• スターフルーツの育て方・栽培・家庭菜園

スターフルーツの育て方・栽培・家庭菜園

  • View数View数3,575
  • SCOREコメント数0
スターフルーツの育て方・栽培・家庭菜園

スターフルーツは南インド等の熱帯アジアを原産としているフルーツです。主に東南アジアで栽培されている他、中国南部や南アメリカ諸国、カリブ海諸国などでも栽培されています。その他、色々な草花や野菜の情報がありますのでご覧ください。

スターフルーツの育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識スターフルーツの育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識

スターフルーツの育てる環境について

植物としては常緑であり、1年を通じて緑色が美しい品種です。熱帯の植物と言うこともあり寒さにはやや弱いですが、その様な時期には室内に取り込めば問題はありません。丈夫で育てやすく、越冬も簡単であるために熱帯地域以外でも栽培が可能なのが特徴です。

成木であれば0度の気温にも耐えることは出来ますが、葉が落ちてしまう等、あまり良い環境ではないと言えるでしょう。その様にダメージを与えないためには8度以下にならない様な場所を得アラブ必要があると言えます。育て方の基本となる環境としては、

日当たりのよい場所が望ましいと言えます。日照が不足すると折角の果実が付かなかったり、育たなかったりしますので日当たりのよい環境を選ぶべきであると言えます。観賞用であればあまり気にしなくても良いのですが、どうしても見を付けたいと考えているのであれば、

温室等何らかの対策をして気温が下がり過ぎないように注意する仕組みを考えるのが良いでしょう。原産の熱帯アジアの環境が生育には適していますので、可能な範囲でその様な環境に近づけることが重要であると言えます。どのような植物でもそうですが、

本来の生息地に似た環境を上手に作ってあげることが植物の健康な生育のためには重要になるのです。そのことを意識したうえで対応をすることを心掛ければそれほど大きな間違いを犯すことはないでしょう。スターフルーツの場合にはその元団地、生息地の環境を良く学んで似せて挙げることで成長が期待できるようになります。

スターフルーツの種付けや水やり、肥料について

熱帯の植物と言うこともあって湿潤な環境が適しています。そのため乾燥を嫌うという傾向がはっきりとしています。地面が乾いたら水やりをするという程度で十分ですが、水切れをしないように注意をする必要があります。特に夏は晴天が続くと乾きやすい環境になりますので、

毎日ミスやりをする環境を維持することが望ましいと言えるでしょう。逆に冬の時期は少し川菓子気味に維持した方が良い場合もありますので注意が必要です。果実を実らせて収穫したいと考えているのであれば肥料の取り扱いにも注意する必要があります。
春から秋にかけてが成長期となりますので窒素、リン酸、カリの三要素をを等量に使用するか、ややリン酸を多めにした配分で規定量を置き肥することが必要となります。この様な対応をすることで良い結果につながることが期待されています。

スターフルーツは基本的に水はけが良くて肥沃な要度を好みますので、自分で作ろうとするのであれば赤玉土6、腐葉土2、川砂2等の割合で作るのが良いでしょう。肥料に関しても成長期と成木になってからでは少し工夫が必要です。成木に対して窒素が多いと実が付きにくくなってしまうと言う、

副作用がありますので注意するようにしましょう。色々と注意しbなければならないことが多いのですが、環境に配慮しながら育てるようにすればしっかりとした実を付けてくれるようになるでしょう。その様な日が来ることを楽しみにして育てていくのが良いでしょう。

スターフルーツの増やし方や害虫について

スターフルーツには害虫が付くことがありますので一定の用心は必要であると言えます。例えば害虫としてはカイガラムシが有名な存在です。風通しが悪い場所にあったい、枝が多すぎて日照不足が発生している場合などにカイガラムシが発生する可能性があり、

面倒なことになってしまう可能性があります。その様な問題を避けるために風通しの良い環境づくりの他、不要な枝を切ってすっきりとさせるなどの工夫を行うことが有効であると考えられます。一般的に上の方向に延びる枝はカットし、見た目としては傘の様な形を目指して行くのが良いでしょう。

細い枝は無秩序に伸びることがありますので、随時カットすることで風通しがよく、日興を遮らないようにする工夫が求められています。思い切った剪定は成長前の春先か、収穫後の秋ごろに行うのが良いでしょう。様々な場所に影響が出来ますので収穫に関係する時期には行わないようにするのが原則です。

増やし方としてはさし木が主な手段です。5~7センチに切ったものをバーミキュライトや赤玉土小粒等清潔な土にさすことで育てることが出来ます。その様な環境を作ってあげることで成長が始まり、およそ2~3年もすれば収穫が出来るようになるでしょう。

7~8年も経過すれば立派に一人前の成木へと成長し、定期的に収穫をすることが出来るようになります。鉢で育てる場合には根詰まりを起こさないように定期的に植え替えをすることが求められます。根詰まりを吸うと成長が阻害されますのでこれは重要なことです。

スターフルーツの歴史

スターフルーツは南インド等の熱帯アジアを原産としているフルーツです。主に東南アジアで栽培されている他、中国南部や南アメリカ諸国、カリブ海諸国などでも栽培されています。これらは歴史的に熱帯地域のアジアから広まったものであり、世界の各地で愛される食材になりました。

日本においても南の地方では栽培がおこなわれています。沖縄県や宮崎県では生産されており、地域のフルーツとして楽しまれています。世界的には赤道に近い南国の国で盛んに栽培されてきた歴史のある果物ですが、日本においてはそれほど親しみ深いものではありません。

食材としては観光地で楽しむ程度のものであるのが一般的です。熟するまでは20度前後の室温で保存し、黄色く熟したら冷蔵庫での保存が必要になります。食べ方としては良く水洗いをして皮ごと食べるのが基本となります。星型の頂点部分の緑色の部分だけを切り取り、

輪切りにして星形を楽しむのが王道の食べ方であると言えるでしょう。そのまま食べることも多いですが、料理の素材として利用されることもあります。台湾では塩や砂糖、レモン汁など使って漬け込んだスターフルーツに熱湯を加えて作る楊桃湯と呼ばれるドリンクがありますし、

中国には炒め物やスープに使うケースもあります。生食に適さないものの場合には砂糖やしょうがで煮込んでお菓子に加工するということもあります。地域の特色に応じて様々な加工が施されて楽しまれている食材です。

スターフルーツの特徴

スターフルーツの名前の由来は切ると星形になると言う形状に由来するものであると言えます。果実の部分が食用になります。放っておくと大きなものでは10メートルクラスに成長することもありますが、栽培作物としては2~3メートルくらいの高さに収まる様に抑えて栽培する小低木の仲間に分類されています。

花は枝や幹から直接花茎を出してピンク色をした味わい深い小さな花を無数に付けます。その花が落ちると薄緑色をした果実がぶら下がるようになり、熟して行くのに従って黄色い色に変化して行きます。それがスターフルーツとして世の中に出て行く果実になるのです。

スターフルーツには大きく分けて2種類が存在しています。一つは果実が大きくて酸味が強いタイプのものと、もう一つは果実が小さくて酸味が少ないタイプです。これらのどちらも皮が薄くそのまま食べることが出来ますが、

酸味が強い方の果実はシロップ漬けなどにした方がおいしく食べることが出来るでしょう。日本人にはあまりなじみのないものではありますが、サラダに入れて食べられることが多くあります。日本においてはその見た目の特徴から観賞用にされることもあります。

殆どの日本人にとっては沖縄旅行の際に目にすることがあるくらいであると言えるでしょう。7月から11月の収穫期にかけて南アジア等への旅行の際には目にする機会も多いフルーツの一つであると言えるかもしれません。かわいらしい見た目が人気の果物です。

コメントスターフルーツの育て方・栽培・家庭菜園へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

このマメ知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

このマメ知識のキーワードこのマメ知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

「スターフルーツ」に一致する植物図鑑

このマメ知識の投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のマメ知識この投稿者の他のマメ知識