• ドラゴンフルーツの育て方・栽培・家庭菜園

ドラゴンフルーツの育て方・栽培・家庭菜園

  • View数View数3,539
  • SCOREコメント数0
ドラゴンフルーツの育て方・栽培・家庭菜園

サンカクサボテンの実の事を総称してピタヤと呼びます。ピタヤはベトナムから輸出する時の商品名であり、日本に輸入される時にはドラゴンフルーツと言う名前に変わると言われています。その他、色々な草花や野菜の情報がありますのでご覧ください。

ドラゴンフルーツの育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識ドラゴンフルーツの育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識

ドラゴンフルーツの育てる環境について

三角柱のサボテンでもあるドラゴンフルーツは、成木の茎の径が4cmから7cmになっており、分岐を良くすする植物です。尚、サボテンの仲間ではあるのですが、砂漠などで自生する植物ではなく、熱帯雨林の中に自生している植物で、自然界の中では気根と呼ばれている茎より根を出し、

近くに在る木などに絡まって伸びて行く植物です。気根部分は、大気中の水分を吸収したり、腐熟している枝葉などから養分を吸収するのが特徴で、果実の表面に生えている棘と言うのは、外敵から身を守るなどの目的が有ると言われているのです。

ドラゴンフルーツの花と言うのは30?ほどの巨大な花を咲かせるのが特徴で、月下美人などのような花に似ていると言います。強い芳香を持つ事や、夜間に花が開花する事、満月の時にに開花するなど独特な特徴を持っており、午後8時頃から9時頃までに先初め、翌朝には萎んでしまうと言います。

尚、育てる環境における温度は、イエロードラゴンの場合は夜の最低気温が18度以上、赤肉種のレッドドラゴンが23度以上、白肉種のホワイトドラゴンが25度を超えるとそれぞれ花芽が付くのが特徴で、温度が低い場合は新芽が出て来ます。

新芽と花芽と言うのは不安定なものであり、新芽が生えてから急に花芽に変化して開花する物も有ると言います。尚、成長点、花芽などからは甘い蜜を出しているのが特徴で、この甘い蜜に引き寄せられる蜂や蟻を誘導さっせて、害虫などから身を守ると言う性質が有ります。

ドラゴンフルーツの種付けや水やり、肥料について

ドラゴンフルーツの育て方は種まきから始めます。このフルーツを食べたことが有る人ならば解りますが、種はとても小さく、ゴマの様な大きさをしています。また、種が小さいため、果肉を出来る限り落としてあげることがコツです。

種を取り出したら用土の中に種をまいてあげて、発芽するまでの間は用土が乾燥しないようにその都度水を与えてあげて管理をしていきます。種は、2日から10日ほどで発芽をしますが、発芽率は高めであり、その都度間引きをして元気に育つものを残すようにしていきます。

1か月ほど経過すると、双葉の間より毛の生えたようなサボテンが出てくるのが特徴です。小さいながらも立派なサボテンと言った印象を得ることが出来ます。水はけが良い場所を好みますが、市販されているサボテンの用土と言うのは逆に水はけが良すぎるため、

赤玉土や鹿沼土の中粒、腐葉土などを混ぜ合わせて肥料を作って与えてあげます。また、花や野菜などの使う土に赤玉土を配合して用土を作り上げても良いです。生育適温と言うのは、25度から30度の間は多肥多水であり、春先から秋口にかけての成長期には骨粉が、

入っている発酵されている油粕などの有機質性の肥料を与えてあげることで成長を促します。また、生育期間の中での水やりと言うのは、土の状態を見て、表面が乾燥している場合にたっぷりと水をあげ、開花した時や果実が付いた時などは水切れが起きないようにその都度水やりを行って行きます。

ドラゴンフルーツの増やし方や害虫について

生育期間では土の乾燥に応じて水をあげると言った管理が必要ですが、開花した時、果実が付いた時などは、水やり管理は大切であり、常に水を与えるようにし、果実が一定の大きさになるまでの間は水の管理は必須となります。実の色が赤くなって収穫時期が近くなった時は、

水を与えるのはやめておくと、甘みが増すドラゴンフルーツを作ることが出来ます。また、冬場は乾燥気味にしてあげて、月に1度の割合で水をあげる方が成長が良くなりますし、冬場に多くの水をあげてしまうと根が腐ってしまうので注意が必要です。

因みに、冬場の寒い時期などは凍傷になる事もあり、黄色くなってしまったり腐る症状、赤い斑点が出来てしまうなどの凍傷の症状が起きてしまう事も有ります。また、春などの時期に、室内から屋外へ出す場合などでは、いきなり直射日光にドラゴンフルーツを当ててしまうと、

葉焼けを起こしたり、幹の部分が黄色や赤茶色に変色してしまい、腐る事も有るので注意が必要です。尚、ドラゴンフルーツは剪定を行った時の茎を挿し木にする事で増やすことが出来るため、捨てずに茎を取っておきましょう。茎は、10?から20?ほどの長さにし、切り口を2~3日乾燥させておきます。

鹿沼土や赤玉土を利用して土を作り、茎が全体の1/4から1/3ほど埋まるように植えて、たっぷりと水を与えておけば新芽が出て来て増やす事が出来ます。尚、新芽が出てくるまでの間は、明るい日陰において管理をしていくのがコツです。

ドラゴンフルーツの歴史

サンカクサボテンの実の事を総称してピタヤと呼びます。ピタヤはベトナムから輸出する時の商品名であり、日本に輸入される時にはドラゴンフルーツと言う名前に変わると言われています。また、ピタヤは日本に輸出する際には未成熟な状態で収穫を行って空輸されるのが特徴で、味は薄く甘味が少ないのが特徴です。

しかし、完熟する事でその甘味は倍増すると言われており、本場の物と日本に輸入されるものは別物だと言う人も少なくありません。ピタヤやピタハヤと言った別名を持つドラゴンフルーツですが、原産国はメキシコや中央アメリカなどの熱帯雨林原産になります。

主な生息地としてはベトナムなどの暑い国々であり、生育適温は25度から30度と言われています。果実の表面が龍の鱗に似ている事からも、ドラゴンフルーツと呼ばれるようになったのですが、日本国内においては沖縄県や九州地方などでドラゴンフルーツの果実が栽培がされていると言います。

また、現在世界中には約20種類もの種類が存在していると言われており、国内で流通されている種類の中でも有名なものは白肉種、赤肉種、イエロードラゴン、ミニドラゴン、桃肉種と言った種類になります。尚、日本の中では果皮が黄色いタイプをイエローピタヤと言いますが、

ピタヤはサンカクサボテン類の果実の総称でもあり、ベトナムから国内に輸入された当初は、赤いものについてもピタヤと呼んでいたと言われています。また、輸入される時のドラゴンフルーツは輸出される時に販売用の商品名に変わるのだと言います。

ドラゴンフルーツの特徴

ドラゴンフルーツは2つに割ると、そこにはゴマの様な小さな種が無数の在るのが特徴です。国内で食されているものの多くは、ベトナムから空輸が行われているものであり、空輸により物流の流れが有るため、未成熟などの段階で収穫が行わるので、甘さなども少ないのが特徴です。

しかし、完熟したものはとても甘く美味であるとも言われているのです。果実については、アボカドよりも大きいものであり、表面にはサボテン科果実独特の葉のような緑色の突起物を持ちます。果皮については、光沢が有って鮮やかな赤色が一般的なのですが、

イエロードラゴンと呼ばれる黄色のものもあります。現在は20種類ほどの品種が有ると言われているのですが、この品種の数は日々増えていると言われているのです。日本国内で流通されているものには白肉腫と呼ばれる種類が有ります。二つに割ると、

そこには白い果肉の中にぎっしりつと詰まったゴマの様な種が無数にあるのが特徴です。白肉腫は白い果肉が特徴となりますが、これはイエロードランゴンにおいても同じで、果物の外側の色が黄色であるのか、それともピンク色であるのか等の違いになります。

しかし、イエロードラゴンの種と言うのは白肉腫と比べるとやや大きくなっているのが特徴です。また、白肉種とは対照的なのが赤肉種や桃肉種で、果実は白ではなく赤や桃色をしており、種については白肉種と同じく黒い色をした種が無数に入っており、赤肉種は白肉種と比べると味が濃いと言われています。

コメントドラゴンフルーツの育て方・栽培・家庭菜園へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

このマメ知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

このマメ知識のキーワードこのマメ知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

「ドラゴンフルーツ」に一致する植物図鑑

「ドラゴンフルーツ」に一致する植物写真

このマメ知識の投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のマメ知識この投稿者の他のマメ知識