• ヤトロファの育て方・栽培・家庭菜園

ヤトロファの育て方・栽培・家庭菜園

  • View数View数2,605
  • SCOREコメント数0
ヤトロファの育て方・栽培・家庭菜園

特徴としては、被子植物、真正双子葉類に該当します。バラ類、キントラノオ目、トウダイグサ科、ハズ亜科となっています。油の原料になることからかなになにアブラギリとの名前が別名として付けられることが多くなっています。園芸上の分類としては熱帯植物になっています。

ヤトロファの育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識ヤトロファの育て方・栽培・家庭菜園のマメ知識

ヤトロファの育てる環境について

栽培をするときに適している環境としてはどのようなところが問題かですが、この植物に関しては耐寒性があまりなく、冬に非常に弱いことがあげられます。あまり寒くなるようなところにおいては育てるのが難しいかもしれません。日本において持ち込まれようとした時も、栽培するのには適さないとされたこともあるようです。

しかし園芸的には非常に魅力のある花ですから、そのことから色々と環境についての研究が進められています。その中においては、最低気温としては6度から7度ぐらいのところとされています。東北ぐらいになるとさすがに難しいでしょう。関東地方でギリギリぐらいになるかもしれません。冬においては室内に管理して育てるのが一般的とされています。

樹木と入っても園芸用としてはそれ程成長はしないとされていますから、特に室内に持ち込んだとしても家の中が困ることは少ないかもしれません。日当たりについては良いところが好まれますから、屋外に置くときも室内に置くときにも日当たりの良い所にします。同じ種類のニシキサンゴについては更に冬の温度に注意しないといけないとされています。

水分についてはそれなりに必要となりますが、あまり水をあげすぎるのは良くないとされています。日本では梅雨があります。雨が続くと株元から腐ることがあることから、管理を気にしないといけない場合があります。春から秋の育成期においては日当たりと屋根のあるところなどを組み合わせて置きます。

ヤトロファの種付けや水やり、肥料について

育て方においては用土をどのように調整するかがあります。鉢植えでの管理が多くなりそうです。配合としては赤玉土の小粒が7割、腐葉土が3割程度にすると良い場合があります。水はけを考慮して土を用意するのが良さそうです。植木鉢によって内容を変化させると良いとされています。

6号鉢など比較的大きな植木鉢を利用するときには赤玉土においても小粒と中粒を混ぜあわせると調度良い水はけになる場合があります。夏になると水分をたくさん必要としますから、この時期には水を与える頻度をアップします。表面が乾いた時にはしっかり水を与えるようにします。春と秋などにはどのような水やりにするかですが、

夏を基準にしたらそれよりも少なめにします。夏に朝と夕にしていたら朝だけ、夕方だけなどにします。寒くなるようなときは夕方の水やりは避けて朝にしたほうが良いかもしれません。多少乾かし気味の管理でも育てることができます。冬においてはこの植物は休眠に入ります。熱帯では成長をしますが、一定温度になると休眠してしまいます。
日本は室内でもかなり寒いですから、成長しない状態になります。休眠中に関しては一切水を与えないようにします。水を与えるとうまく休眠をすることができなくなります。肥料についてはどのような与え方をしていくかですが、あまり多過ぎるのはよくありません。腐らせる原因になることがあります。6月から7月において生育最盛期に少し与える程度です。

ヤトロファの増やし方や害虫について

増やし方としては種まきがあります。この木は受粉樹が必要ではないとされます。自家受粉で種ができますから、種を採取してそれをまきます。種を取るときの注意としては、この種は熟すると飛び散って取りにくくなってしまうことです。ですから飛び散る前に取るようにしなければいけません。種まきから2年から3年すると塊根ができますから、

そこから植え替えをしてじっくり育てるようにします。種のとり方は、予め果実の部分にネットを被せるなどしておきます。そうすると飛び散ったとしてもその中に入りますから、取りやすくなります。赤玉小粒を利用して種まきをするようにします。さし木を使っても行うことができます。時期としては5月から8月ぐらいが良いとされます。

まずはさし木の材料となる枝を選びますが、特にどのような枝が良いかはありません。健康な枝であれば行うことができます。枝を5センチから7センチほどの長さで切って行うようにします。切った時に切り口から汁が出ることがありますから、これはきちんと拭き取るようにしなければいけません。

川砂や鹿沼土などの用土を用意してそちらにさして置きます。水分管理としてはあまり水分がおおいと腐りやすくなるので乾かし気味に行うのが良いとされています。病気に関しては特に心配するようなものはないようです。根腐れに注意をします。虫としてもあまり発生しにくいですが、カイガラムシが出ることがあるので注意しておきます。

ヤトロファの歴史

機械などを動かすには燃料が必要とされています。かつては木を燃やすなどがありましたが、その後石炭、石油などを燃やすことで行われています。しかしこれらは化石燃料といわれ、地球においては量が限られているとされています。いずれ枯渇すると言われていますが、今のところはすぐに枯渇するような問題はないようです。

これらの化石燃料以外においてはいろいろな物が考えられるようになっていますが、その一つとしてバイオエネルギーとして植物油を利用する考えがでています。廃油などを利用するなどもあるようです。その中で使われる植物としてヤトロファがあります。この植物の別名としてはナンヨウアブラギリ、タイワンアブラギリ、サンゴアブラギリが知られています。

原産としては熱帯、亜熱帯のアメリカ、熱帯アフリカあたりとされています。種から油を取ることが出来る事からその種を取るために栽培されることがあります。歴史としては16世紀頃にスペインの商人によって世界中に伝搬したとされています。日本においては鉢植えの観葉植物として流通することが多くなっています。

一方で日本においても戦争中などにおいてエネルギーとしての利用を計画していたようです。インドネシアなど生息地として適切なところでの栽培が計画されていたようですが、実際に行われたかどうかはわかっていません。1990年代以降においてはバイオディーゼルン料の材料として脚光を浴びるようになった植物です。

ヤトロファの特徴

特徴としては、被子植物、真正双子葉類に該当します。バラ類、キントラノオ目、トウダイグサ科、ハズ亜科となっています。油の原料になることからかなになにアブラギリとの名前が別名として付けられることが多くなっています。園芸上の分類としては熱帯植物になっています。

低い木で、樹高に関しては50センチぐらいのものもありますから通常の草と変わらない高さのこともあります。高くなったとしても1.5メートルほどにしかならないこともあります。花が咲き、開花時期としては5月から10月ぐらいになっています。花の色としては赤やピンクで、園芸目的においてはもちろんこの花を咲かせるのが目的になってきます。

熱帯地方で育つことから耐暑性ついてはある程度確認されています。しかし耐寒性についてはあまりない植物になります。常緑性で、花が咲く期間が長く、花を楽しみやすいと言えるかもしれません。自生するタイプの樹高に関してはもう少し高くなることがあります。あまり樹高が高くなると花を楽しみづらくなるかもしれません。

比較的痩せたところでも育ちやすいとされています。樹齢においても50年近くのものもあるようです。花はサクラのような5枚の花びらを持ちます。ピンクと言ってもかなり濃いピンクなので桃の花に似ているかもしれません。一応バラ類人のことでサクラなどと遠い親戚のようになるのでしょうが、葉っぱはかなり形が異なります。細い葉っぱがついている状態です。

コメントヤトロファの育て方・栽培・家庭菜園へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

このマメ知識を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

このマメ知識のキーワードこのマメ知識のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

このマメ知識の投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のマメ知識この投稿者の他のマメ知識