• スノーフレークの育て方・栽培・家庭菜園

スノーフレークの育て方・栽培・家庭菜園

  • View数View数2,879
  • SCOREコメント数0
スノーフレークの育て方・栽培・家庭菜園

スノーフレークは、ヨーロッパ中南部が原産です。ハンガリーやオーストリアも生息地になります。スノーフレークは、日本においても栽培されており、可憐な白い花が魅力的です。ヒガンバナ科の中のひとつです。その他、色々な草花や野菜の情報がありますのでご覧ください。

スノーフレークの育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識スノーフレークの育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識

スノーフレークの育てる環境について

スノーフレークの育て方として、適切な栽培 環境を整えるとしたら、それは日差しと水はけにポイントを持っていくことです。お日様の光は、他プリと浴びることのできる環境が良いです。それでいて、水はけが良いということも、環境としては必要になります。

ポカポカと気持ちの良い陽の光を当ててあげるのが良いですが、半日陰の場所であっても成長させることは可能です。庭に植えるのであれば、そういった栽培環境がそろたところに植えてあげることです。スノーフレークを、プランターや鉢に植えようと考えたら、

休眠中には気をつけましょう。その期間は、風通しの良い日陰で、気温も涼しい場所に置いてあげることです。基本的には半日陰の場所か日当たりの良い場所が良いゾーンです。植え付けを行うときには、水はけがいいゾーンを選びま しょう。光が当たらない日陰の場所になると、

栄養の問題が出てきます。大切な球根自体に栄養をキープしておくことが困難となってしまうためです。これは大きなデメリットとなり、花が咲かないということにもつながっていきます。上手に球根植物を育てていくためには、それなりにコツというものがあります。

一つには水を絶対に切らさないことです。そしてもうひとつは、十分に根っこを張らすことにつきます。なみに水切れの状態が1回でもあることで、根っこは赤い色になって痛みを生じます。ダメージを受けてしまうと、上手に水を吸い上げられなくなって、それは鼻が咲かないことにもつながってしまいます。

スノーフレークの種付けや水やり、肥料について

スノーフレークの植え替えや植えつけ作業をし ようと考えたら、適切な時期に行うことも大事です。9月から10月の中旬暗いが、その作業を行うには最適な時期になります。少し遅れてしまったと思っても、焦る必要はありません。9月から10月が適期ではありますが、

そのあとでは11月の下旬まではどうにかなります。真冬が訪れる前までに、11月までに植え付けを完了させておきましょう。庭に球根を植え付ける場合には、土の深さは7cmから8cmくらいにします。感覚としては、だいたい10cm幅がよいでしょう。プランターや鉢に植えるのであれば、

深さはだいたい5cmくらいです。環境が整っていて、手入れもできていれば、すくすく育って、球根が混み合ってくることが考えられます。3年くらいすれば、そんな状態にも遭遇するはずですから、そうなったらやさしく 掘り上げて、別のプランターや鉢に植え替え作業を行います。

水やりに関しては、状態を見ながら与えていきます。順調に芽を出して、成長段階であれば、表土の状態を観察して、乾いたなと察知したら、水を十分にあげましょう。土の状態を見ながら、葉っぱの状態も見るようにします。もしも葉っぱの部分が枯れてきたら、

休眠の合図かもしれないです。休眠に入ったら、水をしっかり切るようにします。肥料ですが、緩効性化成肥料を本肥として、土の中に混ぜておきましょう。プランターや鉢の場合は、液体肥料を用意して少しだけ施すことです。タイミングは、芽が出てきたときと、白い花が咲き終わった頃です。

スノーフレークの増やし方や害虫について

清楚なホワイトカラーが印象的なスノーフレー クは、育てるときには、害虫や病気からも守ってあげたいものです。そんなスノーフレークですが、特にメインで困った害を及ぼすような害虫や病気は、得にはないとされています。基本的にスノーフレークは、

害虫にとても強いという面を持つ植物です。そのため、庭に植えておいても、害虫や病気を気にしながら育てることはありません。とはいえ、まれにですが、病気には気をつけたほうが良いかもしれません。気をつけたいのは、モザイク病です。花の成長具合を見ながら、

葉っぱの状態もチェックするようにしましょう。葉っぱに、まだらな模様を発見したら、それはモザイク病かもしれません。この病気にかかってしまうと、あの可憐な白い花を付けなくなってしまいます。スムーズに正常に成長してい くはずの生育が、病気によって妨害されることになってしまいます。

もしもそんな状態に遭遇してしまったら、即座にその株は、ほかの株と離すことです。スノーフレークの増やし方は、タネまきをするか、分球で行います。分球は植え替えをする時がポイントです。球根をバランスよく分割をして、植え替えじに増やしていきます。

タネまきで増やしていく場合は、若干時間が必要となります。タネをまいての増やし方は、4年から5年くらいかけて開花を迎えることになります。タネからだと、かなり時間がかかることになります。それを知ると、分球で増やしていくほうが、開花も早く迎えられるので、花も早く楽しむことができるとわかります。

スノーフレークの歴史

スノーフレークは、ヨーロッパ中南部が原産です。ハンガリーやオーストリアも生息地になります。スノーフレークは、日本においても栽培されており、可憐な白い花が魅力的です。ヒガンバナ科の中のひとつです。和名を漢字で書くと大待雪草と書き、呼び方はオオマツユキソウです。

スズランスイセンという別名も持ちます。こちらの感じは、鈴蘭水仙です。暑い夏を通り過ぎて、涼しい過ごしやすい秋になることが、球根の植え時です。日本ではこの時期に植えて、翌年の4月から5月くらいに真っ白な花を咲かせて、目にも楽しませてくれる花です。

ヨーロッパ中南部やオーストラリア、ハンガリーなど、原産国においては、夏が開花のメインシーズンになります。サマー・スノーフ レークと呼ばれることもあります。細長くて幅も割とある葉の部分が垂涎に似ていて、つりがねみたいな花の状態がスズランというところから、

ネーミングではスズランズイセンと言われることもあります。スノーフレークの芽は、青々としてして、案外しっかりとしています。弱々しい芽ではありません。生命力の強さを表しているような芽が出てきます。ヒガンバナ科レウコユム属)のスノーフレークの仲間たちは、

地中海沿岸から中部のヨーロッパに、9種類ほどの種類が分布しています。スノーフレークの他には何があるかというと、アウツムナレが秋の季節に花を咲かせます。秋咲きスノーフレークとも言われているのが、アウツムナレです。

スノーフレークの特徴

ハンガリーやオースト リア、ヨーロッパ中南部に分布している、球根の植物で、白い小さな花が特徴的なのが、スノーフレークの花です。花茎は地際より、1本から数本が伸びています。スッと伸びた先端の部分に、いくつものミニサイズの愛らしい、ホワイトカラーの花を、キュートに咲かせています。

サイズ的には1.5cm位のミニサイズで、状態は釣り鐘状です。小さい花びらは、数えてみると6枚ほどついています。これも可愛らしさのポイントですが、花びらの先を見てみると、グリーンの斑点が、ちょこんとついているのも特徴的です。これに対し葉っぱの状態は、スラッと伸びていて、グリーンの色も鮮やかです。

幅としては1.5cmくらいであり、葉っぱの長さ的には、だいたい45cmくらいが多いです。イキイキと咲いていますが、夏の はじめころには、葉の部分は枯れてきます。そして秋に時期までは、休眠状態となります。スノーフレークの球根自体のサイズは、約3cmから5cmくらいになります。

レウコユムという属名がありますが、この意味は白いスミレになります。芳香がスミレに似ていて、花の色はホワイトであることに由来しているものです。夏の意味を持つのはアエスティウムです。種小名であり、花が咲く時期から来ているものです。

スノーフレークは、花の開花時期が過ぎたら、花首の部分でカットして、花がら摘みの作業を行います。ほかにもやっておきたい作業としては、株がそのうち混み合いますから、そうなったらほりあげると良いです。

コメントスノーフレークの育て方・栽培・家庭菜園へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

このマメ知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

このマメ知識のキーワードこのマメ知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

「スノーフレーク」に一致する植物図鑑

このマメ知識の投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のマメ知識この投稿者の他のマメ知識