• ヘリオプシスの育て方・栽培・家庭菜園

ヘリオプシスの育て方・栽培・家庭菜園

  • View数View数2,716
  • SCOREコメント数0
ヘリオプシスの育て方・栽培・家庭菜園

特徴としてはこの花は1年草になります。キクイモモドキの名前の元になっているキクイモに関しては多年草ですから、その面では異なると言えます。通常なになにモドキの場合は種類などが全く異なる事が多いですが、こちらに関してはキクイモに非常に近い種類になります。キク目、キク科、キク亜科、ヒマワリ属となっています。

ヘリオプシスの育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識ヘリオプシスの育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識

ヘリオプシスの育てる環境について

生息地としてはアメリカの中でも東部、それも南部に近いところとされています。非常に温暖なところで咲くこともあり、耐暑性についてはそれなりにあると確認されています。耐寒性についてもそれなりにあるため、日本でも十分咲かせることが出来る花になります。アメリカの中でも南部に位置するところで育っていることから、

育て方の環境では日差しのたくさん浴びているところで育つことがわかります。栽培環境としては日当たりが好ましいとされています。では日陰では育たないかといえばそのようなことはなく、日陰でもそれなりに育てることができます。全く日差しが無いような所だと難しいこともありますが、半日陰ぐらいの状態であれば対応することができます。

この花においては、一般的には一重咲きのものが知られています。でも同じタイプで八重咲きのものがあります。一重咲きと八重咲きでは少し性質が異なり、一重咲きは性質が強いのでいろいろなところで咲かせることができます。八重咲きになると咲かせるのが少し難しくなる性質を持っています。日当たりに関してはより十分当たるようなところにしないといけないですし、

水はけにも気を遣わないといけないとされています。どちらを優先的に育てるかによって違いが出てくることになりそうです。八重咲きのほうが咲いた時は鮮やかに見えることがあります。できればどちらも一緒に咲かせるようにしたいです。八重咲きに環境を合わせるとどちらも咲かせる事ができるでしょう。

ヘリオプシスの種付けや水やり、肥料について

咲かせるときの用土に関しては一般的な草花用の土を使うことができます。強い花ですから、湿気が強くなければ庭の土でも十分咲かせることができます。植え付けに関しては日当たりと水はけを考慮して行います。土において腐葉土を混ぜるようにすると成長はしやすくなります。3月から4月、10月から11月と春と秋に植えることが可能です。

植木鉢などに植えようとするときは1年において特に決まり無く植えることが可能になっています。植え替えをする時にはどのようなことに気をつけないといけないかですが、庭植えの時は特に植え替えなどを考えなくても良いとされています。植えたままにしていても良いですが、問題も残ります。

植えたままの場合に非常に混み合ってくることがあります。1年草ですが非常に増えやすい性質があるので、芽の数を制限しながら植えるようにしたほうが良いとされています。鉢植えをするときには増えてくると根詰まりの原因となることがあるので植え替えが必須の作業になってきます。1年から2年のスパンをおきながら植え替えを実施するようにします。

水やりについて、植え付け後についてはある程度あげるようにします。年数が経ってくると根を張ってきます。こうなるとその辺りが乾いていたとしても十分水分を吸い上げる力持っています。ですからあまり水を上げなくても良いかもしれません。鉢植えの場合は土に水がなくなれば水が必要になるので適度に与えるようにしなければいけません。

ヘリオプシスの増やし方や害虫について

肥料に対する考え方はあまり必要ないとされています。草原にも自然に生えてくるぐらいなので、土地の栄養分などに影響されにくいとされています。一重咲きについては肥料をあげると育ちすぎてしまうことがあるのであげないようにした方がいいかもしれません。八重咲きを楽しみたい場合、一重咲きと同じ対応では咲かせることが難しくなります。

もう少し手をかけてあげる必要があります。成長を促すために追肥をする必要があります。秋に地下部分に芽が成長してくるようになるのでこの頃に与えます。そして早春においてもこれから咲く準備をさせるためにも置き肥をする必要があります。一重咲きで全く肥料を与えないのに対し、八重咲きでは肥料を絶やさないようにするとかなり方法が異なってくるので、

一緒に育てるときはどちらが一重か、どちらが八重かの管理をした方がいいでしょう。増やし方としては株分け、さし芽、種まきの方法があります。春と秋に株分けをすることができます。種まきにおいては八重咲きにおいては少し苦労するところがあります。あまり実らないことがありますから、実った場合はかなり貴重な存在になります。

そこから増やすようにしていく必要があります。害虫に関しては特に心配することがありませんが、病気を少し気にするようにします。白絹病と呼ばれる病気になることがあります。水が過剰になったりすると出ることがあります。病気のものは他のものと一緒にならないようにします。

ヘリオプシスの歴史

植物の名称の中で他の植物名が入っている名称が入っていることがあります。その植物に似ている、仲間である、いろいろな理由で入ることがあります。よくあるのはサクラでしょう。サクラのように5枚の花びらがついていて色がピンク色であれば何ザクラなどと言われることがあります。この時には全くサクラとは異なる仲間のことがあります。

非常によく似ている花に関しては元々の花の名前にモドキと付けられることがあります。似ているけども異なるためにその名称がつけられます。あまりにも簡単につけすぎのような気がします。ヘリオプシスと呼ばれる花がありますが、こちらについてはキクイモモドキと呼ばれることがあります。

ヘリアンサスと呼ばれる花が別名でキクイモと言われることがありますがこの花に非常によく似っていることでキクイモモドキとされています。この花の原産地としては北アメリカの東部です。キクイモと咲いているところは非常に近くなります。日本での歴史としては明治時代の中期頃に渡来したとされています。文明開化後に渡来した種類と言えそうです。

その他の名称としてはヒメヒマワリと言われることがあります。ひまわりに似ていますが、ひまわりよりおこぶりなサイズであることからこのように言われるようになったようです。キクイモモドキよりもこちらの名前のほうが可愛らしくて良さそうです。日本においてはあまり栽培がされていない現状があり、少しさみしいです。

ヘリオプシスの特徴

特徴としてはこの花は1年草になります。キクイモモドキの名前の元になっているキクイモに関しては多年草ですから、その面では異なると言えます。通常なになにモドキの場合は種類などが全く異なる事が多いですが、こちらに関してはキクイモに非常に近い種類になります。キク目、キク科、キク亜科、ヒマワリ属となっています。

茎や葉に荒い毛が生えていてザラザラしたような手触りがあります。葉っぱに関しては特徴的な部分があり、三角形をしています。どのような花に近いかといえばまさにキクイモで、もし一緒に咲いているとしたらどちらがどちらか見分けをつけることができないかもしれません。

恐らく当初は同じ花とされていたのでしょうが決定的に違うところがあります。それは芋の部分ができないことです。こちらの花は1年草なので花が終わればその後茎などもしおれて結局根もなくなります。キクイモは根の部分が芋のように発達してその次の年も花を咲かせます。花がさくのもキクイモとよく似た時期で晩夏になります。

早ければ7月から咲き始め、9月いっぱいぐらいまで花を楽しませてくれます。花の直径は8センチぐらいになります。一般的には濃い黄色の花びらが知られていますが、色が異なる別の種類も存在します。黄色の中でも薄いタイプであったり、オレンジ色、ピンク色などがあります。花としては60センチから150センチぐらいに伸びることがあり、ぽつんと咲くより群生することが多いようです。

コメントヘリオプシスの育て方・栽培・家庭菜園へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

このマメ知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

このマメ知識のキーワードこのマメ知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

「ヘリオプシス」に一致する育て方

  • ヘリオプシス

    ヘリオプシス

    ヘリオプシスの育て方を紹介します。ヘリオ…

    2,300

    0

このマメ知識の投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のマメ知識この投稿者の他のマメ知識