• ユリ(百合)の育て方・栽培・家庭菜園

ユリ(百合)の育て方・栽培・家庭菜園

  • View数View数2,192
  • SCOREコメント数0
ユリ(百合)の育て方・栽培・家庭菜園

ユリに関しては、北半球のアジアを中心に広く分布しているとされています。亜熱帯から温帯、亜寒帯にかけても分布されている花になります。非常に種類が多いとされますが、その中でもアジアにおいて多く分布するとされています。

ユリ(百合)の育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識ユリ(百合)の育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識

ユリ(百合)の育てる環境について

ユリの育て方の環境としては、一応は北半球とされています。海抜よりも高いところが生息地として求められるところになります。海抜よりも高ければ標高の高いところでも育つとされ、海抜3000メートルの高地においても育つ品種があるとされます。すべての品種ではありませんが、非常に美しい花を咲かせてくれます。

一般家庭においても育てることができそうですがどういったことに気をつけなければいけないでしょうか。種類によって他所異なりますが、まずは日当たりを好むタイプがあります。この場合においては常に日当たりがあるようなところに置いておく必要があります。その他には明るい半日陰のところを好むタイプもあります。

この花は球根によって育ちます。球根が埋まっている地中の温度が高くなるのをあまり好まないことがあります。梅雨ぐらいまではそれほど温度も上がりませんが、梅雨明け以降は日光が地面を強く照らすようになります。その場合においては地面に強い日光が当たらないところを選ぶのが良いとされています。

建物の東側などであれば朝などは日差しを受けることができますが、昼間の強い日差しについては避ける事ができます。昼以降については涼しくなるので良い温度の状況で育てられるようになります。株元を覆うような下草を植えることで、球根部分の温度を上げ過ぎないようにすることができます。風通しについては重要になります。ですから風が籠るような所はできるだけ避けます。

ユリ(百合)の種付けや水やり、肥料について

ユリに関しては水はけの良い土壌を好むとされます。自生する場合は湿地などでも生える事がありますが、うまく栽培しようとするなら排水が出来るように心がけます。自宅などで育てるときには盛り土を行って水がうまく逃げるような仕組みにしておきます。そうすると水がたまらず、良い環境を保つことが出来るでしょう。

植え付けに関してはいつ頃かですが、開花が春の終わりから夏にかけてになります。前年度の秋、10月から11月ころに行うようにすれば良いとされます。梅雨の時期であったり、春の時期は天候があまり安定しません。雨が多くなることがあります。この時には適度に軒下などにいれて調節するようにします。

草花は水を好むからと梅雨の時期において出しっぱなしにすることがありますがこれは間違った考えです。自然においてはあまり水が多くなりすぎることがないように気をつけます。水やりとしては、まず植え付け時に行います。庭に直接植え付ける場合においてはその後はそれほどまめに水やりをする必要は無いとされています。

秋から冬にかけてはそれほど雨が降りませんから、この辺りにおいては自然の雨に任せておいて十分とされています。鉢植えで行うときにおいては、表面が乾いてきた時にタップリと水をやるようにします。そして暫く置くのローテーションです。土が乾かないように心がけるようにします。肥料については暖効性化成肥料を利用します。液体肥料なども効果が得られます。

ユリ(百合)の増やし方や害虫について

ユリは種をとって球根で植えつけるものですが、増やす方法としては種子をまいて行う場合があります。その他には球根の鱗茎を指す鱗茎挿しの方法を取ることがあります。木子ができる場合にはそれを植えることで増やすことが出来る場合があります。種から行う場合においてもその他の方法においても一定の時間がかかるとされています。

最近行われている方法としては組織培養をして行うケースがあるとされています。野生において生えているものに対しても行うことができるので、簡単に出来るかもしれません。ユリにおいて気になることとしては病気があります。球根が腐敗してしまう病気にかかることがあります。

球根は土に埋まっているので様子がわからない事がありますが、葉の緑色の部分が少しずつ薄くなってきます。そして暗い紫色に変色し、最終的には株が枯れてしまいます。青かび病と呼ばれる病気になることがあります。これは植えている時ではなく、貯蔵中の球根において起こります。球根に茶色の斑点が出てきた時が注意です。

やがて腐ってしまうとされています。葉枯病と呼ばれる病気にかかることがあります。雨には注意しなければいけないですが、梅雨の時期などに雨に当て続けていたりすると葉や蕾に斑点が出てきてしまいます。害虫が出てくるときにはワタアブラムシに気をつけます。茎が伸び始める頃に出てくる虫として知られています。若い葉や蕾に多くつくので、殺虫剤などをまいておきます。

ユリ(百合)の歴史

高貴な花、美しい花はいろいろあります。花は咲き方によって大きく鮮やかに咲くこともあれば、こぢんまりと控えめに咲くことがあります。色をたくさんつけるようなこともあれば、シンプルな色合いで咲くようなこともあります。それぞれにおいて特色があるといえるかもしれません。その中でも高貴な花として名高いのがユリの花になるかもしれません。

日本においてはどのように利用されていたかです。元々何の目的で栽培されてきたかといえば食用としての利用があります。百合根と呼ばれる食べ物がありますがもちろんこれはこの花の根の部分になります。今でも食べられていますが、昔からこの部分を食用として利用することが多かったようです。

それがなぜ美しさに注目されるようになったかといえば外国人医師であったり植物学者などが日本で咲いている美しい花を外国に教えたからとされます。日本にこのような美しい花が咲いているのとのことでどんどん広まります。日本においても観賞用として徐々に広まることになります。どのようなところが原産になるかですが、今のところは南半球ではあまり見られないとされています。

北半球で主に見られる花の一つになります。アジア、ヨーロッパ、アメリカなどにおいて見ることができます。あまり寒さに強いわけではないようで、見られる地域としては北は韓国ぐらいとされています。それ以上の北の部分になると寒くて見ることができなくなるのかもしれません。

ユリ(百合)の特徴

ユリに関しては、北半球のアジアを中心に広く分布しているとされています。亜熱帯から温帯、亜寒帯にかけても分布されている花になります。非常に種類が多いとされますが、その中でもアジアにおいて多く分布するとされています。100種類以上の中でも70種類はアジアの種類とされています。北アメリカは40種類近く、ヨーロッパやユーラシアになると10種類ずつぐらいになっています。

ではその中で日本においてどれくらいがあるかですが15種類ぐらいあるとされています。その中の7種類については日本特産種と言われていて日本独特の品種とされています。こちらに関しては種から育っていくタイプではなく、球根から育てるタイプになります。ユリ根を食べることがありますが、その根が球根部分に該当します。

茎は長く延びるタイプで背が高い花になります。夏になるとロートのような形をした花を咲かせます。花びらが非常に大きいタイプになるのも特徴になるでしょう。系統と分類が細かくされています。同じ系統の花もあれば別の系統になることもあります。自生しているものも多いのですが、

なんといっても新しい品種の開発もドンドンされているのが知られています。ヨーロッパにおいては日本や中国から受けたものを品種改良することで種類を増やそうとすることがあります。日本においても品種改良が進められていて現在においても非常に人気になっている種類も多くあるとされています。有名なタイプもあります。

コメントユリ(百合)の育て方・栽培・家庭菜園へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

このマメ知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

このマメ知識のキーワードこのマメ知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

「ユリ」に一致する育て方

  • ユリ

    ユリ

    切り花として定番の「ユリ」は様々な園芸品…

    1,525

    0

  • ユリ(百合)

    ユリ(百合)

    ユリの育て方を紹介します。6月ごろに大輪…

    812

    0

  • 百合

    百合

    北半球のほぼ全域に広く自生しており、日本…

    844

    0

  • ユリ

    ユリ

    ユリの育て方です。ユリは花が重たく大きく…

    809

    0

「ユリ」に一致する植物写真

このマメ知識の投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のマメ知識この投稿者の他のマメ知識