チンゲンサイ

  • View数View数2,051
  • SCOREコメント数0
チンゲンサイ

育て方の説明文

中国野菜のチンゲンサイはカロテン、ビタミンc、ミネラルが豊富で、加熱しても栄養成分も壊れにくいようです。我が家では炒め物から、生食でサラダでも食しています。初心者でも日当たりの良いところであれば育てやすいです。人気のチンゲンサイの育て方や収穫・注意点など

植物の育て始めや種まき・開始
植物の間引きや追肥・手入れ
植物の収穫や開花・育った
植物の栽培時のポイントや注意
育てた植物の育った時の楽しみ

の紹介です!

チンゲンサイの育て方チンゲンサイの育て方

手順1

植物の育て始めや種まき・開始

育てやすい、春と秋に種まきが向いています。我が家では5mm程度の蒔き溝を作りすじ蒔きをしています。土は軽く種にかぶさる程度浅く植え、上から軽く押さえます。種まき後に1度水をあげてからは自然の降雨にまかせます。

手順2

植物の間引きや追肥・手入れ

自然栽培で育てているため、堆肥は入れません。発芽したら、混み合わない様に間引きをしてゆきます。生長し大きくなるにつれて様子を見ながら、隣と隣の葉が重ならない程度に間引きを続けます。最終的には大体株間が10cmくらいになります。

手順3

植物の収穫や開花・育った

株元が膨らみ、草丈が15~20cmくらいになったら収穫時です。根元から切りとり収穫します。

手順4

植物の栽培時のポイントや注意

日当たりよいところで育てるのが良いです。病害虫の被害をうけやすいようなので、虫がついていないか、病気になっていないかこまめに観察します。また、株間を開けるなどして風通しを良くしてあげるのも良いです。

手順5

育てた植物の育った時の楽しみ

火を通すと緑色が鮮やかになり、歯ごたえも良いので炒め物で頂くのが楽しみです。チンゲンサイは、育て方も簡単で、味も苦みやえぐみもないので食べやすく育てやすい野菜の一つなので嬉しいです。

コメントチンゲンサイへのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この育て方を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この育て方のキーワードこの育て方のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

「チンゲンサイ」に一致する植物図鑑

この育て方の投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他の育て方この投稿者の他の育て方