• フキ(フキノトウ)の育て方・栽培・家庭菜園

フキ(フキノトウ)の育て方・栽培・家庭菜園

  • View数View数3,677
  • SCOREコメント数0
フキ(フキノトウ)の育て方・栽培・家庭菜園

植物というのは古来より、食用として育てられてきました。食べ物としてとることによって、人間の栄養になり体を作っていくことができます。その中でもフキノトウというのは、今でも多くの人が好んで食べている食材になり、料理では湯がいて煮物や炒め物に使うことが多いです。

フキ(フキノトウ)の育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識フキ(フキノトウ)の育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識

フキ(フキノトウ)の育てる環境について

そして植物を育てる環境というのは、やはり水がたっぷり含んだ土壌が必要になります。水というのは植物には命になり、通常の植物であれば水を取り過ぎることによって根腐れをおこしてしまいますが、雨水などの力を使って水をたくさんあげていた方が良く育ちます。その為に自然環境では、水辺にあったり水分がたくさんの土壌にあるのがわかります。

そして収穫をする時には、天気のいい日に取るようにした方が、土の汚れが渇いてとりやすいということがあるので、曇りや雨の日は避けた方が無難といえます。自然の中で育っているものでは、大きな品種もありますので、人間の傘として利用されてきたこともあります。すこしメルヘンチックですが、そういった古来よりの使い方もできたのが、記録として今でも残っています。

雨の多い時期には、たくさんの栄養を取ることができるということから成長が加速しますが、ある程度の大きさになったら、葉の重さによって倒れてしまうものもあります。自然に自生しているものを収穫するならば、毎年のように育っている場所にまた同じように育っていくことになるので、生えている場所を覚えておくといいです。

食材として食べる時には、育っている環境がいいフキノトウがいいです。劣悪な環境でも育つことができることから、なんでも食べることができるように感じますが、やはり育て方には土壌の状態が良い環境で無くては、美味しくないということがいえます。

フキ(フキノトウ)の種付けや水やり、肥料について

フキノトウでは茎は地上には伸びないということがあり、土の中で地下茎となり横に伸びていきます。地下茎が土の上から顔を出すようになると、太陽の光を浴びて光合成のため緑色に変色するようになります。最初の段階では収穫する人の中には、ワサビと間違ってしまい、誤食されるということもあります。

受粉させることによって種付けができますので、育てるには難しい事はありません。春になると花茎が伸び出しますので、水をたくさん含んだ土壌によって大きく成長をしていくということです。そしてタンポポのような綿毛をつけた種子を飛ばすので、自然環境の中でも日本中のいたるところで見ることができます。

これはフキノトウの力強さを意味しているので、自然でもすごい生命力で育っています。開花時の草丈は5-10cmになりますが、結実時の草丈は80cmになるものもあるので、人間の背丈に近くなるのでかなり大きなものになっていきます。肥料などは毎年のようにあげることが必要になり、新葉が出る前の3~4月などの天気のいい日にあげるようにして、

葉柄の収穫後の6~7月くらいには施すようにするといいです。苞が開ききる前の物を収穫する事が望ましいので、6~7月の他にも8~9月に収穫することもあります。すぐには育っていかないので、栽培をする場合には肥料をあげることや、水をあげることを忘れないようにしなくては、美味しいフキノトウにはなっていかないです。

フキ(フキノトウ)の増やし方や害虫について

増やし方では自然環境と違って、人間の手で育てていくということでは、受粉させて年月を重ねることによって増やすことができます。そして蕗の花なので、早春に葉が伸びる前に土から顔を出しますが、花粉を出さない三倍体の雄花もありますので、繁殖は根茎だけで繰り返される場合も多くあります。

花粉はなくとも花蜜は出しますので、ハナアブやシマハナアブ、などのハナアブ類が葉や茎つく虫としています。その他にも、オオクロバエなどの大型のハエなどもあり、小型のハエと一緒になってたかってきます。そして意外なのは、ニホンミツバチなどの蜂の仲間も同じようにつきますが、このような自然の虫によって広く増殖されることもあるので、

お互いにメリットでデメリットがあります。陽のあたるところで自生しているフキノトウは、葉の裏側にも虫がついているので、綺麗に落として虫食いがされていても、意外と茎は問題なく食すことができるので気にしないようにすることです。どのような植物にも害虫などがいますが、自然環境の中では当たり前になっていますので、

毛嫌いしないようにした方がいいです。自分で栽培している場合にもある程度虫がつくことは避けた方がいいので、虫除けの対策を取っていた方が収穫も楽になります。このようなフキノトウには独特の香りがありますので、その香りによって様々な虫がよってきたり、人間にとっては薬用の効果がありますので、食用として食べると健康になります。

フキ(フキノトウ)の歴史

植物というのは古来より、食用として育てられてきました。食べ物としてとることによって、人間の栄養になり体を作っていくことができます。その中でもフキノトウというのは、今でも多くの人が好んで食べている食材になり、料理では湯がいて煮物や炒め物に使うことが多いです。原産としてあるのが大陸の広い中国があります。

中国の他にもサハリンなどもあり、生息地として日本を含めた東洋に広く分布する植物となっています。食用として使われていたのは、中国と日本で様々な一般的な家庭の食卓に上がっているのも特徴的です。そして日本列島では北海道から沖縄まで広く育てることができるのと、自然環境に強いということから多くの山野に自生しています。

日本では食用として家庭に並びますが、中国や韓国では食用として日本ほどには利用されていないと言われています。そのために中国などでは、栽培はほとんどされていません。栽培の歴史は古く、もともと日本でも野山に自生しているものを採取して利用していて、自然の食べ物として恵みをうけていました。

そして平安時代にはいると、畑に植えて栽培を始めるという記録があるので、そのくらい昔にはすでに日本人にとっては、食用として食べられるようになっていました。昔の記録によるとフキの栽培に関することでは、3年に1回植え替えをして育て、1段に34人の働き人がいたと記述されています。葉は漬け物などにしていたのと、花雷は病気のための薬として使われていました。

フキ(フキノトウ)の特徴

寒い冬から芽吹く春の季節に、野菜として日本料理には欠かせることができない食材になっています。特長としては、冬期花雷(フキのつぼみ)で、大きな鱗状の苞(ほう)に包まれているので、他の植物と間違えることがほとんどありません。現在出荷されているフキノトウというのは、ほとんどが栽培の副産物となっていますが、これには器官が違うので、

つぼみと苞の違いがあるので、同一の植物ではありますが大きな違いがあります。そして品種というのもあり「八ツ頭」という専用品種があり、他の品種よりも早く育って食用として利用できるというのがメリットになります。実際にやっているところは少ないですが、品種が速く育つようになっているということから、商品としての価値もあります。

そして有名なのは「水フキ」や「秋田フキ」などがありますが、いずれにしても品種の研究などが進んでいる訳ではないので、そんなに多く品種があるわけではないです。雌雄異株の植物になり、雌株と雄株が1対1の比率となっている野生の品種では、主要品種「愛知早生フキ」では全て雌株となっているのも特徴です。

種子が出来ないものが多いので、育てて商品としていくには、見極めていくことによって品種が成立したものと考えられており、そのため品種の種類ができるのも遅れています。このように意外と知らないことが多くある植物になりますが、とにかく品種が少ないのと昔から食材として好まれているということがわかります。

コメントフキ(フキノトウ)の育て方・栽培・家庭菜園へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

このマメ知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

このマメ知識のキーワードこのマメ知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

「フキ」に一致する育て方

  • フキ

    フキ

    葉柄(ようへい)の部分が食べられる「フキ…

    2,127

    0

「フキ」に一致する植物図鑑

このマメ知識の投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のマメ知識この投稿者の他のマメ知識