じゃがいも

  • View数View数1,944
  • SCOREコメント数0
じゃがいも

育て方の説明文

自然栽培(無施肥・無農薬)で育てるジャガイモは、格別に濃厚な味と、生長の際に細胞がゆっくり育つためギュッと詰まった煮崩れしにくいイモになります。お料理の定番野菜でもあるジャガイモ、たくさん育てて上手に保存しておきたい野菜です。人気のじゃがいもの育て方です。手間が掛かる分出来上がった時の喜びは大きいです。ジャガイモの育て方などの注意点や情報です。植物の育て始めや種まき・開始などの紹介も行っております。

じゃがいもの育て方じゃがいもの育て方

手順1

植物の育て始めや種まき・開始

春と秋に植え付けができます。畝は15cm程度にし、種イモは小さいものなら切らずにそのまま、大きなものなら半分に切って天日で切り口をよく乾かすようにします。株間30cmで種イモの頭が少し出るくらいにし、上から10cmほど土をかぶせてゆきます。

手順2

植物の間引きや追肥・手入れ

芽が10cmくらいに伸びてきたら芽かきをします。1つの種芋から出ている芽の中で、勢いの良いもの2本残し他は取り除きます。地上部が20cmくらいになったら30cmくらいの高畝になるよう土寄せをします。

手順3

植物の収穫や開花・育った

ジャガイモの収穫時期は、花が咲き終わり葉や茎が黄ばんで枯れてきた頃です。掘り起こす時は、スコップでジャガイモを傷つけないようにします。また、収穫時期が遅れてしまうと、皮肌が荒れてくるようなので、最適のタイミングを見計らって収穫するようにします。

手順4

植物の栽培時のポイントや注意

芽かきをする時は、取り除く芽以外の根元をかるく抑え斜め方向に抜くようにするとやりやすいです。イモが雨で濡れてしまうと痛みやすいので、収穫は晴れた日にするようにします。また、収穫後は、天日でイモの表面を乾燥させてから保存するようにします。

手順5

育てた植物の育った時の楽しみ

定番のコロッケやカレー、シチューはもちろん、幅広い料理に使えるので、次の時期に植える種イモ分も含め多めに育てるようにしています。収穫後の新じゃがを皮ごと素上げし塩をふっていただくのが最初の楽しみです。ジャガイモ本来のほくほくした旨味が際立ち、満足度の高い一品です。

コメントじゃがいもへのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この育て方を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この育て方のキーワードこの育て方のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この育て方の投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他の育て方この投稿者の他の育て方