• クフェアの育て方・栽培・家庭菜園

クフェアの育て方・栽培・家庭菜園

  • View数View数2,096
  • SCOREコメント数0
クフェアの育て方・栽培・家庭菜園

クフェアはミソハギ科のタバコソウ属もしくは、クフェア属に分類される植物であり、その仲間と言うのは250種類あると言います。小型の植物であり、剪定する事で良く萌芽するため、低めの生け垣、小型の鉢植え、花壇植えなど様々な楽しみ方を持つ植物です。

クフェアの育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識クフェアの育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識

クフェアの育てる環境について

育てる環境は日当たりが良い場所を選ぶ事が大切です。しかし、耐陰性が有るため、半日だけ太陽の光が当たれば成長してくれるため、マンションのベランダなどでも日当たりがあまり良くない環境でも栽培が可能になります。しかし、育て方のポイントとして暗い日陰は避ける必要があり、

このような環境下では育成は難しくなるので注意が必要です。適度に日当たりがあり、午前中だけ太陽の光が注がれて、午後からは日陰になるけれどもそれほど暗くならない場所で管理を行えば、元気に成長をして開花が可能になります。尚、冬場の寒さには弱いので注意が必要ですが、

霜が生じてしまう事で枯れてしまう事も有り、5度以上の気温を保てる環境の中で栽培をする事が大切ですし、5度以上の気温を保てることで越冬が出来る事からも、暖地においては庭植え藻でかのうになりますが、寒い時期が多い地域などでは鉢植えの方がお勧めで、

鉢植えの場合も室内の中でも日のあたり易い場所を選んで栽培をする事がポイントとなります。尚、冬場の寒い時期になると全ての葉は落ちてしまいますが、低木タイプの植物と言うのは、春になって気温が上昇してくると葉を出し、生長することも多く在りますので、クフェアにおいても同様のことが言えます。

また、庭植えでの栽培の場合は、日当たりが良い場所を選ぶとと同時に、水はけが良い環境で育てることが大切です。腐葉土や堆肥などを混ぜて用土を作り、そこに植えてあげれば水はけも改善され、栽培が楽に行う事が出来ます。また、庭植えによる株と言うのは、10月中に掘り上げてあげてから、室内の明るい所で管理する事で冬越しが可能になります。

クフェアの種付けや水やり、肥料について

クフェアの水やりと言うのは鉢植えの場合では用土の表面が乾燥して来た時に与えてあげます。庭植えの場合は、普段は水やりは必要有りませんが、夏時期などで晴天が続くことで用土が乾燥してきますので、用土の状態を見ながら適量の水を与えることで成長をよくしてくれます。

また、春から秋にかけての成長期と言うのは、養分を多く必要とする季節でもあり、3つの要素となる窒素、リン酸、そしてカリウムが同量に含まれている肥料を使って施してあげたり、リン酸が多少なり多めの肥料を使って、置肥として与えてあげれば成長を促進させる効果にも繋がります。

用土については水はけが良い物を選ぶ事が大切で、赤玉土小粒と腐葉土の割合を7対3にして混ぜてあげて、水はけの環境が良い場所に植え付けを行ってあげます。植え付けを行った時はたっぷりと水を与えますが、それ以降は用土の表面が乾燥している時、

その都度水やりをしてあげれば元気に成長しますし花つきが良くなる度のメリットも有ります。尚、植え付けや植え替えに適した時期と言うんぼは4月から6月にかけてであり、肥料については鉢植えの場合は5月から9月にかけて、庭植えの場合も同時期に肥料を適量与えることで花つきが良くなりますし、元気に育てることが出来ます。

また、開花は5月から10月にかけてであり、この時にピンク色、白色、オレンジ色と言った花を咲かせてくれますし、適量の肥料を与えておくことで多くの花をつけてくれますし、これらの花の色も鮮やかに表現できるなどのメリットも有ります。

クフェアの増やし方や害虫について

クフェアの増やし方としては挿し木による方法が有力であり、毎年4月から9月にかけて、枝を5センチから7センチほどの長さに切、それを挿し穂とします。また、さし穂をする時には、バーミキュライトや鹿沼土などの水はけの良い用土を利用して行う事で発芽を促し、新しいウフェアの株を育てることが出来るのです。

尚、丈が高くなり過ぎた時などは、春から秋の成長期間の中で好みの場所で切り戻しが出来ますが、適度な切り戻しをしておくことで成長度合いも高くなり、増やせる挿し木を作り出せるなどのメリットが有りますので定期的な管理は重要となります。

クフェアは高温多湿にしてしまう事で立枯れ病と言う病気が発生する事が有ります。多くの水を与えてしまって多湿にして、しかも直射日光が当たり場所に長時間放置してしまい、高温になる事でこのような病気が発生する事も有ります。夏場は得に高温になりやすいですし、

水やりを行った後に直射日光に長時間当ててしまえば、温度が高くなり病気の原因を作り出してし舞うため注意が必要です。尚、クフェアの害虫と言うのはアブラムシ、カイガラムシなどが発生することが多いと言われています。これ等の害虫は風通しの悪い場所で

栽培を行っている事で発生する可能性が高くなりますので、風通しが良い場所で管理をしたり、枝などを適量剪定を行ってあげて全体的にすっきりとさせておき、その上で風通しの良い場所で管理を行えば害虫による食害などの被害を防止することが出来ます。

クフェアの歴史

クフェアはミソハギ科のタバコソウ属もしくは、クフェア属に分類される植物であり、その仲間と言うのは250種類あると言います。小型の植物であり、剪定する事で良く萌芽するため、低めの生け垣、小型の鉢植え、花壇植えなど様々な楽しみ方を持つ植物です。

尚、クフェアはメキシコハコヤナギやベニチョウジと言った別名を持ちますが、日本国内においては明治時代から大正時代に、数十種類が伝来し、その中でも数種類の品種が鉢花、花壇などに利用されています。花姿、草姿は品種より様々ではありますが、

国内を生息地とするもの野々多くは気温が高めの夏場に開花する種類が多く在ります。また、名前の由来はギリシャ語のキフォスに由来しており、萼の基部が隆起している事からもこのような呼び名が付いたと言われています。種類としては、ヒソッピフォリアやイグネア、ミクロペタラと言った品種が有ります。

ヒソッピフォリアはメキシコハコヤナギとも呼ばれている草花であり、メキシコやグアテマラなどの地域が原産となります。低木品種であり、草丈は50cmで、細かく枝分かれをするのが特徴で、濃緑色の3cm前後の葉を沢山つけます。イグネアは、ベニチョウジとも呼ばれる品種であり、

メキシコやジャマイカなどが原産の低木で有り、萼の色は紅色で、先端部分には黒紫の輪があり、先端部分は白色になります。ミクロペタラは、ハナヤナギと呼ばれる草花であり、メキシコが原産で、高さ1mほどの低木でとなります。萼の大きさは長さ3cmほどで、下半分が紅色なっており、上半分が黄色の2色の花を持つのが特徴です。

クフェアの特徴

熱帯から亜熱帯アメリカなどが主な原産地となるクフェアは、30?から1メートルの草丈を持つ熱帯植物で、低木と言う形態を持ちます。花色は品種により異なりますが、一般的にはピンク色、白色、オレンジ色などの花色になります。耐寒性はやや弱いのですが、

耐暑性については弱くもなく強くもないと言った一般的な耐暑性を持ちます。常緑性であり、開花期が長いため、初心者などでも栽培は可能ですし、生け垣などに向いている植物でもあり、生け垣として栽培を行う人が多いのが特徴です。開花時期は5月頃から10頃までとなるため、

長い期間花を楽しめるなどのメリットも有ります。小型の品種であり、剪定を行ってあげること、萌芽する事からも、生け垣以外にも小型の鉢や花壇などで栽培が出来るため、幅広い方法での栽培が可能になります。また、周年開花ことかあも、

冬場などの時期は暖房が入っている部屋の窓際などで栽培を行えば開花を楽しめますし、霜がおりないような暖地においては、室内だけではなく戸外でも冬越しが可能になるなどのメリットが有ります。尚、昔から流通されているクフェアはC・ヒソッピフォリア、イグネアなどの品種になりますが、

最近はこれ以外にも様々な品種が増えており、大輪の花を咲かせてくれる、花壇用の園芸品種なども有りますので、栽培を行う場合には色々な選択肢が有るのが特徴です。また、枝が伸び過ぎた時など、開花が終了した後に切り戻しをしてあげることで芽吹いていくれる品種も多く在ります。

コメントクフェアの育て方・栽培・家庭菜園へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

このマメ知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

このマメ知識のキーワードこのマメ知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

「クフェア」に一致する育て方

  • クフェア

    クフェア

    クフェアの育て方です。クフェアは小さな花…

    1,040

    0

「クフェア」に一致する植物図鑑

「クフェア」に一致する植物写真

このマメ知識の投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のマメ知識この投稿者の他のマメ知識