりとした口調で丁寧に解説されています。実際に見本も見せているので、とてもわかりやすくおすすめです。
園芸植物 , トマト , 育て方