• オンファロデスの育て方・栽培・家庭菜園

オンファロデスの育て方・栽培・家庭菜園

  • View数View数1,724
  • SCOREコメント数0
オンファロデスの育て方・栽培・家庭菜園

オンファロデスは、ムラサキ科、ルリソウ属(ヤマルリソウ属)です。オンファロデスは、北アフリカやアジア、ヨーロッパなどが原産地の植物です。さみしげで、おとなしい印象もある、可憐でキュートな花を咲かせます。

オンファロデスの育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識オンファロデスの育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識

オンファロデスの育てる環境について

オンファロデスを快適に育てる環境としては、日差しと水はけがキーポイントになってきます。程よい明るさのある半日陰が適しているのは、カッパドキカ種になります。水はけの良い場所であり、腐植質の多い土のある環境が、栽培するにも適切な環境と言えます。

暑すぎる環境には弱いといった一面がありますから、真夏の強すぎる日差しと、ハードな乾燥には注意が必要です。暑さには弱めですから、そういった環境下では、株を弱くさせることになります。落葉樹などがあると良く、それらの影になるようなポジションを探して植え付けを行いましょう。

プランターや鉢に植える場合ですが、花が咲いてくるまでのあいだは、できるだけ日当たり良好な場所へ起きましょう。花が咲いてきたら、今度は日陰のもとへと移動して管理します。耐寒性は一応ありますが、温度がマイナス10℃を下回ると、いつの間に書かれてしまうこともあります。

寒い地域で栽培するのであれば、冬のシーズンは防寒対策が必要となります。日当たり良好な環境を好むのは、リニフォリア種になります。これに水はけの良さが加われば、場所としても他にはあまり、こだわりを持たないタイプです。根っこが深く張るタイプの直根生であり、

土壌としては砂地であっても成長するタイプです。土の質に対しても、それほど神経質にならずに済みます。だいたいどんな場所でも育つため、こぼれダネによって、毎年のように芽を出すといったケースも、よくあるパターンです。

オンファロデスの種付けや水やり、肥料について

オンファロデスの植え付けですが、夏場の季節にカッパドキカ種の植え付け作業をするのであれば、植え付けをする場所には、腐葉土をよくミックスさせておくことです。場所的には、真夏の直射日光がダイレクトに当たる場所ではなく、日陰になるポジションを探しておきましょう。

日差しからもほどよく離れた場所への植え付けをしたら、根っこがキチンと根付くまでの期間は、乾燥をさせないように注意が必要です。お日様の日差しがサンサンと当たるような、日あたりが良い場所を好むのは、リニフォリア種になります。

リニフォリア種は、直にまいていくこともできます。ほかには、ポットへまいて、育苗という工程を踏んでから、植え付け作業をすることも可能です。リニフォリア種は直根性になります。そのため、うっかり根っこ部分を切ってしまわないよう、植え付け作業の時には注意をします。

植え替えについてですが、鉢やプランターでカッパドキカ種を育てているケースであれば、過ごしやすい季節にうえっ還をします。毎年、秋のシーズンか、早張るのシーズンになったら、植え替え作業を行いましょう。植え替えをしないと、根詰まりの原因にもなってきます。

そうなると育成もよくはなくなってきます。放っておくと、根腐れを起こす事もあります。そういった事態を避けるためにも、根鉢はよくほぐすことが大事で、根っこは広げるような状態にして、植え付け作業をするとよいでしょう。植え付け作業をする時には、新しい用土を使いましょう。

オンファロデスの増やし方や害虫について

オンファロデスの育て方で気をつけたい害虫と病気も、把握しておいて対策を行うことです。オンファロデスを栽培するうえで天敵となってくる害虫は、花や木を育てる上でも発生しやすい、アブラムシの存在です。植物には発生しやすい害虫ではありますが、

見つけたら即座に防除することは大事です。防除方法としては、あらゆす薬剤が効果を発揮してくれます。ただしアブラムシというのは、1匹なら大したことはありませんが、大群での活動を行うのが一般的です。つまり、繁殖能力がやけに盛んであるため、
使用するにしても効果が長期間持続するタイプをチョイスします。浸透移行性剤は、長期間効果持続ができますから、利用するのにも便利でしょう。オンファロデスにつきやすいのはアブラムシがメインですが、それ以外の害虫にも備えるのであれば、オルトラン類を利用することで効果を発揮します。

モスピラン粒剤やベストガード粒剤などは、一度使用すると、その効果はひと月から蓋付は時速します。そのため、アブラムシメインでの撃退対策としては向いているものです。オンファロデスを増やす方法は、タネまきをする方法と、株分けをする方法があります。

カッパドキカ種でもリニフォリア種でも、シーズンとしては秋の季節にまくのがベストなタイミングです。スターリー・アイズに限ってはタネまきよりも、株分けをする方が形状をキープしやすくなります。カッパドキカ種であれば、株分けによる増やし方も可能です。

オンファロデスのオンファロデスの歴史

オンファロデスは、北アフリカやアジア、ヨーロッパなどが原産地の植物です。さみしげで、おとなしい印象もある、可憐でキュートな花を咲かせます。種類は、毎年可愛らしい花を咲かせてくれる多年草タイプと、1年間精一杯咲いて枯れていく、1年咲きのタイプがあります。

地中海西部沿岸や小アジア、中部ヨーロッパ山岳地、ギリシャや東部ヨーロッパなどを生息地としています。生息地として、日本でも栽培されている植物です。日本国内においては、4種類が自生しており、ルリソウなどもそのひとつです。日本においては、

栽培する種類も控えめではありますが、海外においては豊富な種類の栽培があります。ネーミングには、ギリシャ語が由来されていると言われています。ギリシャ語で、オンファロスはへそという意味であり、エイドスは似るという意味を持っています。

種の形状がそんな形をしているので、それ形にちなみ付けられたネーミングです。ワスレナグサは同じムラサキ科の植物にあたりますが、花姿は両方共とてもよく似ているものです。ワスレナグサは、ニュージーランドやアジア、ヨーロッパなど、世界的に見て温かい地域に、

種類として50主程が分布している植物です。秋のシーズンに種を蒔いて、次の年の春に開花させます。日本においては、多年草もありますが、一年草の扱いが多いです。オンファロデスも、多年草と一年草があります。ワスレナグサもオンファロデスも、控えめで可愛らしいタイプの花です。

オンファロデスのオンファロデスの特徴

オンファロデスには種類がいくつもありますが、総合して開花した花は、可憐で可愛らしいのが特徴としてあります。アジアからヨーロッパにかけては、オンファロデス属には28種あると言われています。オンファロデス・カッパドキカは小アジア原産の多年草で、

オンファロデス・リニフォリアは南西ヨーロッパ原産で、一年草の秋まきタイプです。苗からの栽培であったり、流通が多いのも、この2種のタイプになります。半常緑性であり、草丈サイズが20cmから30cmほどあるのは、カッパドキカ種になります、

開花したときの花のサイズは、1.5cmほどになります。花のカラーは、濃い色合いの鮮やかな青い花を咲かせます。サイズ的には、ワスレナグサより大きめであり、花持ちもよく、その為ぼシュー無感も感じられるタイプです。スターリー・アイズは、2色咲きの可愛らしいタイプで、

花弁はホワイトで、淡いブルーに縁どられているような色合いも特徴的です。草丈が30cmから40cmほどなのは、リニフォリア種になります。まるでかすみ草のようなイメージに咲く、ホワイトの小さな花がたくさん咲くタイプです。小花が群れで昨タイプになりますから、

コンテナにおいての、寄せ植えにも適した花ですし、よく利用される花でもあります。ロックガーデンでも、楽しむことのできるタイプの花です。お手入れの作業では、花がら摘みもします。もしタネをおらない時には、花が咲き終わったら、花房を元の部分から切って取ります。

コメントオンファロデスの育て方・栽培・家庭菜園へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

このマメ知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

このマメ知識のキーワードこのマメ知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

「オンファロデス」に一致するまとめ

オンファロデスの…
オンファロデスの育て方・栽培
オンファロデスを栽培するときの環境は種類によって大きく異なります。それぞれの種類を知っておかないと間違った環境で育ててしまうことになるので注意します。寒さには強…

育て方ラボ 公式ページさん

5,335view

このマメ知識の投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のマメ知識この投稿者の他のマメ知識