• ニーレンベルギアの育て方・栽培・家庭菜園

ニーレンベルギアの育て方・栽培・家庭菜園

  • View数View数1,609
  • SCOREコメント数0
ニーレンベルギアの育て方・栽培・家庭菜園

ニーレンベルギアはナス科の植物で、紫色や白色などの花を咲かせる草花です。古くから人気が高い草花の一種であり、杯状に整う花を植え向きの状態で咲かせ、花びらは薄く、花色は薄紫色や白色と言った淡い色合いを持ちます。

ニーレンベルギアの育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識ニーレンベルギアの育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識

ニーレンベルギアの育てる環境について

ニーレンベルギアは常緑多年草であり、秋まきと春まきが可能な一年草になります。背丈は5センチから大きい物で50センチほどになります。また、横幅は40センチから80センチと広がるため、小さな株でも大きく花を増やせるなどのメリットが有ります。

育て方のポイントとして、種まきのシーズンは春まきの場合は4月から5月にかけて行い、秋まきの場合は9月から10月に行います。開花時期は5月から10月の間となり、比較的長期間開花を楽しめる草花です。植え付けや植え替えを行う時期は3月から7月にかけて行い、

肥料については庭植えや鉢植えなどを問わず、4月から10月頃に行います。育てる環境は、日当たりがよく水はけが良い場所を選ぶ、もしくは日当たりが良い場所に鉢を置き、水はけが良い用土を使って栽培する形になります。日当たりが良い場所を好みますので、

太陽の光が良く当たる場所を選ぶ事や、水はけが良い環境作りが大切です。肥沃で有り、水はけのよい土に植えつける事で淡い薄紫色の花、もしくは白色の花を咲かせてくれますが、極端な乾燥に対しては弱く、土が乾いている時などは適量の水を与えて上げる事が大切です。

また、高温多湿にも強く在りませんし、水気が多くなることで根腐りする事も在るので管理が大切です。成長が良く無い時などは、環境を変えて上げる事も一つの解決策であり、移動可能な場合などでは真夏は遮光してあげることで成長を促せます。尚、雨を避ける事が出来る環境を作り出すことで花持ちが良くなります。

ニーレンベルギアの種付けや水やり、肥料について

ニーレンベルギアは常緑性,であり、開花期間が長いこと、そしてグラウンドカバーに出来るなどの特徴が有ります。初心者の人でも比較的容易に栽培が出来るなどの特徴も有りますが、日当たりが良い場所を選んで、且つ、水はけが良い場所に植え付けや種まきをすることで元気に育てる事が出来ますし、

湿度を一定に保つ事で花持ちも良くなります。水やりについては土の表面が乾燥している時などに行いますが、庭植えの場合は特別水やりをする必要は無いと言います。ただし、夏場の乾燥時期などで土の表面が極端に乾いている時などはたっぷりと水を与えてあげます。

しかし、雨に弱い事、高温多湿を嫌うことからも、あまり多くの水を与えてしまうと多湿となり、根腐れを起こしてしまったり、葉ばかりが成長してしまって花つきが悪くなる事も在るので注意が必要です。植え付ける場所は、赤玉土中粒を5、腐葉土を3、

酸度調整済みピートモスを2と言った配合の割合で用土を作り、これを元肥にして利用し、リン酸成分が多く含まれている緩効性化成肥料を適量入れて植え付けてあげます。また、肥料は庭植えと鉢植えでは異なります。鉢植えの場合は4月から10月の間に、

窒素、リン酸、カリウムなどを含む緩効性化成肥料と、液体肥料を定期的に施してあげます。庭植えの場合は、同時期に 窒素、リン酸、カリウムなどを含む緩効性化成肥料を施してあげて栄養を与えます。多肥をしてしまうと葉が多く茂るので適量を与える事がポイントです。

ニーレンベルギアの増やし方や害虫について

ニーレンベルギアは淡い紫色の花びらの中心に、黄色い雄蕊と雌蕊を無数に持つコントラストを持つ花と、白い色の花びらの中心に黄色い雄蕊と雌蕊を無数に持つコントラストを持つ花の2つの種類が有ります。これらは花弁の色の種類であり、品種としてはレペンス種、セルレア種、スコパリア種などが有ります。

増やし方は品種により異なりますが、セルレア種の場合は花が咲き終わると種を取ることが出来るので、種まきで増やすことが出来ます。しかし、レペンス種やスコパリア種などは種が付かない事もあり、挿し木での増やし方がお勧めです。種まきや挿し木以外にも株分けなどで増やすことも可能です。

種まきを行う時期は9月から10月が適期であり、モンテブランコと言った品種は幅広く広まっており、比較的入手が楽に行えます。株分けにおける適期は3月もしくは9月頃であり、茎を半分位に切りつめてから、掘り上げた株を3芽から4芽が1株となるように切り分けて植え付けあげます。

尚、切り分ける時はあまり細かく行わない事がポイントとなります。挿し木をする時は、害虫が付いていない物を選んで、先端より5センチほどにカットして、それを水に30分ほど入れて吸水させます。川砂に挿しおいて、根が出るまでの間は乾燥しないように管理をしておきます。

ニーレンベルギアの害虫はアブラムシなどが多く発生する事が在ります。特に春先などはアブラムシが多いため、その都度防除していくことが大切ですが、風通しを良くすると発生を軽減させることが出来ます。また、アブラムシ以外にもハダニやナメクジなどの食害も有りますので、その都度防除していくことが大切です。

ニーレンベルギアの歴史

ニーレンベルギアはナス科の植物で、紫色や白色などの花を咲かせる草花です。古くから人気が高い草花の一種であり、杯状に整う花を植え向きの状態で咲かせ、花びらは薄く、花色は薄紫色や白色と言った淡い色合いを持ちます。また、雄蕊や雌蕊は中心部分に黄色の状態で存在しており、

淡い薄紫色と黄色のコントラスト、白色と黄色のコントラストが見る人を幸せな気分にしてくれる華麗な花と言われています。尚、株は横に広がるように伸びる事や、花壇などの寄せ植えの前景に利用したり、グランドカバーに向いている草花であることからも古くから人気が高く、

品種を選ぶ事で全体的にこんもりとした形にまとめ上げる事が出来ます。ニーレンベルギアは地中海沿岸が原産で、メキシコ、チリ、アルゼンチンなどの国々が主な生息地となります。また、これらの国々には30種類ほどのニーレンベルギアが生息しており、
毎年花を咲かせてくれる多年草です。尚、ニーレンベルギアと言う名前の由来と言うのは、スペインの博学者のニーレンベルグによると言われています。メキシコやチリ、アルゼンチンなどにはヒポニカ種の変種と言われるビオラケア、レペンス種が栽培されており、

庭の草花として栽培をしている人も少なく有りません。5枚の花弁をもつニーレンベルギアは浅いカップ型の花びらで、先端が5つに裂けた星形になっており、この姿からカップ・フラワーと言った別名も有りますし、ギンパイソウとも呼ばれています。

ニーレンベルギアの特徴

ニーレンベルギアは、地中海沿岸、熱帯アメリカが原産の植物で、草丈は5センチから50センチになります。開花時期は5月から9月にかけてであり、花は淡い薄紫色のものと、白色の2つの種類が有ります。因みに、この花はナス科に属するものであり、淡い紫色の花は茄子の花に似ているとも言われています。

但し、茄子の花は下向きに咲くのが特徴で、この花が咲き終えるとそこから茄子の実が作り出され、野菜の茄子が出来るのです。一方、ニーレンベルギアは植え向きに花が咲くのが特徴で、鑑賞用の草花としても人気が高い品種です。因みに、この花にはマット状に育つとされるレペンス種、

ドーム状に育つとされるセルレア種、直立した形で育つとされるスコパリア種などの種類が有り、それぞれ栽培が可能になっています。地中海沿岸、熱帯アメリカが原産であり、メキシコから南アメリカ大陸などが主な生息地です。これらの国々は30種ほどの品種が有り

花は盃状の形になるのがこの草花の魅力であり特徴なのですが、盃状の形はカップに似ている事からも、カップフラワーと呼ばれています。尚、レペンス種、セルレア種、スコパリア種はそれぞれ特徴が有り、セルレア種は雨を嫌うため長雨に当てないようにすることや、

咲き終えた後は種を採取して種まきで育てる事が出来ます。しかし、レペンス種やスコパリア種と言った品種は種が付かない事が多いと言われており、増やす場合にはさし芽で行う方が良いと言います。

コメントニーレンベルギアの育て方・栽培・家庭菜園へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

このマメ知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

このマメ知識のキーワードこのマメ知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

「ニーレンベルギア」に一致する植物写真

このマメ知識の投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のマメ知識この投稿者の他のマメ知識