• 銀葉アカシアの育て方・栽培・家庭菜園

銀葉アカシアの育て方・栽培・家庭菜園

  • View数View数1,053
  • SCOREコメント数0
銀葉アカシアの育て方・栽培・家庭菜園

まず歴史的にもミモザという植物は、本来は銀葉アカシアなどの植物とは違う植物です。もともとミモザとはオジギソウの植物のことで、オジギソウは誰でも1度は見たことがある植物で、その名前のとおりに、触れると動く植物です。

銀葉アカシアの育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識銀葉アカシアの育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識

銀葉アカシアの育てる環境について

このようにアカシア関係の歴史や話は面白いので、うんちくにもなり、それらのどの植物でも話題としては面白いので、ガーデニングには最適の植物たちということもできます。その中で本来のアカシア類は、観賞用に優れているということができます。木自体も美しいですが、何よりも、その花の美しさです。美しいというよりも、見事という方があっているでしょう。

まるで花のような美しさという表現がありますが、このミモザの黄色い花の、それもたくさんの花が同時に咲く姿はピッタリの表現です。また咲き乱れるという表現もあっていますが、これらのアカシア類の花のためにあるような言葉です。色々なお宅の庭にも植えられていますが、それら花が咲いている姿には、どうしても目が行ってしまいますし、

誰もが見つめながら、その庭の横を通り過ぎるという花です。そのような木ですのでガーデニングには最適の植物ということができます。非常に人気があり種類もたくさんあります。そして種類ごとに色は黄色ですが、花の形が違うので、どの種類の花を見ても魅了されるということになります。これほど見事な花を咲かせる植物もあまりないでしょう。

黄色い桜の花の満開のようなイメージでもあります。原産地や生息地ということでは、ニセアカシアの原産はアメリカですが、こちらの銀葉アカシアの原産地はオーストラリアです。マメ科ネムノキ亜科の常緑高木ということになります。黄色い花も目立ちますが、名前の通り葉が銀色をしているので、その点も見栄えが良くて、どっしりしている良いイメージでもあります。

銀葉アカシアの種付けや水やり、肥料について

このアカシアの仲間は、南半球の熱帯から亜熱帯にかけて1200種程が生息しているということで、非常に繁栄している植物ということになりますが、樹高ということでは、6m~10mの高さにまでなります。また亜熱帯の植物なので、寒さにはあまり強くないようですが、痩せた土地でも育つことから、

日本では明治時代以後に街路樹ということで輸入されて植えられ、それが今に至るということです。園芸用としても日本で生育することができる植物ですので、ガーデニングには最適な木でもあります。特に日本でも温暖な地域に向いています。またガーデニングに最適ということでは、庭全体を黄色い花で照らすような明るさがあるので、

暗めの住まいや庭でも明るくしてくれるということがあります。まるで暗さを吹き飛ばすような明るさがあるので、気分的にも、運勢を明るくしてくれるということもあります。その点でも癒やしということでも、利用価値が非常に高い植物で、ポジティブな植物ということができます。その意味だけでも植える価値はあるでしょう。

育て方としては開花期が3月から5月で、植え付けは開花期と同じ時期と秋の10月頃です。剪定は4月から7月頃、肥料は4月、5月頃で、作業は春先に集中します。この場合に大きくなる木ですので剪定が大事で、それぞれの育っている年ごとに、形を整える剪定をするということがポイントになります。特に大きくしたくない時には剪定は重要になります。

銀葉アカシアの増やし方や害虫について

また成長が早いので、日本の場合には台風などの強風で、若木が折れてしまう場合もあります。それで支柱などの対策を立てておきます。また負担がないように、枝の剪定もするということになります。また環境としては、亜熱帯の植物なので、関東以西の地域でよく育ちます。寒さに弱いので、寒い地方には不向きな植物でもあります。

また土地は痩せていても育ちますから、その点は園芸での栽培でも、初心者にも育てやすいということになります。また一度根付くと水やりも肥料も必要がなくなるので育てやすいですが、鉢植えやプランターの場合には、肥料が必要になります。特に夏は水をタップリと与えるということが、鉢植えでは必要になります。

これは他の鉢植えの植物でも同じでしょう。このように手間がかからない育てやすい植物ということですので、ガーデニングでも最適な植物になります。また病害虫もあまりないのですが、葉を食べる害虫はいますので、その都度駆除していけば良いということになります。このように銀葉アカシアを始めとするアカシア類は、育てやすく花も素晴らしいということですので、

挑戦してみる甲斐はある植物ということになります。また育て方の基本は、水やりや肥料や害虫などよりも、剪定が重要ということがわかりますので、インターネット等や、植えてあるお宅の庭のアカシアの木などを見て研究すると、良い木が育つということになります。また育てたあとも楽しみな植物でもありますので、ぜひ植えてみたい木でもあります。

銀葉アカシアの歴史

庭があるお宅の場合には、その庭に何を植えるかで、家全体の雰囲気も変わってきますが、できれば見栄えの良い植物を植えたいということになります。ガーデニングの場合でも、小さな植物ばかりでは、こじんまりしてしまい、何となく何かが足りないと感じてしまいますが、そのような時には、木を植えると、何か別な世界を得られたような気持ちになります。

やはり庭には、何かしらの木がないと落ち着かないようにも感じます。そうなるとどのような木を選ぶかということですが、人気が高いのがミモザと言われているアカシア類で都会などでも庭が大きめのお宅にはよく植えてあります。黄色い非常に目立つ美しい花が雨のように降り注いでいるという感じの花をつけますので、

特に黄色い花の代表格が、このアカシア類ではないかということになります。大体3月頃花が咲きますので、まだ寒い時期ですが、それでもその花の見事さから、もう春だという雰囲気を作り出しているという植物です。多分このアカシア類の木を育てているお宅では、植えたことに満足しているのではないかということですが、

ミモザと呼ばれることが多いのは、銀葉アカシアの類で、他にもフサアカシアなどもあり、種類もたくさんあります。しかしこのミモザについては少々話がややこしくなります。昔からよく歌謡曲などにも利用されているアカシアやミモザですが、それらが本来のアカシアとは違う植物などもということも多いからです。

銀葉アカシアの特徴

まず歴史的にもミモザという植物は、本来は銀葉アカシアなどの植物とは違う植物です。もともとミモザとはオジギソウの植物のことで、オジギソウは誰でも1度は見たことがある植物で、その名前のとおりに、触れると動く植物です。その姿がお辞儀をしているように見えるので、オジギソウと言いますが、

ミモザはラテン語でオジギソウという意味だそうです。マメ科の植物なので、木ではないですし、大きさも違います。多分銀葉が似ていたからそのように誤解されたのではないかということですが、確かに葉は似ています。また花もふっくらした感じなので色は違いますが、それで誤解されたようです。

銀葉アカシアの種類では、ゴールデンミモザという種類のアカシアもあります。ですのでミモザというと、オジギソウよりも非常に派手で美しい、銀葉アカシアのことになってしまっているという面白い植物でもあります。そして誤解はこれだけではありません。アカシアでもニセアカシアという種類があります。これはまったく別の種類ですが、これは人間にも有用で、食べることができます。

花を天ぷらにして食べられますし、アカシア酒にもできます。ニセアカシアという名前が、あまりイメージが良くないので、アカシアということで通ってしまい今に至るということで、歌謡曲などのアカシアもこちらのアカシアのことです。庭に植える木としては、このニセアカシアも美しいですし、食べることもできるので、良い木ということになります。

コメント銀葉アカシアの育て方・栽培・家庭菜園へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

このマメ知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

このマメ知識のキーワードこのマメ知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

このマメ知識の投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のマメ知識この投稿者の他のマメ知識