• クルクマの育て方・栽培・家庭菜園

クルクマの育て方・栽培・家庭菜園

  • View数View数2,955
  • SCOREコメント数0
クルクマの育て方・栽培・家庭菜園

クルクマは歴史の古い植物です。原産としての生息地がどこなのかが分かっていないのは、歴史が古すぎるからだと言えるでしょう。紀元前600年に発行されてた書物に直食用の植物としての記載があり、これがクルクマだと考えられています。アッシリア植物誌という書物にあったことから、紀元前600年頃にはすでに中近東で栽培されていたものと考えられます。

クルクマの育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識クルクマの育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識

クルクマの基本的な情報

クルクマは、熱帯で育つ植物です。古くから色々なところで栽培されてきましたが、栽培に適した地域は熱帯だと言えるでしょう。育て方としては、まず球根を植えるところから始まります。球根は春に市場へ出回ります。多年草の植物で、根っこで増えますが、寒さには少し弱い傾向がありますから、そのままにしておくと根っこから新しい芽が出てこないこともありますから注意が必要です。

地域によってはそのままにしておくと勝手に増えていくこともあります。どちらかというと暖かい地域に適していますから、寒い地域で増やす場合には掘り上げておいた方が良いです。花の色は白からピンク色のものが多いです。暑さはそれほど問題はありません。特筆すべき事としては開花期間がないことに触れないわけにはいきません。

1ヶ月以上も花が落ちずに咲き続けることもありますから、長く花を楽しみたいと考えている人には適していると言えるでしょう。植え付け、あるいは植え替えをするのは5月頃で、そこから花を楽しむことができます。10月くらいまで花を楽しむことができるでしょう。肥料は成長に応じてやっていけば良く、6月から9月頃まで少しずつ与えるのが良いです。日の良く当たるところで育てると美しい花を咲かせますが、半日陰のところでも育ちます。

クルクマの増やし方と育て方

クルクマは球根で増やすのが基本です。種付けによって育てることもできるそうですが、それをする人はあまりいないようです。種付けよりも球根として市場に出回っていることが多いです。球根を増やすこともできますから、自分で増やしていくこともできるでしょう。球根を買ってきて適切に栽培をしていくと、秋頃には球根が育ちます。

そして、冬の前になって掘り上げ、そして次の春になればまた植え付けます。こうすることによって、種付けせずに増やしていくことができるでしょう。球根で増やすのは難しくはありません。また、病気になることもありませんし、害虫にやられることもほとんどありませんから、栽培しやすいと言えるでしょう。


種付け、あるいは植え付けをした後には、水やりをしっかりやらなければなりません。土の表面が乾いたらたっぷりの水をやるというようにして水やりを続けています。生育している時期には水を好みます。乾燥すると弱ることもありますから注意が必要です。特に夏に水やりを忘れるとかなり弱ってしまいますから注意が必要です。

あまり暑くないときには1日に1回くらいの水やりで良いですが、夏の暑い時期には乾燥が激しくなりますから、朝夕2回くらいは水やりをした方が良いです。暑さには強いですが、植え付けたばかりの時には暑さに弱い傾向がありますから、あまり暑い場所におくべきではありません。

肥料については、窒素、リン酸、カリウムが均等に含まれているものが適しています。開花するときには多くの肥料を必要としますから、液体肥料をやるのも良い方法です。花には多くの肥料を必要としますから、開花している間に肥料が尽きないようにしたほうが良いです。

注意するべき事とは

クルクマは高温多湿の地域で育つ植物だと言うことは忘れてはなりません。あまりにも光の当たらないところでは育ちません。できることなら日当たりの良いところで育てましょう。このことを頭に入れておけば育て方が分かるでしょう。日当たりが良いところでしっかり水をやっておけば良く育ちます。

基本的には多年生の植物なのですが、日本の気候では少し寒さが厳しいために、冬を越せないこともありますから注意が必要です。地域によってはそのまま冬を越すことができる場合もありますが、越せない地域もありますから注意が必要です。寒さの厳しい地域であれば、冬の育て方には注意が必要です。

鉢植えの場合にはできれば室内に入れておいた方が良いでしょう。地植えの場合には寒くなる前に球根を掘り上げた方が良いです。普通に育っていれば球根の数が増えていると思います。4個くらいにまで増えていることもあります。掘り上げた後にも暖かい場所に置いておく方が良いです。室内で球根を補完するようにします。

湿度の高いところでは球根にカビが生えてしまう可能性がありますから注意が必要です。球根には多くの養分が蓄えられていますから、育て方があまり良くなくても植えれば開花までは育つでしょう。しかし、最初の花が咲くとそれ以上咲かないことにもなりかねません。2番花や3番花を楽しみたいのであれば、追肥は必要です。最初の花が咲いた頃には追肥をするの通いです。

害虫がつくことはあまりありませんが、ハダニが発生することがありますから注意が必要です。ハダニが発生したときには防除する必要があります。また、アブラムシが発生することもあります。アブラムシが発生すると奇形になることもありますが、すでに奇形になっている状態では対処はできませんから、広がらないように球根ごと抜いてしまうのが良いです。

クルクマの歴史

クルクマは歴史の古い植物です。原産としての生息地がどこなのかが分かっていないのは、歴史が古すぎるからだと言えるでしょう。紀元前600年に発行されてた書物に直食用の植物としての記載があり、これがクルクマだと考えられています。アッシリア植物誌という書物にあったことから、紀元前600年頃にはすでに中近東で栽培されていたものと考えられます。

それよりも以前から栽培されていたという説もあります。原産はインドだという説もあって、インドではもっと前から栽培されていたとも考えられていますが、詳しいことはあまり分かっていないようです。日本に入ってきたのは平安時代の中期で、中国大陸から渡ってきたと考えられます。

その使い方については詳しい情報はありませんが、室町時代よりも以前から薬用として用いられてきたそうです。日本で言えば、琉球王朝で栽培されていたことが分かっていて、江戸時代には江戸周辺でも栽培されていたと考えられています。このときには、どちらかというと薬用というイメージが強かったようです。

クルクマの特徴

クルクマは薬用や線量として用いられてきました。観賞用としても、たとえば切り花として販売されています。最近では鉢植えにも用いられるようになってきました。花は夏頃に咲きます。花の色はピンクから白のものが多いです。花は長く楽しむことができ、7月から9月頃まで咲きます。一つの花が持続する期間も長く、1ヶ月以上も美しい花を維持することもあります。

クルクマは球根で販売されることが多いです。球根から長い根が出ていて、そしてその先に球根のような丸いものが育ちます。この丸い部分はミルクタンクと呼ばれていて、栄養が蓄えられています。このミルクタンクが十分にあると生育しやすいという特徴があります。そのため、球根を買うときにはミルクタンクがたくさんあるものを選んだ方通いです。

球根が市場に出回るのは春頃です。春頃に球根を受け付けると、夏頃にはきれいな花を楽しむことができるでしょう。熱帯に生息している植物ですから、日当たりの悪いところでは生育が悪くなります。できることなら暖かい場所で栽培するべきでしょう。

逆に言えば、寒さにはあまり強くはありません。霜には弱い傾向がありますから、寒さが厳しくなる前に掘り上げておいた方が良く、冬は球根の状態で保存するのが良いです。一つの球根から3個から4個くらいの新しい球根ができます。

コメントクルクマの育て方・栽培・家庭菜園へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

このマメ知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

このマメ知識のキーワードこのマメ知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

「クルクマ」に一致するまとめ

クルクマの育て方…
クルクマの育て方・栽培
クルクマを栽培するとき環境を考慮しなければいけません。まずは日光を好みます。日当たりが足りなかったために花が咲かないケースがあります。きれいな花が咲かないとかわ…

育て方ラボ 公式ページさん

5,193view

このマメ知識の投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のマメ知識この投稿者の他のマメ知識